生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

次郎笈と剣山を満喫!①

2018年9月16日

この連休は野暮用があって、一日だけ自由な休みが取れました。
本当は山でテント泊をしたかったのですが、
しかたなく?徳島の屋根、剣山へ日帰りの山歩きになりました・・・

朝寝坊してしまい、6:30に徳島市内の自宅を出発し、
貞光経由で登山口の見ノ越(標高約1400m)に着いたのは8:40分ごろ。
リフト乗り場の屋根付き無料駐車場は、ほぼ一杯になっていました。
カロリー補給とトイレや身支度を済ませて出発したのは9:00過ぎ。

登山口の鳥居
***** 登山口の神社へ向かう石段 *****

リフト乗り場から少し下ったところのお土産屋さんの前に登山口があります。
石段を登ると途中の鳥居が新しくなっていました。神社にお参りして出発です。
気温は20℃ですが、やはり汗が噴き出てきます。
それでも、立ち止まると朝もやの樹林帯はひんやりとしていて、
す~っと汗が引いていくのが気持ちいい!

朝もや1

朝もや2
***** 光のシャワー 標高約1600m *****

リフトに乗れば15分ほどで標高1700mの西島駅までワープできるけど、
一時間ほどかけて自分の足で登ると、こんな素敵な空気を感じることができます。
リフトからの眺めもいいんだけどね。
道脇には、リンドウやシコクブシなどが盛んに咲いていました。

リンドウ シコクブシ
***** リンドウとシコクブシ *****

10:00、西島駅でトイレ休憩を取り、剣山へ向かおうと思っていたら、
ここ数年、崩落で通行止めになっていた遊歩道ルートが解放されていました!

西島駅から遊歩道へ向かう
***** 西島の分岐点 *****

鳥居の右側が遊歩道コースで、剣山と次郎笈を結ぶ稜線へ出るルート。
鳥居をくぐると大剣神社経由で山頂へアクセスできるメインルート。
予定していた剣山から次郎笈コースを変更して、
遊歩道コースで先に次郎笈へ向かうことにしました。

このルートの途中には朽ちかけた東屋があって、
16年ほど前、子どもが小学生の時に、富士山へ登ろうと準備していた時に、
トレーニングで剣山へ登った帰り道、突然の激しいにわか雨に遭い、
たまたま見つけた東屋に救われたのです。
そんな思い出の東屋はリホーム中で休憩することはできませんでしたが、
この次、来るときには綺麗になっていそうな感じでした。(写真撮り忘れ)

崩落地
***** 10:30、大剣神社直下の崩落地 *****

ここ数年はこのルートを通ることができず、大剣神社まで迂回が必要でした。
歩きやすく綺麗に整備されています。ありがとうございます!

トラバースになっている遊歩道を進むと一気に視界が開け、
次郎笈が目の前にドンと現れました。ここが二度見展望所です。

二度見展望所より次郎笈
***** 二度見展望所より次郎笈 *****

ベンチに腰かけて行動食を食べ、11:00出発。
そしてほどなく剣山と次郎笈を結ぶ稜線にでます。

次郎笈へ向う
***** 次郎笈の雄姿 *****

気持ちよく歩ける鞍部を過ぎて、次郎笈山頂への登りとの分岐を右に取り、
次郎笈の北側を巻くトラバース道へと進みます。
登り下りと同じ道よりは景色の変化があった方が楽しいからね。

次郎笈トラバース道
***** 西側からトラバースを振り返る 奥は剣山 *****

それと昼食用の水を補給するのも目的です。
このトラバースの道中には綺麗な湧水がありそのまま飲むこともできます。

次郎笈トラバースの湧水
***** 11:30、豊富に湧いていました *****

冷たくてとても美味しい水です!

トラバースを過ぎたところで、西側から次郎笈へと登ります。
この傾斜はきつく、数分歩くと息が上がり立ち止まって呼吸を整えます。

次郎笈山頂

そして12:00山頂に到着。  (つづく)


20189次郎笈と剣山コース


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

イチジクジャムとカスピ海ヨーグルト

お盆が過ぎて一気に涼しくなったと思ったら、
兄弟台風が近づいてきて、また蒸し暑くなってきました。
20号の進路が気になるところです…

我が家には、もう20年近く培養し続けている菌がいます。
いっときブームになった「カスピ海ヨーグルト」
昨年も紹介したんだけど…

1000ccぐらいのガラス容器に兄貴のヨーグルトをコップ一杯ぐらい入れて、
牛乳を継ぎ足して混ぜるだけの簡単な作り方で、ずっと食べ続けられています。
発酵には20~30℃の温度が必要なので、
室温で冬場は2~3日ほど、夏場は1日あれば、どろんと粘度がでてきます。
できたかなと思ったら冷蔵庫で冷やしこんで発酵を止めます。
これに季節のジャムをトッピングして朝食のデザートにしています。

ヨーグルト
***** 昨年のイチジクジャム *****

で、トッピングの無花果ジャムを仕込んだので記録しておきます。

皮を剥いた無花果を1.4kg
軸を取って冷凍しておいた桑の実を200g
これに
グラニュー糖360gと蜂蜜60gを振りかけてしばらく置いておくと水分が出てくるので、
火にかけてコトコトと粘度が出てくるまで煮詰め、
仕上げにレモン汁とチェリーのリキュールを大匙1ずつ加えて出来上がり。

蜂蜜を入れなくても果糖の甘みがでてきますが、
今回は少しばかり加えてみました。

桑の実はアントシアニンの真っ赤な色がでるので、
今年のジャムは全体的に綺麗なルビー色に仕上がりました。

桑の実いりジャム
***** 今年の無花果ジャム *****

上に記した量の倍をつくったので、瓶詰がたくさんできたけど、
奥さんがプレゼントに使うのですぐなくなるだろうなぁ~


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

ランニング用スペシャルドリンクのその後

今年の夏は徳島でも道路が溶けてしまいそうな熱射が続いています…
35℃超過が当たり前になっていますが、まだまだ終わりそうもないですね。
それでも帰宅時の吉野川河口で、久し振りの雲に西日が鎖されていると
少しばかりこころが落ち着くのが実感できます。

救いの雲
***** 救いの雲だぁ~ありがたい! *****

ランニングの練習も日中はムリムリなので、夜明け前にはスタートして
1時間ほどで帰ってくるようにしています。
夕方に走っている人もたくさん見かけますが、7時でもまだ30℃は越えてるのに、
皆さんお元気だなぁと感心しながらも心配してしまいます。

脱水症で倒れた春、練習後に足攣りで苦労した初夏、
それを契機にスペシャルドリンクを自作して飲むようにしてから、
目立ったトラブルもなく元気に走れているように思います。

前回アップしたレシピは600ml仕様で、再々作るのが面倒だし、
少しばかり味が濃いかなぁと思ったので、
人体実験しながら落ち着いたレシピを記しておくことにします。

ブレンドしやすいように蜂蜜の空容器を使います。
入り口が大きいので材料を入れやすく、出口は小さいのでこぼすこともありません。

蜂蜜容器
***** 1000g入りの蜂蜜が入っていた容器が便利 *****

海水天日塩6g
純粋蜂蜜120g
レモン汁75g
グレープフルーツジュース300g

以上を入れてキャップをしてしっかりシェイクします。
これを2リットルのペット容器に移し、
空になった蜂蜜容器を洗うように水を入れて振り、ペット容器に水を足していきます。
ペット容器が満杯になったら水が1500ml入ったことになります。

このドリンクをスタート前と帰宅後にコップ1杯ずつ飲むようにしています。
コップ1杯が200mlとすると約0.6gの塩分なので、
2杯で1.2gの塩分補給ができることになります。
一般的なスポーツドリンクでは500mlで約0.5gの塩分量ですから、
3倍近い濃度で塩分補給ができることになります。
ランニングや登山のように激しい発汗時には約0.3%の塩分を含んだ汗をかくそうですから、
それとほぼ同等の濃度で補給することができることになります。

が、しかし、日常生活での発汗時の塩分濃度はもっと低いと思われますので、
このドリンクでは塩分摂取過剰になってしまします。
ゆっくりとした発汗時には塩分などのミネラル分を回収してから汗腺分泌するようなので、
塩分補給は味噌汁などの食事からで十分だと思います。
日本人は塩分摂取量が多すぎると言われてますものね。

そして、糖質もコップ1杯(200ml)あたり13g(約50㎉)ありますので、
運動時以外は余計なカロリー摂取になってしまいます。

糖分(炭水化物)、脂質、蛋白質にビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよくいただき、
軽く体を動かし、質の良い睡眠で疲れをとることが、
一番の熱中症対策だと思います。(水分補給は忘れずに♪)

※砂糖は控えて澱粉から糖質を摂りましょう。糖質制限はほどほどに…

10km以上のランニングをしたときには、
帰宅後にドリンクとは別に、「練梅」を小さじ一杯ほど食べて、
喉の渇きが収まるまで晩茶を飲んでいます。
これでも1kg以上、体重が落ちていますのでランニングの発汗は半端ないです。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

岳人の森☆ドラム缶風呂

非常に暑い日が続いています。
徳島でも連日35℃ぐらいまで気温が上昇し、
昼間は出歩くのが億劫なほどです。
豪雨の被災地では捜索活動や復旧に大変な労力を要しているようで、
ニュースを見るたびにこころが辛くなります…

そんなこんなで、以前から計画していた山行きを変更し、
少しでも涼しそうな四国山岳植物園「岳人の森」でリセットしてきました。
標高が900mあるので徳島市内より6℃ほど気温が低く、
木陰の多いキャンプ場なら気持ちも安らぐかなと。
携帯の電波も悪く、日常の生活とは一線を隔した時間が持てました。

いつもなら近くの雲早山か砥石権現まで山歩きをするのですが、
今回はオートキャンプ場でまったりと過ごすのみ。
ここでも日向は暑いけど、気温は28℃ぐらいで木陰は涼しく、
葉から放出される水蒸気の気化熱奪取の営みを全身で感じられます。
キャンプサイトでは絶滅危惧種のレンゲショウマが花盛りで、
ノカンゾウやヒメシャラ、キレンゲショウマなど夏の花が出迎えてくれました。

テント場
***** 装備は必要最低限、シンプルキャンプ *****

道具のほとんどが普段から車に積み込んである災害備蓄品です。
テーブルは手づくりで、いつもは車の荷室で物置に、
車中泊の時には車内の食卓に、キャンプでももちろんメイングッズです♪

レンゲショウマ
***** サイト脇には森の妖精のようなレンゲショウマ *****

ノカンゾウ
***** エネルギッシュなノカンゾウ *****

夕方から仮眠し、夜中に起きて植物園の中へヒメホタル観賞に…




でも、今回の一番の思い出はコレ↓





ドラム缶風呂
***** キモ画像ですいません…、岳人の森名物、ドラム缶風呂! *****

清潔なステンレスのドラム缶に沢水を張り、マキでじっくりと温めます。
必要なモノはすべて用意してくれるので着替えだけあれば、
至福のお風呂タイムを楽しむことができるんです♪

併設の山荘にもお風呂はありますが、
奥さんの強~いご要望でドラム缶風呂を選択して大正解だったかな~
俗世の纏いが少しだけ流れたかも?
撤収後はいつものように観月茶屋で手づくりのわらび餅をいただいて帰りました。
明日からまた頑張れそうです。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

ランニング練習中の脱水対策

今日は朝から気温がぐんぐん上がり、10時には33℃を超えました。
まだ涼しい6時前に家を出て、5分30秒/kmのペースで10km走るとくたくた…
スタート時は26℃ぐらいだったのにあっという間に暑くなり、カラダがヒートアップ!
残りの4kmほどは歩きとスロージョグでクールダウンと水分補給をしながら帰ってきました。
行動時間は1時間40分ぐらいでしょうか。

今日は活動前後の体重を測定し、発汗量を調べてみたのです。
スタート前と後で1.9kgの減少で、500gの経口補水液を飲んだから、
発汗量は2.4kgということになります。
発汗による体重減少は2%までにおさえた方が良いらしいのですが、
今回は3%以上減少してるから水分補給が足りてないなぁ。

運動時の汗には0.3%から0.9%の塩分が含まれるそうですが、
0.3%と低くみても2400g×0.3%で7.2gの塩分が失われたことになります。
ちゅんごみたいにシャツに塩吹くほどならもっと濃度が高いかも?
今回持参したドリンクは500mlで1g(0.2%)の塩分だから、まったく足りてないですね。
一般的なスポーツドリンクだと、わずか0.5g(0.1%)なので、
飲めば飲むほど体液の塩分濃度は下がっていきます。

3月のハーフマラソンで低ナトリウム血症と思われる体調不良でリタイアしてから、
トレーニングの時には注意して塩タブレットや塩飴を携行しているのですが、
塩分の含有量は極僅かですから気休め程度かもしれません…
先日も25kmのロング走のあと、自販機で買ったスポーツドリンクを飲みながら帰ってくると、
シャワーを浴びに風呂場へ入った途端に両足が攣って立ち上がれなくなりました。
これもスポーツドリンクで体液が薄まってしまったのが原因だと思われます。
この時は経口補水液を飲んで回復できました。
でもね、スポーツドリンクや経口補水液、塩タブレットなどは添加物だらけだから、
本当は常用したくないのです…

そこで思い立ったのが、「マイ・スペシャルドリンクをつくってしまえ!」
そのために、0.1g単位で計量のできるスケールを買いました。(笑)
何度か試作して、塩分と飲みやすさのバランスを探っていますが、
今のところ、一番かなぁと思うレシピがこちら

海水天日塩 1.5g (精製塩はダメですよ ナトリウム以外のミネラルがありませんから)
国産百花はちみつ 40g
レモン汁 30g
100%グレープフルーツジュース 100g
水 350g

塩分は某大手の経口補水液と同じぐらいに0.3%近く含まれていますが、
甘みと酸味も結構あるので塩っぽさは気になりません。

スペシャルドリンク
***** 氷で薄めると日常でも美味しく飲めます♪ *****

買い置きの安い経口補水液の在庫があったので、
まだトレーニングでは試していませんが、機会があればレポートしたいと思います。
山歩き時の塩分とエネルギー補給にも使えるかも?
ちなみにトレーニング後の朝食で味噌汁を飲むと、それだけで2gの塩分を補給できます。
蛋白質も豊富だし、味噌汁は欠かせないなぁ~

ランニング中の更なる塩分の補給については色々と作戦を練っているところです。


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR