生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

剣山☆はじめての山テント泊の中華な食事と夕日

2017年5月27日

車移動のキャンプや車中泊は若いころから経験があるのですが、
昨年の夏に上高地へ出かけたときに、
大きなザックを背負って歩く人を多く見かけて。
いつか自分もテントやシュラフを担いで
山でテント泊をしたいものだと思うようになりました。

それには担げる山道具が必要なので、
従来の道具を買い換えてひとつずつ揃えて行ったのです。
テント、シュラフ、マット・・・、それらを持ち運べる大きなザック・・・
オートキャンプに使うものより小さくて軽いものばかりだけど、
機能性が高く、結構、高いんです。
二人分、揃える必要のあるモノも・・・
夜の街を徘徊する回数を減らして小遣いから資金を捻出(笑)
15kgぐらいの荷物を背負って山を登るので体力作りもしっかりと。

そして準備の整った5月の終わりに、
以前から気になっていた山のテント場へでかけてきました。
徳島県の最高峰、剣山の東隣にある「一ノ森ヒュッテ」です。

朝6時半に家を出て、剣山の登山口「見ノ越」には9時前に到着。
この日は一ノ森までの登りだけだから、ゆっくりした行動です。
いつものようにリフトを使わずに西島駅まで登ると標高1700m。
荷物の重さは少し気になる程度で、なんとか歩けました。
五月晴れって言葉がぴったりくる晴天に恵まれ、
遠くの山々まで見渡すことができます。

刀掛の松
***** 刀掛けの松で一休み *****

刀掛けの松の分岐点から行場ルートへと進路をとり、
剣山の山頂を踏むことなく一ノ森へと向かいます。

行場ルート
***** このルートには巨岩の下に小さな社がたくさん *****

剣山の北斜面にあるこのルートは、古くから修験者の地として崇められていたようで、
登山者も少なく、崩落した地形は荒々しさを醸し出しています。
しかし、深い森は神秘的な静けさに包まれており、
探検気分で「歩くことが楽しい」そんなルートです。

花畑別れ
***** 通行止めになってる花畑分岐でも一休み *****

昼には一ノ森ヒュッテに到着できたので、テントを張り、
昼食、散歩、夕食、夕焼け、ご来光、朝食とたっぷり楽しめました。
重い荷物でがっつり山歩きする自信はないので、
まずはまったりとゆるい行程で「山めし」を楽しむことがメインかな。

最近は登山のウルトラライト化が進んでいて、
フリーズドライのご飯にふりかけって食事の人もいるようですが、
ちゅんごはしっかり食事を楽しみたい派です。
それでも荷物はなるべく軽くしたいので、
ビールや調理用の水を調達できる、ヒュッテに隣接したテント場を選択。

テン場到着
***** 標高約1800m到着!ヒュッテで買ったビールで乾杯 *****

テント
***** ロケーションの良いシコク笹の林の中へ設営完了 *****

炒飯
***** ランチは冷凍炒飯 *****

最近の日帰り山めしで使ってるのがこのフライパン。
ユニフレームと言うメーカーのキャンプ用調理器具セットの一部で、
単体では販売されていません。
柄の部分が外せるのでザックに収納しやすくなってます。
それでも山用のフライパンと比べて大きくて重たいのですが、
調理のしやすさからアルミ製の分厚いコレを愛用してます。

冷凍の炒飯は各メーカーが力を入れており、
どんどん美味しくなってるような気がします。
凍ったままソフトクーラーBOXに入れて持ち運べば、
昼には程よく解けてるので使い勝手がいいし、
カットした野菜やワインなどの保冷にもなります。

食後は一ノ森周辺を散策して、早くも夕食にとりかかります。

ちゅんごの勤める会社の冷凍食品を持ち込んでみました。
山で美味しく簡単に食事をいただくなら、レトルトじゃなく、
やっぱり、調理したてを瞬間に閉じ込めた冷凍食品かなぁ~と言うことで・・・

エビチリ
***** まずはエビチリ2人前 *****

海老もソースもタップリ入ってるので、
家でカットして持ってきたブロッコーリーと白葱を加えたら出来上がり!
鶏ガラからとったスープ、もち米と麹から仕込んだチューニャン(甘酒)を使い、
有機トマトのケチャップで仕上げてあるので、
出来合いの加工食品ぽさがまったくなくていい感じ。

回鍋肉
***** 二品目は回鍋肉 *****

これも自社商品です。
油通しした豚ばら肉と手づくりのタレを合わせて商品にしてあるので、
キャベツとピーマンを加えて炒めれば出来上がり。
鍋料理や焼肉もいいけど、山でいただく中華もお酒がすすむなぁ~

って思ってたら、この日のテント場にはもう一組、
大阪からやってきた小学生の男の子とお父さんの二人連れと一緒になり、
エビチリをおすそ分けしたところ、奥さんの大好きなお返しをいただきました。

焼肉
***** 美味しそうに焼けてる「ニク」ありがとうございます! *****

焼肉も山めしの定番で美味しいなぁ。
すっかり登山してるのを忘れてキャンプ気分です。
それでも日が傾くと急激に気温が下がってきたので、
フリースとダウンを着込んでホットバーボンをいただきました。

のんびりしてると、あたりが薄暗くなっていたので、
すぐ近くの一ノ森の山頂に立って夕焼けを楽しみます。

夕日
***** 剣山系から石鎚山系まで見渡せます *****

徳島市
***** 東方にはズームで寄ると徳島市や吉野川、淡路島も *****

瀬戸内海
***** 北方には瀬戸内の島々 *****

沈む夕日
***** そして名残惜しく夕日が沈みます *****

寒さの中、1時間ほど眺めていたでしょうか、
体の芯まで冷えてきたのでシュラフに潜るとすぐ寝てしまいました・・・


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

こんぴらさんの奥宮参り

2017年5月4日

石鎚山玄関口の石鎚温泉京屋旅館の駐車場で車中泊した後は
高松道経由でこんぴらさんへ行ってきました。

子どもが小さい頃にお参りして以来だから、
もう20年近く前になるかなぁ。
記憶もうっすらしてくるほど遠い昔のように感じます。

大門 五人百姓
***** 大門をくぐると五人百姓の飴屋さん *****

土産物屋さんが並ぶ賑やかな参道を356段登ったら大門があり、
この奥には五人百姓が加美代飴というべっこう飴を売ってる所です。
五人百姓は古くから神事に関わってきて、
境内で物売りをすることが許されている家系らしい。

そして延々と階段を登ると785段目に御本宮に到着。
ものすごい参拝者の行列になってます。

御本宮
***** 金刀比羅宮の御本宮 *****

おとなしく並んで参拝をすませ、本日の折り返し点、奥社へ向かいます。

白峰神社
***** 途中の白峰神社 *****

奥社への道のりにもお宮があり、朱の社殿に新緑が綺麗です♪
この参道は高い木々に包まれていて、
木影の中を歩くことができるのですが、それでも汗が噴き出てきます。
そして1368段を登り切り、海抜421mの奥社へ到着。
ここまで来るとプチ登山感覚かな?
前日の石鎚山の疲れが残ってる足には結構こたえました…

奥社
***** 奥社(厳魂神社) *****

奥社からの眺望
***** 奥社から讃岐平野の眺め *****

またゆっくりと時間をかけて下り、
昼食は参道沿いのうどん屋さんや色んなお店で色んなものをいただきました。

とらや ナポリの揚げ物屋
***** とらやのうどん、ナポリの揚げ物屋 *****

平岡精肉店
***** 平岡精肉店で話題のコロッケ *****

さすがに連休中ということもあり、どこもたくさんのお客さんで繁盛していました。
参道の賑わいは人酔いもするぐらい活気があって楽しめました♪
流石は讃岐を代表する観光地ですね。


連休前半の「岳人の森」

2017年4月29日

大型連休の前半は徳島県神山町の「岳人の森」
山の自然を楽しんできました。

山岳植物園内の「囲炉裏小屋」をとっていたので、
キャンプじゃないから準備も楽です。
といっても娘夫婦も同行なので、いつもとは違う打ち合わせに
手間取りましたが・・・

岳人の森に到着してすぐに「砥石権現」へ山歩き開始。
娘たちは普段に山歩きをしていないので、
すぐに息が切れるようで、休憩してる時間の方が長いんじゃない!
って、ぐらいのスピードでしたから、いつもの倍の時間がかかりました。

カタクリの花

カマダキ山に近づくとカタクリの花がたくさん咲いています。
今年は例年よりとても多く、これも時間がかかった原因かな?

歩きたくないと駄々をこねる娘を旦那さんが引っ張って、
とりあえず山頂で記念写真を撮り、
折り返してアケボノツツジのポイントで昼食にしました。
アケボノツツジの開花はまだで、登山者もまったく見当たりません。
みなさんよく御存じのようで・・・

お休み台
***** 砥石権現近くのお休み台にて *****

往復5時間ほどかけて下山し、囲炉裏小屋へ荷物を搬入して、
山岳植物園の散策に出かけますが、
娘夫婦は足を痛めたようで、引きずるような足取りだから、
早々に夕食の準備で炭火を熾しました。
10人以上泊まれる小屋を贅沢にも4人で貸切にしていただきマス。

囲炉裏小屋としゃくなげ小屋
***** 手前が囲炉裏小屋、奥がシャクナゲ小屋 *****

車を横付けできるので楽ちん♪

囲炉裏小屋
***** 囲炉裏小屋の囲炉裏、長さ2m以上ある *****

囲炉裏小屋の隣には「シャクナゲ小屋」があり、
4人で卓球に盛り上がり、風呂をいただきました。
足は痛くても卓球はできるようで・・・

囲炉裏

夕食は色々な焼物。
炭遊びの好きな旦那さんに囲炉裏の炭のお守りをしてもらいながら、
ゆっくりと時間をかけていただきました。
鍋もする予定でしたが、お腹いっぱいになったのでパス。
ちゅんごは早々にシュラフに潜り込んで、いつものように瞬間爆睡(笑)
あとの3人はまた卓球に出かけたとか・・・


翌朝は食事の前後に山岳植物園内を散歩しました。
ちょうど「シコクカッコソウ」が満開です。

シコクカッコソウ畑
***** 絶滅危惧種シコクカッコソウの群生地 *****

カッコソウピンク カッコソウ赤

カッコソウ白
***** シコクカッコソウ色々 *****

ミツバツツジが綺麗でしたが、
シャクナゲはちらほらと咲きかけていましたが、
ピークはまだまだのようです。

ミツバツツジ
***** ミツバツツジ *****

シャクナゲ
***** シャクナゲ *****

シャクナゲが満開の時期の賑わいはないけど、
園内には色とりどりの花が咲いています。

八重山吹
***** 八重山吹 *****

ヤマシャクヤク
***** ヤマシャクヤク *****

スミレの仲間
***** 色の濃いすみれ *****

ヒメシャガの森
***** ヒメシャガはまだ *****

ヒメシャラの新緑の足元にはヒメシャガが群生してるけど、
まだつぼみも見当たりません・・・
でもこの森はいつ来ても癒されるなぁ~

しゃぶしゃぶ?
***** 朝食は昨夜食べ損ねたシャブシャブ *****

帰り際には岳人の森の観月茶屋で早い昼食。
この4人、食べることには目が無いので。

そば定食 すだち鶏天
***** 田舎そば定食とすだち鶏天 *****

わらび餅
***** いつも美味しい「わらび餅」 *****

みつる料理長、いつもご馳走様です!


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

石鎚山

もうすぐ5月も終わりだと言うのに
連休の出来事がまだアップできていません…

前半は徳島県神山町の「岳人の森」をベースに
「砥石権現」へ登山し、
岳人の森の「囲炉裏小屋」で宿泊。

後半は愛媛県にある西日本の最高峰「石鎚山」へ登山して
下山後は登り口にある温泉の駐車場で車中泊。
帰り路に香川県の「こんぴらさん」を参拝。
と、四国から出ることなく、あまりお金をかけずに近場で遊んでいました。


2017年5月3日

徳島道と松山道を乗り継いで石鎚山登山の表参道、
ロープウェイ乗り場近くの石鎚山温泉(京屋旅館)の有料駐車場に車を止めて出発。
ロープウェイは10分ほどで標高400mから1300mまで一気にワープします。
緩やかな道を25分ほど歩くと標高1400mにある石鎚神社中宮成就社へ到着。
参拝して、旅館がやってる休憩所で登山届を提出。

成就社山門

この山門をくぐり、八丁坂といわれる約1kmの緩やかな下り。
そして今度は登りになり、木製の階段が延々と続きます。
この間伐材で作られた階段がけっこうキツイ!
途中で「試しの鎖場」がありましたが、
先は長いので体力を温存して捲き道を進み「一軒茶屋」へ到着。
成就社の山門から1時間かかりました。

一軒茶屋

歩幅のちぐはぐな階段が延々と続き、
奥さんはすでにかなり疲れたようで、冷やしあめ湯を飲んで
体力回復?に努めていました。
ここからは傾斜はきつくなくて息も上がることなく「一の鎖場」に到着。
この鎖場は27mしかないので挑戦。
そんなに高度感もなくあっという間に登り切りました。

一の鎖場
***** 一の鎖場を登り切ったところ *****

この先のエコトイレのある休憩所でしばらく休み
危険だと噂の高い二の鎖、三の鎖はパスして山頂へ向かいます。

雪
***** エコトイレの裏には雪が残っていました *****

二の鎖と三の鎖をパスする捲き道はスチール製の階段がほとんど。
これを登り切るとようやく山頂に着きました。
休憩を含めロープウェイを降りてから3時間の道のりでした。

弥山山頂
***** 頂上到着 *****

でもここは本当の山頂ではなく弥山(1972m)です。
たくさんの方がお昼休憩をとっていました。

天狗岳1982
***** 弥山の目の前に切り立った天狗岳 *****

この天狗岳が石鎚山最高峰1982mです。
弥山からは10分ほどで行けるようですが、
山頂はガスに包まれて展望も望めないし、
なんせ風がとっても強くてさむ~い!
今回は天狗岳もパスして山頂小屋へ逃げ込みました。

暖かな小屋でおでんをいただきながら持参したおむすびをほおばり、
体も温まってきたところで下山開始。

金属の階段を下りながらエコトイレのところまで帰ってきたら、
体力も回復してきたので、せっかくだからと、
二の鎖場に挑戦することにしました。下ってきたのにまた登ります。

ニノ鎖場
***** 二の鎖場登り口 *****

カメラをザックに仕舞い、鎖を登り始めると、
若い女性たちが途中で登れなくなり立ち往生してたりします。
奥さんを前に行かせましたが、途中で足がかりのない岩があり、
足を滑らせてくるので後ろから登山靴を支えてあげて、
なんとか60mの岩場を登り切りました。
腕の力だけでクリアしないといけない場所があるので、
ザックを背負ってると結構な体力を消耗します。

鎖場を登る人
***** 三の鎖場を登る人 *****

三の鎖はもっと体力がいりそうなので見上げるだけにしておきました。

またロープウェイに乗って駐車場まで戻ってきたのは5時。
上り下りの長い階段で足がパンパンになってます。
旅館の食堂で食事をして日帰り温泉に入りました。
宿泊者以外の入浴は午後6時までなのでゆっくりはできませんでしたが・・・

2日分の駐車料金を払ってあるので駐車場で車中泊しました。

京都「平八茶屋」の麦とろろ御膳

2017年4月20日

仁和寺から「きぬかけの路」を東へ15分ほど歩くと世界遺産「龍安寺」です。
きぬかけの路は意外と交通量が多く、
歩道はあるものの、あまり情緒的ではないですね。

龍安寺新緑
***** 龍安寺山門 *****

10時を少し過ぎていましたので、
拝観受付には修学旅行生や海外からの観光客で溢れています。

龍安寺石庭
***** 有名な枯山水の石庭 *****

境内には桜苑や鏡容池など見どころもたくさん。
京都のお寺はどこも大切に手入れがされていて、
人が押しかける訳ですね。

龍安寺から20分ほど歩くと「金閣寺」。
2年前に拝観したので今回はパスしてバスに乗り、
北山通りを東へ向かい修学院近くへ移動します。

平八茶屋門
***** 平八茶屋の門 *****

今日のランチは洛北の老舗料理屋「平八茶屋」です。
門が歴史感たっぷりで入り口がどこか、
玄関がどこか迷いながら店の中に入りました(笑)

予約してあったのは「麦飯とろろ膳造り付」

平八茶屋前菜 平八茶屋造り
***** 猪口三種と造り *****

平八茶屋煮焼き物 平八茶屋とろろ麦飯
***** 取肴・炊合と麦飯とろろ *****

どれも丁寧なつくりで日本酒にピッタリでした。
歩き旅のよいところは好きな時にお酒がいただけるところですね♪

ここからまたバスに乗り銀閣寺へ。
門前から境内まで観光のお客さんで溢れています。

銀閣寺庭
***** 方丈前の銀沙灘と円錐台形の向月台 *****

銀閣寺散策
***** この人も観光客 *****

銀閣寺新緑
***** 散策路は新緑がとても綺麗 *****

さてこの小旅行も終盤。
銀閣寺から南禅寺まで「哲学の道」を歩きます。

哲学の道
***** すっかり葉桜の哲学の道 *****

南禅寺
***** 南禅寺三門 *****

またバスに乗り京都駅まで戻り、
お土産をたくさん調達します。
京都駅の伊勢丹では大好きな「原了郭の黒七味」を一年分買い込み。
大阪まで在来線で移動してカジュアルな夕食を楽しみました♪

トマト 前菜盛合せ

馬タルタル ピッツア

カプチーノ
***** 大阪江坂「ラッポルティ」 *****

なんだか長~い一日になり、
徳島までの高速バスでは記憶がないほど深い眠りについていました・・・

プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR