生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

南海トラフ巨大地震に備えての避難訓練

東日本大震災から丸二年をむかえる今月、
恒例となった会社の避難訓練を実施しました。

この震災以前は防災への取組みは皆無だったので、
慌てて防災委員会を設置して
BCP(災害に対する事業継続計画)を策定してきました。
その一環として年二回の机上訓練と避難訓練を行っています。

訓練開始

事務所と工場には「緊急地震速報器」を設置しましたので
これが作動したとの仮定で訓練が始まります。
南海トラフ巨大地震では海底の地震計が感知してから
大きな揺れのS波が到達するまで約30秒ほどありますので、
初動が早くなり天井の落下などから身を守れる可能性が高まります。

揺れの間に停電になる可能性が非常に高いと聞いていますので、
各作業室の責任者は常時無線を装着して、
停電時にもリアルタイムで現状確認ができるようにしてあります。
停電になると内線やマイク放送はすべて使えなくなるからです。
※この無線は防災用ではなく普段の作業時に各作業室間や事務所との連絡用です。

加工場入口

加工場の出入り口のガラスには防虫を兼ねたフィルムを貼ってあります。
訓練時は白衣と長靴のまま屋外の一次避難場所まで移動します。
※訓練が終って作業に戻る時には白衣は全て着替えて長靴は洗浄します。

点呼

今回の訓練では点呼で大きなミスが発生しました。
工場作業者の2名が行方不明という設定で隠れてもらっていたのに、
なぜか点呼は「全員揃いました!」???
点呼の方法にひとつ改善点が見つかりました!

そして無線を装着した人と数人が捜索救助に向います。
その間に情報収集班は携帯のワンセグで災害情報の収集や
近隣の状況や自社の建屋、二次避難場所への経路の安全確認をします。

「徳島県に大津波警報が出ました!」

リーダーは情報を集約して二次避難場所への移動を指示します。

建屋浸水想定

この2年間ずっと分析を重ねてきた現時点での浸水予測です。
比較的発生頻度の高い200年に一度のレベル1で物的対策。
現在科学的に考えられる最大級の2000年に一度のレベル2で人的対策。
もちろん予測ですから人知を超えた自然の脅威に対しては、
まったくもって不完全なものに過ぎませんが、
今時点で考えられるベストな判断ができるようにしています。

二次避難

事務所の上の会議室へ移動します。

会議室
***** これは勉強会の風景です *****

普段は会議や勉強会につかわれるこの部屋が避難場所です。
会議室奥の扉の開けると倉庫になっていて、
水や食糧や炊きだしの道具、毛布や寝袋、簡易トイレなど
3日分の避難グッズが用意されています。
まあ、食べ物は冷凍庫にたくさんあるのですが流されることも想定して。

避難時は電源の確保が大きな課題となりますが、
プロパンガスの発電機を購入予定しています。
ガスボンベは敷地内にたくさんありますから、
いざというときには照明はもちろん調理や暖房にも使えます。

工場に入ることができれば500人前の味噌汁が炊ける釜が
いくつもありますから近隣の会社で避難されているかたの
炊き出しも可能になります。
会社のあるマリンピア沖洲は埋立地なので孤島になる可能性が高いのです。

そしてこの会議室のホワイトボードを裏返すと

ボード

常に最新の防災資料を貼ってありますから、
災害対策本部をすぐに設置することができます。
今回の避難訓練では防災委員会のメンバーは参加せず、
観察者として避難の問題点を見つけることに集中しました。
参加してると焦って慌ててますから細かいチェックができません。

このほか、夜間休日の対応体制や
ツイッターを活用した社員さんたちとの安否確認システム、
全社員が携帯する「防災カード」の作成、
そして事業を復旧させるための経営情報のバックアップなど
費用のあまりかからない分野での対策を進めてきました。

これからの課題は設備の耐震対策やガラス飛散防止対策など
少しずつ予算を組みながら減災害に勤めていきます。

今回の大地震で亡くなった方や被害にあわれた方の犠牲を忘れず
今も尚続く避難生活や爪跡に対して私のできることは、
その悲しみを次の災害への対応に活かすことです…


にほんブログ村 徳島の街情報へ


コメント
No title
このような訓練の内容を策定する段階でも議論が沢山あり、また提案や疑問も出て来るのでしょうね。
全社一団となっての訓練
災害があってもなくても大きな力になることでしょうね。
先のYOKOさんのお話が生きているような会社ですね。
2013/03/10(日) 18:45 | URL | 相子 #-[ 編集]
相子さん
そうなんです!
防災対策をすることにより社内のあらゆる資源を見直しますから
5Sのレベルがグンと上がってきました。
いい会社になるためには欠かせない戦略となって来るでしょうね。
でも課題ばかりで悩ましいところです・・・
2013/03/11(月) 07:10 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
徳島でのんびりと暮らしながら
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

若い頃から好きな料理に加えて
最近はランニングと山歩きが趣味かなぁ

子供たちが巣立ったので
夫婦と母親の3人暮らしですが
近くに住む娘が孫を連れて
遊びに来てくれるのが楽しみです

はじめて10年たったこのブログも
50半ばを過ぎて環境は変わりましたが
ぼちぼちと綴っていきたいと思います

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR