生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

石巻漁港の復興は日本の未来を占う

宮城県の石巻漁港は日本有数の水揚げを誇り、

世界3大漁場である三陸漁場の核となっていました。

東洋一と言われた水揚げ用の岸壁は1200m、

荷受をする市場の上屋根は600mを越えていました。

荷揚げの背後には冷凍冷蔵施設や製氷施設、水産加工場など

魚を受け入れるためのバックヤード機能が整っていたから

漁港として重要な地位を占めていたのです。


今回の震災では津波により地方自治体単位では最大の被害を受け、

港で働く多くの人々の生命と仕事を奪ってしまいました。


日本がこれから先に生命の源である一次産業を基盤とし、

地域に根ざした循環型経済構造へと転換していくには

石巻のように農水産、工業、商業が連携して価値を生み出す仕組みを

地域ごとにつくっていくことが大切です。

エネルギー問題を含め、

10年スパンで復興計画が考えられているようですが、

日本の地方経済のあり方を熟慮する機会でもありますので、

自分も自身のこととして考えていかなければと感じました。

かさ上げされた通路

漁港内は地盤沈下が激しくかさ上げされた通路ができていましたが

満ち潮とともに海水が浸入してきています。

瓦礫の搬出はほぼ終わっており、報道で聞かれるような

水産物の腐敗臭や重油の臭いはそれほど気になりませが、

港内全般のかさ上げや倒壊建屋の撤去など、

気の遠くなるような作業が待ち構えていそうです。

市場跡

タンク 水産加工施設 重油タンク1

コメント
ご苦労さまでした
現地の様子を直に目にして、これから循環型経済構造のあり方が大事なことを一層お感じになったことですね。
日本は今、大変な崖っぷちに立たされております。一日も早い復興が望まれますね。現地の皆さまの努力に頭が下がります。
2011/07/10(日) 10:57 | URL | 相子 #-[ 編集]
大変な問題ですね
これからは、日本が大きく変わっていくのでしょう
人口減少と高齢化、過大な借金に今回の問題が加わりました。

電力問題も、日本人はどういう将来を夫々国民が持ち
どういう判断してるのか、僕には理解できません。

今後、大きな衰退と共に輸入に頼ってた食料問題がクローズアップ
されてくると思います。
だけど国内は、土地はあっても作物の作り手がおらず、たとえ出来ても
賃金の安い海外研修生に頼っていたため、収穫できないとも
聞きます。

ただただ、増税は嫌いで投票した結果、あんな国会、政府ができ
自分達の保身のために、国民に必要な事が言う事もできない政府
即原発停止も、経済に対する覚悟があるのか疑問です。

石巻漁港が一刻も早く立ち直り、新興国に突かれつづけてる
工業製品から、世界に誇れる水産農産物を広め、輸出拡大して
いけば再生エネルギーと共に日本は立ち上がれるのではないか
と思っています。

でも、国民全体が一次産業の重要性を保護主義じゃなく、世界の
競争産業の一つとして受け入れるでしょうか
そこが、一番の問題のような気がしています。

もし可哀想からでなく、国家戦略として漁港の再生に取り組めば
復興はもっと早く出来ると思います。
ビジョンが無さ過ぎますね

長々とスミマセン!
2011/07/10(日) 12:27 | URL | メタボ夫婦 #-[ 編集]
相子さん
おはようございます。

お客様である仙台の生協へお見舞いに伺いましたが、
納入業者の大半を占める、
石巻の水産加工メーカーさんが壊滅で、
生協のカタログ紙面づくりもままならないようです。
地産地消を推進してこられただけにダメージが大きいようです。

海岸部にお住まいだった組合員さんたちの中には
連絡が取れない方や転居された方が多いとのことです。
2011/07/11(月) 05:25 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
メタボ夫婦さん
その通りですね。

国家戦略として位置づけないと一次産業を存続できる
経済構造には転換できないと思います。

まず一次産業で生計が成り立つ市場経済が必要ですが、
今回の震災を契機にして、
それを考えてくれる人が多くなったのではないかと感じます。

国策は国民がつくるのだという意識が重要ですね。
2011/07/11(月) 05:36 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
徳島でのんびりと暮らしながら
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

若い頃から好きな料理に加えて
最近はランニングと山歩きが趣味かなぁ

子供たちが巣立ったので
夫婦と母親の3人暮らしですが
近くに住む娘が孫を連れて
遊びに来てくれるのが楽しみです

はじめて10年たったこのブログも
50半ばを過ぎて環境は変わりましたが
ぼちぼちと綴っていきたいと思います

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR