生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

娘の卒業式の夜に思うこと

昨日の3月1日は娘の高校卒業式でした。おめでとう!

奥さんは、おめかしして出席してきたようです。

下の子供が高校を卒業すると、一応、親としての最低限の

勤めは果たせたかなと、少し感慨深いものがあります。

上の学校を卒業して就職するまでは経済的責任はありますが・・・


家の子供たちは二人とも学校の勉強が苦手で、

高校を卒業するまではいつもヒヤヒヤしていました。

上の息子は美容師になりたいと大阪の専門学校へいって、

この春に就職することになりました。

2年前に、このブログを始めたのも、離れて暮らす息子へ

家庭の状況を知らせたいという思いもあったのかもしれません。

でも息子曰く、

「旨そうなものばかり見せ付けられるから見ない!」と

あまり見てくれていないようでした。

専門学校でも問題児だったようですが、よい友達に恵まれて

なんとか今月、卒業できる見込みです。まだ見込みです。


「21世紀をたくましく生き抜くには学校の勉強よりも

感じる力(感性)を身につけることが大切だ!」なんてことを

家で酔っ払うたびに子供たちに講釈してたものだから、

二人とも自由奔放で自分に正直な変わり者になってしまいました。

規格で統一された価値観の中で教育された子供は、

自由な発想やひらめく力に欠けることが多く、

今の日本の低迷もアメリカ主導の戦後教育に影響されることが

大きいと思います。

進駐軍は当時の日本の教育レベルの高さに驚愕して

横並びの良い子に仕立てあげることに注力したのではないのでしょうか?


ちゅんごが子供たちに教えてきたことは、

奇跡的な確率で地球に生命が誕生し、そしてこれまた奇跡的に

その命が継承された結果が自分自身である。

だからその命とそれを育んでくれる大自然と環境に感謝し、

それを次代に継承し、その時代を生き切ることが使命だと...

このことを伝えていくのに一番わかりやすいのが料理だったのです。

食材を育む偉大な自然、それを手元まで届けてくれる社会、

料理をする人の愛情、食べる人の感謝の気持ち。

料理を教えることで全て伝えられるのです。

特に、幼いころは野外での料理を教えました。

一番、感性を育てるのに良かったのではないかと思っています。

料理には創意工夫、発想やひらめき、先を読む力、手順段取り。

社会へ出て、社会のお役に立てる力がテンコ盛りです!

自身の教育方針が良かったのかどうかはまだまだわかりませんが、

社会に出てからの期待感は充分です。

ピッツァ
***** おばあちゃんから娘へピッツァ *****

娘は卒業祝いでクラスで焼肉バイキングへ行ったようで。

ちゅんごが全部たべちゃいました!ご馳走さまです。

にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ

コメント
こんにちは
卒業おめでとうございます。

子どもの卒業式は、小学校しか経験していませんが、
高校となると、複雑な思いが交差するんだろうなぁと
思います。うちの子が高校卒業まで、あと数年、
いろいろ教えてあげなきゃ。

ふっくらピザ、おいしそうです。
2011/03/03(木) 10:50 | URL | Mie #1ajBg2jw[ 編集]
No title
ちゅんごさんの料理には、そんな思いが
込められていたんですね。

お子さんたち、これからが楽しみですね。

その時代を行き切る人に…。
2011/03/03(木) 23:30 | URL | バウワウ #-[ 編集]
Mieさん
大怪我をしたり、学校から呼び出されたりすると、
少し放任しすぎたかなと不安になったこともありましたが、
まあ、なんとか素直に育ってくれました。

子供と一緒に料理するとコミュニケーション取れるんですよね!
2011/03/04(金) 12:35 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
バウワウさん
尊敬する先輩のバウワウさんにそう言っていただけると嬉しいです。

子供たちが家庭を持っても、家族で料理するような家になることを願っています。

先ごろ、行政が「まじごはん」なるものを企画したと聞いてますが、
食事のスタイルが軽視されてきている社会に、
ようやく危機感を持ってきたのでしょうね。
2011/03/04(金) 12:41 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
No title
娘さん、卒業おめでとうございます。

僕も息子が二人いましたが、煙たい父親だったようです。
とにかく勉強の必要なし、大学なんて・・・といって育てました。
その代わりお金には厳しく、反対に夫婦二人で食べてばっかりでした。
近所からは、鬼夫婦って言われてました(笑)

その姿が友達の親と反対で、なんでそんなに仲がいいのか
息子達には不思議だったようです。
でも、それが家庭の安心を作り、ぐれる事も無かったです。

大学は夜学で、昼はアルバイト、そして部活と全て自分のお金で
相当苦労したようです。
「君には、君の人生がある」が僕の口癖
「金は出さん、と言いたいんやろ」と息子
でもその結果、就職難の時も一発で合格し、リーマンショックのときも
その会社を辞めて、ドイツ系の会社に再就職しました。
びっくりしましたけど・・・
30超えても、勉強は続けてるようです。
自分の息子のことばかりで、スミマセン!

その息子も、昨日電話をしてきて、ブログ見て婆ちゃんのこと
心配しているようでした。
ちゅんごさんと同じように、離れて暮す息子に状況を知らせるのに
また、考えを伝えるのに役立ってます。

今、若い人に社会が求めてるのは、生きる力と戦う気概だと思います。
今の僕と正反対ですが、それはそれでいいと思ってます。
暖かい家庭がある、ちゅんごさん家の子供さん
きっと立派に社会で羽ばたくと思います。

長々とスミマセン!


2011/03/05(土) 11:08 | URL | メタボ夫婦 #-[ 編集]
おめでとうございます[絵文字:v-237]
愛娘ちゃん、ご卒業おめでとうございます♪
一区切りついて、ホッとされたんではないでしょうか、、、、
美味しいものを食べて育っているので、きっといい子なんだろうなぁ、、、、

私の母も毎日、ちゃんとしたものを作ってくれていました。
あの頃はわからなかったけど、今は感謝しています。
2011/03/05(土) 13:35 | URL | lunaticyuki #-[ 編集]
No title
ご卒業おめでとうございます。子供達が高校を卒業すると、特に末っ子の場合は「ああ、親の役目は済んだ」という思いがしますね。(まだまだ学費等の面倒は見つつもね)私の所では末っ子が大学を卒業しますので親の役目は一応ホントにすみますが、長男が臨時職のため、全部桜咲くとはいかないのが残念です・・・・
若い人の健闘を祈ります。
2011/03/05(土) 20:07 | URL | とさを商店 #-[ 編集]
メタボ夫婦さん
おばあちゃんのことは気になりながらも、
なにもコメントできずにいます。ごめんなさい・・・
あまりに現実的で、我が家の近未来のことを
考えると、とてもひと事のようには思えませんから。

私もよく子供たちに、
「自分の人生なんだから」と言い聞かせてきました。
親は親、子供は子供。
結局、一番自分の人生をかけなければならないのは
奥さんですよね!
血のつながりによる「仕方ない」を超えて、価値観だけで
ともに人生を送る覚悟でいるわけですから・・・
奥様を幸せにしてください。
2011/03/05(土) 21:18 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
lunaticyukiさん
命の繋がりは、遺伝子のデータよりも
ともに過ごした時間の中で何を教えられたかの方が、
価値があるのかもしれません。
ゆきさんもいいお母さんと過ごした時間が、
自分の人生に大きく影響しているのでしょうね?

お仕事頑張ってくださいね!
2011/03/05(土) 21:29 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
とさをさん
ありゃあ~ 大きなお子さんがいらっしゃるんですね?
子育ての話しや大人になった子供との関わり方など
色々と伝授してください。

一度お邪魔しなくてはと思っているのですが、
ついつい、お出かけは息子の住んでる上方にむいてしまいます。
この春からは縛りがなくなったので高知への時間をつくりますね!
地域興しの秘訣をこっそり教えてください。
2011/03/05(土) 21:38 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
徳島でのんびりと暮らしながら
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

若い頃から好きな料理に加えて
最近はランニングと山歩きが趣味かなぁ

子供たちが巣立ったので
夫婦と母親の3人暮らしですが
近くに住む娘が孫を連れて
遊びに来てくれるのが楽しみです

はじめて10年たったこのブログも
50半ばを過ぎて環境は変わりましたが
ぼちぼちと綴っていきたいと思います

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR