生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

産直市の野菜料理

徳島の中央部の神山町は古事記では食物の神として

また、阿波の神として【オオゲツヒメ】が祭られている

まさしく神の住まうところです。

その【オオゲツヒメ】を祭神とするのは、上一宮大粟神社です。

ちょうど、神山温泉の西隣にある大粟山山麓の神社ですが、

参道には古木が茂り、苔が地面を覆い、神秘的な雰囲気を醸し出しています。

参道
***** 何か感じる?参道 *****

上一宮大粟神社
***** 煌びやかではないが自然と一体感のある拝殿 *****

古来の神社には社はなく、山そのものが神の聖域であり

神の宿るシンボルとして巨岩などの磐座を信仰の要としてきました。

この上一宮大粟神社も元々は大粟山の山中に神を祭っていたようです。

そして信仰の広まりとともに、山の麓に社殿が設けられるようになりました。

日本全国に立派な社殿を配する神社はたくさんありますが、

ほとんどの神社は彼の地から神を分配してきた由来を持ち、

独自の磐座に宿るような、自然のありのままを祭る本来の神社は

あまりないようです。


徳島に、日本の五穀の神が存在すると言うことは

気候・地質・地形・海流など諸要因がその時代の農耕に

マッチしていて、良い種と栽培技術の育成に秀でていたのでしょうね。


またこの神社のある谷には、日本ではほとんど存在しないといわれる

「岩塩」が産出されることも公にされていないようです。

現在でも自宅の敷地内の岩塩を守り続けている一族がいるらしいので

一度その岩塩をなめてみたいものです。

山の幸と塩があれば、食の文化が発展したことは容易に想像できます。


この神社の近くには幹線道路沿いに神山道の駅があって、

地元でとれる農産物が販売されています。

神山町は「すだち」⇒日本一、「うめ」⇒四国一 なので、

とにかく安い。すだちは1㌔100円??? 本当に?

と、自分の目を疑うような値段です。

今夜は、ここで買って来た野菜で奥さんの料理です。

里芋
***** 里芋の塩茹で *****

ロールキャベツ
***** ロールキャベツ *****

素材の味がいいと何でも旨いね!(奥さんの腕もいい?)

にほんブログ村 徳島の街情報へ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
徳島でのんびりと暮らしながら
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

若い頃から好きな料理に加えて
最近はランニングと山歩きが趣味かなぁ

子供たちが巣立ったので
夫婦と母親の3人暮らしですが
近くに住む娘が孫を連れて
遊びに来てくれるのが楽しみです

はじめて10年たったこのブログも
50半ばを過ぎて環境は変わりましたが
ぼちぼちと綴っていきたいと思います

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR