生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

医食衣同源☆原始布

今年2回目の「阿波再興フォーラム」が昨日開催されました。

今回のテーマは「忌部族の織物文化を語る!」

弥生時代に徳島の国造りをしたとされる忌部(いんべ)一族が

農業・漁業・建築・祭祀などのさまざまな技術を全国に広めたときに

織物技術も伝えたようで、その痕跡のひとつとして

静岡で日本三大原始布のひとつ、

葛布(くずふ)の織元の村井龍彦さんの講演がありました。

葛布
***** 葛布の織物 *****

葛という植物のツルから繊維を取り出して糸を作り

追ったのが葛布。葛は根の澱粉を食用として利用されるが、

乾燥して葛根湯(かっこんとう)などの漢方としても処方される。

日本全国どこにでも自生する、マメ科の多年草ですが

その繁殖力は凄まじく生命エネルギーに満ち満ちた植物です。

その自然の恵みを織り込んだ布は人が身にまとうことで

肌を通して体内に生命エネルギーを取り込むことができるようです。


医食同源とはよく言われますが 原始布の魅力を知ると

まさしく「医食同源」を感じてしまいます。


ゲストとして日本で唯一、楮(こうぞ)で原始布を織られている

徳島の石川文江さんが作品を紹介してくださいました。

楮布
***** 楮から取り出した繊維 *****

楮布織り
***** 楮布のショール *****

和紙の原料でもある楮の木の皮の繊維から糸をつくり

手機で織ったものです。

素朴で野性味溢れる風合いは、これまた自然の力を感じます。

この布は阿波太布(たふ)と呼ばれ、綿織物が普及するとともに衰退し

現在では伝承の危機にさらされています。

人が自然とともにあった太古の時代から受け継がれてきた技術は

今もう一度、その価値を見つめることが必要だなと感じました。

にほんブログ村 徳島の街情報へ



コメント
No title
こんにちは!

本当にショール、素敵ですね!!!

>現在では伝承の危機にさらされています。

人が自然とともにあった太古の時代から受け継がれてきた技術は

今もう一度、その価値を見つめることが必要だなと感じました。

↑本当にその通りですよね♪
こういう日本の文化、大切に後世に残って欲しいですよね。
2010/03/08(月) 11:38 | URL | 三十路オンナ #-[ 編集]
三十路オンナさん
こんばんは!

見た目はごつごつしてるけど、
触れてみると以外にびっくりするぐらい、
しなやかなんですよね。

こう言った、自然の恵みを生かしきる文化を
大切にしたいと思うし、
それができない民族は
いずれ終焉を迎えるのかもしれませんね!
2010/03/08(月) 21:03 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
徳島でのんびりと暮らしながら
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

若い頃から好きな料理に加えて
最近はランニングと山歩きが趣味かなぁ

子供たちが巣立ったので
夫婦と母親の3人暮らしですが
近くに住む娘が孫を連れて
遊びに来てくれるのが楽しみです

はじめて10年たったこのブログも
50半ばを過ぎて環境は変わりましたが
ぼちぼちと綴っていきたいと思います

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR