生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

神話・古式農業・巨木の旅

この前の日曜日、西日本2番目の高峰「剣山(つるぎさん)」の

麓に今も続く、高地農業と歴史遺産の見学に行ってきました。

出発は四国八十八ヶ所の一番札所「霊山寺」の奥に控える「大麻彦神社」。

途中で日本唯一の「土」や「水」の神様を祀る神社を巡り、

国産みの女神「イザナミ」の生まれ故郷をお祀りする地を訪れました。

農業や歴史の専門家が案内してくれるのでとても有意義な旅となりました。

それでは、長い記事となりますがお付合いの程よろしく!

大麻楠1
***** 出発地「大麻彦神社」境内中央の樹齢千年余の大楠木 *****

大麻楠

大麻楠2


1時間ほど車を走らせて、まず土と水の神様
ハニヤマヒメ神社
***** 美馬市脇町 日本唯一の土の神様「ハニヤマヒメ」を祀る *****

八大龍王神社
***** 美馬市脇町 日本唯一の水の神様を祀る「八大龍王神社」 *****

八大龍王神社楠
***** ここの楠も立派 *****


次は美馬町に移動、倭国が畿内で形成される時にその御霊を移転した元とされる
倭大國魂神社
***** 倭大國魂神社 *****

落ち葉
***** 境内の参道脇には鬱そうとした広葉樹林と大量の落ち葉 *****

倭大國魂神社楠
***** 倭大國魂神社境内の楠木も異様にでかい *****


移動すること5分、美馬町の吉野川中流域の川中島にある「伊射奈美神社」
イザナミを祭る吉野川の川中島
***** 中鳥と呼ばれる神秘的な川中島 ****

イザナミ神社
***** 国産みの母神「イザナミ」を祀る神社 *****

イザナミを単独で祀るのは全国でこの神社のみ。

それはイザナギと出会う前、つまり生まれ故郷だからとか...

でもイザナギとイザナミが協力して淡路を産み、次に阿波のオオゲツヒメを

生んだはずだから、どうしてイザナミが阿波で生まれたんだろうなんて、

細かいことがふっと頭をよぎった。

よぎったというより考え込んでしまった。そしてひらめいた。

吉野川は山川町の岩津峡を境に気候や風土が違う。

ここは岩津峡の上流だから、ここで生まれ、下流の地域を切り開いた!

古代は焼畑農業から文化が始まったので、より山深い地域から発展していき、

人口が増えるとともに下流や平野へと生活の場を求めていった農耕民族が

いたのだろう。(狩猟民族は海岸でも生活できたんだろうけど)

だから「阿波」という概念は当時、下流域のことを指していたのだろう。


その時代には生活路は山の尾根に沿って張り巡られており、

祭祀に目覚めた時代、神社の原型は尾根の小高い地形に存在していたようです。


ではつるぎ町に移動、その現代のように社(やしろ)のない古代の神社を
古代神社
***** つるぎ町の山深い広葉樹の森の尾根にある *****

不思議なことに、ここでは方位計が全く利かない...

あたり一面、青石の岩盤地帯ですが、明らかに人工的に石積みされた

基礎の上に人力ではどうにもならないような巨石が祀られていました。

どうやって2千年も前に構造したのだろう?ミステリー?


さて、旧一宇村の標高700m地帯に点在する高地集落を訪問
高地の村
***** 陽だまりのスポットに高地集落は展開します *****

高地の畑
***** 畑は開けた斜面にあり、日当たり良好 *****

大根

白菜
***** 大根と白菜 *****

切干大根
***** 冬支度の切干大根 何でも自家製みたいです *****

農家のおばあさんが大根を引き抜いて、おでんに入れるぐらいに

大きく切って食べさせてくれた。

甘くて美味しい!! こんなに旨い大根たべたことない。

ほうれん草も畑にはえてるのをむしゃむしゃといただいた。

フルーツのような甘味がする!

有機の無農薬の野菜って本当に旨い。


カヤ場(すすきを肥やし用にはやしている所)から背中いっぱいに

カヤを背負って畑へ運んで肥やしにする。

萱刈り

畑は耕さずにカヤを敷き込むだけ、その下で微生物が土を耕してくれる。

草もあまりはえないらしい。農業の原点を見た気がしました。


現代の慣行農業は、無機質の窒素・リン酸・カリをやりまくり、

大きく育つけど、病気や害虫に弱いから薬を撒きまくる。

ソレを食べる人間は自然の免疫力を失い、現代病に侵されていく。

その薬は森や川や海を破壊して、自然の治癒力を奪っていく。

今頃になって気づいた私は、恥ずかしい...


ふと、この山々を見渡してみると、

植林された針葉樹が生長しきって森から動物や背の低い植物の

営みを阻害し、下流域へ養分を与えることが苦手な森が広がってきている。

山から神が下っていた神話のように、平地に住む我々は山を命の原点として

崇め敬い、現代の過ちを一刻も早く方向転換しなければならないと...


旅の途中で見つけた綺麗なもの
茶畑
***** 茶畑 *****

南天
***** 高地農家の庭先の南天 *****

寒桜
***** イザナミ神社の寒桜 *****

走行距離200km、12時間、20名のハードな日帰り旅でした。

野田先生、林先生ありがとうございました。

にほんブログ村 徳島の街情報へ

コメント
No title
コメントありがとうございました
若者のいるお祭りはいいもんですね
当店もクエ鍋が売れるくらいになればいいんですがね
今回記事の剣山はいろんな神秘、山中の風景もすばらしいです
またよろしくお願いいたします
2009/12/09(水) 19:38 | URL | 赤岡町とさを #-[ 編集]
とさをさん
こんばんは!

赤岡町のパワーが良い刺激になります。
こちらも見習って、活気のある街村づくりに
取り組んでいきます。
アドバイスもお願いしますね♪
2009/12/10(木) 04:09 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
徳島でのんびりと暮らしながら
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

若い頃から好きな料理に加えて
最近はランニングと山歩きが趣味かなぁ

子供たちが巣立ったので
夫婦と母親の3人暮らしですが
近くに住む娘が孫を連れて
遊びに来てくれるのが楽しみです

はじめて10年たったこのブログも
50半ばを過ぎて環境は変わりましたが
ぼちぼちと綴っていきたいと思います

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR