生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

上高地トレッキング徳沢まで

乗鞍高原を立ち、沢渡(さわんど)駐車場に車を置いて、
シャトルバスで上高地に入ったのは10時過ぎ。
今日も天気に恵まれ爽快な気分で河童橋まで。

河童橋より穂高
***** 上高地の起点、河童橋より穂高方面 *****

河童橋より焼岳
****** 下流の焼岳方面 *****

河童橋売店 河童橋でいきなりビール
***** 河童橋の売店でおやきと弁当を購入、そしてビール *****

朝がパン食だったから小腹が空いたので、
河童橋東側の売店でおやきを買ってさっそくビールをいただきマス!
ここから小梨平キャンプ場を通り抜け、
梓川左岸の平坦な散策路を明神へ向かいます。
途中では梓川へ流れ込む澄んだ小川のせせらぎに癒され、
1時間少しで明神荘へ着きました。

明神岳
***** 明神荘前広場より明神岳 *****

暫しのトイレ休憩をして、さらに奥の徳沢を目指します。
ここからもほとんど勾配はなく、散歩気分で歩けますが、
宿泊の荷物や食料・飲み物をたくさん背負ったままなので
景色を眺めながらゆっくりと足を進めます。

古池の鴨 古池の鴨2
***** 古池の鴨 *****

途中に小さな池があり、鴨の家族が遊んでました。
人を恐れることがないようで、間近まで寄ってくれます。

明神徳沢間の梓川
***** 徳沢近くの梓川 *****

梓川左岸の道は川べりで、西や北の眺望が開けることが多いので、
北アルプスの山々を楽しみながら歩けます。
明神から1時間ほどで徳沢のキャンプ場に到着。
昔は放牧をしていたとのことで、かなり広大なスペースがあります。
巨木の木陰でランチタイムにします。

徳沢木陰で昼食
***** 木陰は涼しい風が気持ちいい~ *****
 
徳沢ランチ
***** 河童橋の売店で買った弁当とおむすびで昼食 *****

あまりに気持ちが良いので1時間ほどゆっくりしました。

徳澤園カフェ
***** キャンプ場に面した徳澤園のカフェ *****

井上靖の長編小説「氷壁」にもでてくる山小屋。
隣接するカフェはとてもお洒落で、都会にいるのかと錯覚してしまうほど。
生ビールもありましたが、デザートにソフトクリームをいただきました。
ここから折り返して、また明神まで来た道を帰ります。

明神橋
***** 2003年に架け替えられた明神橋を右岸へ渡る *****

明神橋を渡るとほどなく「穂高神社奥宮」に突き当たります。

穂高神社奥宮
***** 穂高神社上高地明神池奥宮 *****

参拝をして拝観料を払い明神池を散策します。

明神池

明神池2

伏流水や湧水が湛えられ大きな岩魚が悠然と泳いでいました。
山や岩、木々や水、そして太陽への古代よりの信仰が、
ここに時間を止めて佇んでいるようです。

さて、河童橋までの帰り道は右岸を歩きます。

木道と林
***** 湿原の木道が多く雰囲気のある遊歩道 *****

ほとんど陽にあたることが無くひんやりとした空気なんだけど、
笹藪の中から熊が出てきそうな雰囲気も感じます。

岳沢湿原
***** 途中の岳沢湿原 *****

この湿原にある岳沢登山口を少し入ったところで、
数日前にツキノワグマが目撃されたそうです。
注意しながら歩いていくとなにやら生き物の気配を感じました。

ヒクッとしましたが、お猿さんです。ほっ。

ところが子猿を抱いたのやら、ぞろぞろ出てきて、
笹の新芽を食べ始めました。
気がつくと頭の上の木にうじゃうじゃいるじゃないですか!
その数に圧倒されそうです。
奥さんは小さい頃、猿に悪戯された経験があり少々苦手っぽい。
この子たちは人慣れしてるようですが、悪さはしないようです。

猿とおせんぼ 猿見つめる

1日目の最後にちょっとだけスリルを楽しませてくれたね~。
お猿の森からすぐ近く、今夜の宿「五千尺ロッジ」に着きました。

五千尺ロッジの部屋より
***** 河童橋を見下ろす今夜の宿 *****

長くなりそうなので夕食や夜散歩の様子は続きに記します。


この宿の夕食は、苦手なバイキング…
加齢とともに、たくさん食べられないんです…
そこそこのモノをたっぷりより、
気に入ったものを少しだけいただく方が幸せな年頃。

上高地の宿はどこも高価格で、
まさに山岳リゾートって感じだから、選択肢がわずかなんです。
その中、予算と相談してとった宿がここ。
ところが、思いのほか美味しい料理の数々にホッと安心。

五千尺ロッジ夕食
***** 中央のローストビーフが美味しい! *****

ローストビーフ以外も素材を感じられる料理で安心。
思わず、ないだろうなぁって思ってたフリードリンクをオーダー。
肉派の奥さんはローストビーフをお代わりしてる・・・

五千尺ロッジ蕎麦 五千尺ロッジスイーツ
***** 蕎麦とスイーツ *****

ちゅんごが〆にチョイスしたのは蕎麦。
信州までの道中にSA でいただいた蕎麦が残念だっただけに、
この蕎麦の素直さにちょっぴり感激。

夕食後は、カメラを持って河童橋周辺を散策。
明るいレンズなので手持ちでも上高地の夜を捉えられます。

夜の梓川と焼岳
***** すっかり暮れた河童橋より焼岳 *****

夜の五千尺ロッジ
***** 夜の五千尺ロッジ *****

2階の一番手前の部屋に泊まりました。
翌朝のこの部屋から望む景色が素晴らしかったことは言うまでもないかな。


コメント
No title
ちゅんごさん  今日は
良いですね。道中の説明もとても自然で分かりやすく、また気分も伝わって来ました。
何回もカーソルを上下させて景色を眺めました。
美味しそうな夕食。納得の味だったようで良かったですね。
夕景の写真は周囲から隔絶された空気が漂っているかのようです。
2016/07/21(木) 14:53 | URL | 相子 #-[ 編集]
No title
ああ! なんて素敵なホテルに。。。ロッジ。。。
五千尺ロッジと五千尺ホテル、ややこしいですよね。(笑

上高地の宿泊は本当にお高いですよね、それでも数年前に宿泊した大正池ホテルより随分と美味しそうですよ~
たしかオカズが足りなくて別料理を頼んだ記憶がありますもの。(笑

上高地 もう一度行きたいな…
2016/07/21(木) 16:55 | URL | いその爺 #-[ 編集]
相子さん
おはようございます!ありがとうございます。

上高地はまさしく周りから閉ざされた異空間でした。
景色もですが、空気感が違いますね。
今回は女房にも小さなカメラをひとつ持ってもらったので、
二人が写り込んでる写真が多くて…

2016/07/22(金) 04:43 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
いその爺さん
そうそう、同じ経営みたいですね。
ホテルは高かったのでロッジにしましたが、
サービスも設備も素晴らしかったです。

料理が期待以上で、
おもわず1500円のフリードリンクにして、
ワインをたくさんいただきました!
2016/07/22(金) 04:46 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR