生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

乗鞍岳登山

乗鞍岳に登ってみたいと思ったのは、
数年前にバスツアーで白骨温泉に泊まった時のこと。
道中の乗鞍高原から雪化粧の乗鞍岳を見たとき、
その雄大な姿に引き寄せられたのです。

3000mを超える標高でありながら、
2700mの登山口畳平までバスが運行していますから、
高低差も僅かで、難所もなく、わずか1時間半ほどで山頂に立てるらしい。
これなら足を痛めてるちゅんごでもイケルカナと、
今回の旅行を企てたのです。

早朝に乗鞍高原バスセンターに到着し、
身支度を整えてから、今夜の宿へ車を預けました。
山でお酒を呑みたいので、下山してから運転しなくていいようにネ(笑)

バスに乗り込み1時間弱で畳平の手前の肩の小屋口で降りました。

肩の小屋口登山口
***** 肩の小屋口登山口 *****

肩の小屋口でバスを降りる人はけっこう多かったです。
トイレをすませてさっそく山登り開始。

夏スキー
***** 雪渓で夏スキーを楽しむ若者たち *****

雪渓では夏スキーを楽しむ若者がたくさんいて、
程よい傾斜の登山道には高山植物がたくさん見られます。
ここから肩の小屋までが一番歩いて楽しい道だったかも。

ミヤマキンポウゲ キバナシャクナゲ
***** ミヤマキンポウゲとキバナシャクナゲ *****

コイワカガミとアオノツガザクラ ハクサンイチゲ2
***** コイワカガミとアオノツガザクラ、ハクサンイチゲ *****

花の写真を撮ってる人が多くて思いのほか時間がかかります。
って、ちゅんごもそのひとりなんだけど…
30分ほどで山小屋の「肩の小屋」へ到着。
ここからは畳平から来る人とも合流するので、
人通りも増えてきましたが、夏休み前ということもあり、
渋滞するようなことはなかったです。

乗鞍岳は観光気分で登れると聞いていたのですが、
足元は浮石が多く、やはりちゃんとした靴を履いてた方がいいかな。
傾斜はきつくないのですが、標高があるので息切れはします。
肩の小屋から30分ほどの蚕玉岳(こだまだけ)で小休止。

蚕玉岳より剣ヶ峰
***** 蚕玉岳より剣ヶ峰 *****

もうすぐそこに乗鞍岳の主峰「剣ヶ峰」が見えます。
最後の急勾配を登り切り、ほどなく山頂に着きましたが、
この辺りから南東の風に乗るように雲が湧き出し、
西側以外は展望がさえぎられるようになってきました。
時間もあるし、せっかくだから雲が切れるのを待つことに。
ビールもワインもおつまみもたっぷり持ってるしね。

剣ヶ峰より権現池
***** 剣ヶ峰より権現池 *****

岐阜県側の西方に権現池を見下ろすことができます。
雪解け水をたくわえてとても綺麗な色をしています。

剣ヶ峰より蚕玉岳
***** 剣ヶ峰より蚕玉岳 *****

山頂の乗鞍本宮本殿の裏に陣取って、
しばらく北西の景色を楽しんでいましたが、
中央アルプスや南側の御嶽山を望むことは叶わず、
すこし酔っ払いながら下山することに。
それでもこの雄大な景色を満喫できて幸せ♪

下りは痛めてる膝に負担がかからないように慎重に。
肩の小屋まで帰ってきました。

摩利支天岳
***** 観測ドームのある摩利支天岳 *****

この辺りにはハクサンイチゲがたくさん咲いています。
肩の小屋で有料トイレをかりて、車道を畳平へ向かいます。

不消ヶ池

不動岳
***** 不動岳の裾野に広がる不消ヶ池 *****

車道を歩いても面白くないので、
途中から富士見岳経由で畳平まで行くことにします。
10分ほどで山頂に着くと、赤い岩がゴロゴロしてるけど、
眺めの良さにしばらく見とれてしまいました。
ここで遅い昼食にしよう!

昼食笹寿し
***** 北陸自動車道ひるがの高原SAで買った笹寿し *****

富士見岳より畳平
***** 畳平を真下に望む *****

ここまで呑んだくれ登山者には思いのほか時間がかかり、
畳平のお花畑にはあまり花が咲いていないような気がしたので、
バスに乗って下山しました。

今夜の宿は、乗鞍高原の「カントリーハウス渓山荘」
観光センターでバスを降りて10分ほどのところです。
続きで↓

渓山荘看板

この辺りは、大きなペンションが多く、ブームの頃には、
リゾートで賑わったんだろうなぁ~という、
落ち着いた雰囲気の森の中に渓山荘はあります。

リーズナブルな宿泊料金なのでサービスも設備もそれなりですが、
貸し切りの露天風呂温泉など風情を楽しめるところがいいですね。

気になる食事は真面目に作った洋食って感じで、
お値段以上に満足感のあるものでした。

メニュー
***** 夕食お品書き *****

夕食

サワラ 牛ロースト
***** 手作り感あふれる夕食 *****

昼間の疲れのせいか、部屋呑みをすることもなく、
9時前には眠りにつきました。
当然、朝はいつものように日の出とともに目覚め朝風呂をいただき、
朝食までの時間は、周辺の散策に。

白樺の林
***** 白樺の林の向こうは乗鞍岳 *****

ホタルブクロ カラマツソウ
***** ホタルブクロとカラマツソウ *****

ナンノハナ?
***** 可愛くて好きな花だけど名前がわからない *****

ヒョウモンチョウ
***** ヒョウモンチョウ *****

散歩でお腹もペコペコになり、
パン食の朝食も美味しくいただきました!

これから上高地の玄関口「沢渡駐車場」へ向かいます。

コメント
No title
ちゅんごさん  今日は
案内をして頂きながら一緒に歩いたような気分です。
景色に見とれました。
山は矢張り大変なんでしょうね。私はとても怖くてダメです。
白骨温泉は60年ほど前に学生と一緒に泊まり、懐かしく思い出しました。
2016/07/17(日) 19:20 | URL | 相子 #-[ 編集]
相子さん
この山は、普段歩いている近場の山より、
ずっと楽に歩くことができました。
ただ、眺望の雄大さは比較のしようもなく、
森林限界をこえてるので、
登山中はいつでも景色を満喫できましたよ!

今回も白骨温泉泊まりが候補に入ってんだけど、
泊まったことのない温泉がいいって女房に一蹴されました…
2016/07/18(月) 13:55 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
登山
まだ残雪がある山に登るのって気持ちいいでしょうね~
特にお天気がいいと、テンションup!・・・といった感じでしょうか♪
私も山は嫌いじゃないのですが、道具や服をそろえるのがちょっと億劫。

それに夫が山に興味がないだけに、一人で行くのも淋しいですしね^^;

あ、登山をする際は虫やくもの巣などには遭遇しないのかしら?
岩肌がゴツゴツと出たところだったら大丈夫なのかな~
木が生い茂って緑豊かなところは危険ですよね、やはり・・(涙)

2016/07/22(金) 16:20 | URL | ふぶき #-[ 編集]
ふぶきさん
寒くもなく暑くもなく、快適な登山となりました!

虫ね~、いるところにはたくさんいますよ。
この日は頂上に、色んな種類の小さな虫がブンブン。
帽子で扇ぎながらビールを呑みました(笑)

近場の山では、道を外れなければ危険は少ないけど、
信州の山ではやはり熊との遭遇が気になりました…

子どもが小さい頃に富士山へ登り、
その時買い揃えた山道具が劣化してきたので、
ここ数年は少しずつ買い替えしてます。

2016/07/24(日) 10:52 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR