生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

みさきまぐろきっぷでいただくランチ

城ヶ島から三崎港へ戻ってくると、やはり嘘のように凪いでます。

岸壁には最新鋭の鮪延縄船が停泊していました。
近くには船員さんやその家族の待合所などがあって、
遠洋漁業基地らしさは今でも垣間見ることができます。

第五十八事代丸
***** 今の時代、新船を建造するのは勇気のいることです ******

うらり
***** 水中観潮船は時化のため欠航停泊中 *****

「うらり」の産直センターには、たくさんのマグロ屋さんが店を構えており、
刺身用のマグロはもちろん、尾の身のブロックや
のど肉、胃袋、卵巣などの希少部位もたくさん並んでいました。

マグロを食べつくす食文化は他には見られないのではないでしょうか。
販売されてる方々もマグロを愛してるって感じが伝わってきます。

さて、マグロのランチタイムですが、まぐろきっぷ掲載店の中から
寿司や丼ぶり系のお店は避けて、マグロ料理の店を選びました。
「うらり」から道路を挟んで真ん前の「三崎館本店」です。

三崎館本館
***** 割烹旅館、創業明治四十一年という歴史 *****

三崎館本館ランチ
***** まぐろきっぷ専用?サービスランチ? *****

メバチの刺身、尾の身の天ぷら、腹皮の酢の物、酒盗
というシンプルな内容ですが、
天ぷらは下処理がよいのか生臭みが全くなく、揚げ方も最適です。
これは勉強になります。
酢の物や酒盗はビールの肴になりましたが、日本酒の方が良かったかな?
でも、この地域限定の横浜づくり一番搾りはフレッシュ感たっぷりで好みだなぁ。

このランチ以外にもたくさんコースがあるようだったので、
追加を払ってでも、もっといろんな料理がいただける方に変更したかった…

帰り際、帳場に年配の女将さんがいらっしゃったので、
自社のマグロ船のことを覚えているかと尋ねたら、
営業所がどこそこにあったとか、亡くなった先代のことも覚えてくれていて、
なんとなく自社の三崎における存在を確認できて嬉しく感じました。
機会があれば会社の仲間と一緒に泊まりでお邪魔したいものです。
(次はもう少し涼しい季節に・・・)

またバスに乗って油壷の温泉でゆっくりと汗を流して都内へ戻りました。

品川から三崎口の往復電車に現地でのバス乗り放題と、
マグロのランチに温泉までセットになって3060円はとてもお得でした!
京急は地域のために頑張ってますね。

コメント
No title
ちゅんごさん  今日は
流石に良いお食事ですね。私も海辺の割烹旅館が好きです。キザがなくて良いのです。
尾の身の天ぷら 食べたことがないですね。どんな感じかしら。
会社のこと覚えていて下さり、良かったですね。また行きたくなりますよね。
2015/07/23(木) 14:59 | URL | 相子 #-[ 編集]
相子さん
尾の身はスジが集まってる部位なので、
加熱してもパサつかず、カジキのような身質です。
大葉と一緒に揚げてあり、とても美味しくいただきました!

もう一度、ゆっくりと出かけてみたいです♪
2015/07/23(木) 17:46 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
徳島でのんびりと暮らしながら
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

若い頃から好きな料理に加えて
最近はランニングと山歩きが趣味かなぁ

子供たちが巣立ったので
夫婦と母親の3人暮らしですが
近くに住む娘が孫を連れて
遊びに来てくれるのが楽しみです

はじめて10年たったこのブログも
50半ばを過ぎて環境は変わりましたが
ぼちぼちと綴っていきたいと思います

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR