生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

恵比寿イタリアンagape casa manaka

折角、東北旅行の道中で東京まで来たのだからと、
3月に恵比寿へ移転オープンした真中シェフの新しいお店で、
食事をすることにしました。

昨年、奥さんと二人でブログ友達を訪ねる旅での、
マムチさんのライブの後で、白金の店に連れていきましたが、
今年から恵比寿に移転して2店舗体制で新しくなっています。
カジュアルなワインバーのbar italiano OSTERIA AGAPEの方へは、
2月の出張の折にひとりで遊びに行きましたが、
今回は2店舗目の本格的なコース料理を楽しめる
民家リストランテ「アガペ カーザ マナカ」で初めての食事です。

カーザ マナカ
***** 見落としそうな隠れ家のような入り口 *****

JR恵比寿駅の東口から真っ直ぐに歩いて8分ほどで着きました。
民家を改装してつくった店内は本当に隠れ家のようで、
なんだか落ち着きます。でも一人じゃ来れないかも…

店内
***** 小さな部屋が幾つかありしっとりした空間 *****

シェフのお任せディナーコースをいただきマス!

ヨモギ 
***** 生まれ来るグリーン *****

まずは季節のスープ、「えんどう豆のスープとヨモギのミスト」
えんどう豆のコクとヨモギの香りがとても自然にマッチしています。

前菜
***** 3つのエッセンスとフォカッチャ *****

続いて手前から
「サーモンと帆立のポーピエット、有機カポナータ添え」
「五穀米のサラダと仔鴨のファルス」
「赤パプリカのムース」
これぞリストランテアガペの味わいです♪
ショットグラスの中に描かれた味のハーモニーは
ちゅんごにとってのイタリア料理の原点なのです。
和食に通じる素材の魂を最大限に活かしきった
真中シェフならではのアンティパストミストです。

カプリ
***** 赤と白 *****

「静岡産フルーツトマトとピエモンテの生リコッタのカプリ」
トマトから溢れ出るスープがチーズと絡むと幸せ一杯になります。
思わず奥さんと目を合わせ、ただ頷き合うだけ・・・

インボルティーニ
***** 初夏の農村 *****

「甲州地鶏とウサギのインボルティーニと山形野菜の草むら仕立て」
シェフの説明によると、
「甲州赤鶏に1週間熟成をかけたウサギを詰め巻き込んで
低温でしっとりと火を入れたものに、
初夏の草むらをイメージして多彩な野菜と山菜を盛り込み、
エシャロットビネガーで香りを立てた料理。」

パスタ
***** 黄と青の浄化 *****

「卵黄と山菜のカルボナーラ、手打ちタリアテッレ」
山菜(こごみ?)の野性味を濃厚な卵黄で包み込んだ
深い味わいが太いもちもちした麺にしっかり絡みます。
ワインにとっても似合います♪

ラム
***** 穏やかな陽射し *****

「子羊の低温調理」
とても柔らかくてジューシーな焼き加減、奥さん絶賛です!

デザート
***** 爽やかな想い *****

デザートはさっぱりと「フレッシュハーブのトリコローレ」
エスプレッソでいただきました!

暫しの間、シェフと近況を語り合い、
来年の早春に吉野川の河原で「ノビル」を収穫したら
送ることを約束して店を後にしました。
今回も体の中からリフレッシュできて本当に満足です。
でも出張でひとりの時に気軽にってわけにはいかないですね。
その時には誰か付合ってくださいマセ(笑)

コメント
No title
最近、低温調理をよく見掛けます。
これ家庭でお手軽に出来ませんか?

今度 真空調理機の中に表面焼いた肉を放り込んでみようかしら。(笑
2014/05/31(土) 15:06 | URL | いその爺 #-[ 編集]
No title
ほんと、どれも美味しそう!
イタリア料理と日本の新鮮な食材がマッチして見てるだけでも涎がでそう(笑)
それに家ではこんなに沢山出来ないですからね

東京へちょくちょく遊びに行く機会があっても、なかなかお店に行けません
そのうち、もう一泊して晩御飯はアガペへって、そんな夢を持っております。
2014/05/31(土) 16:17 | URL | メタボ夫婦 #-[ 編集]
いその爺さん
最近は炊飯器でローストビーフをつくられる方がいるようですね。
焼いた後、脱気が綺麗にできれば、
70~80℃の湯と肉を炊飯器に入れて保温で40~50分ほど調理して、
取り出してから保温時間と同じぐらい寝かせるとできるみたいですが、
やったことありません…
鴨の旨煮をつくる時は、こんがりと焼いて脂を落としてから、
小さな寸胴に煮汁と一緒に入れて、
それを80℃ぐらいで湯煎してつくっています。
一晩寝かさないと美味しくなりませんが…
どちらにしても手間はかかりますね~(笑)

ところで、家に真空調理機があるんですか?
2014/05/31(土) 17:56 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
メタボ会長
最近はカジュアルにアラカルトでいただいてたのですが、
久し振りにコースを食べることができて幸せでした!

是非、奥さんをお連れになってください。
きっと、よろこばれますよ~
2014/05/31(土) 18:01 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
No title
ちゅんごさん  今晩は
素晴らしいの一言です。
こういう時には若いと良いな~と思いますよ。
どれもこれも目に優しく映りました。
2014/05/31(土) 22:41 | URL | 相子 #-[ 編集]
No title
ごめんなさい! 真空ぢゃ無くて…
シャトルなんとかと言う、保温調理出来る鍋です。m(__)m
これ確かに柔らかく煮込むには良いのですが、味が染み込まない気がしてます。

こいつに、表面を焼いた肉塊と保温性の高い何かを一緒に入れて…
上手に焼けないかしら?
何だか蒸しモノになりそうで恐いです。(笑
2014/05/31(土) 22:53 | URL | いその爺 #-[ 編集]
相子さん
おはようございます!

今回は持ち帰れる品書を添えてあったので
わりとはっきりと料理のことを書くことができました♪
相子さんにも一度は召し上がっていただきたい味です。
2014/06/01(日) 09:29 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
いその爺さん
あっ、真空保温調理器ですね!
スタートの温度が上手に調整すればできるかもしれませんね~
失敗すれば完全に火が通ってしまいそう…
炊飯器は蛋白質が固まるギリギリの70℃に保つことが簡単なんで楽かも?
2014/06/01(日) 09:38 | URL | ちゅんご #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
徳島でのんびりと暮らしながら
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

若い頃から好きな料理に加えて
最近はランニングと山歩きが趣味かなぁ

子供たちが巣立ったので
夫婦と母親の3人暮らしですが
近くに住む娘が孫を連れて
遊びに来てくれるのが楽しみです

はじめて10年たったこのブログも
50半ばを過ぎて環境は変わりましたが
ぼちぼちと綴っていきたいと思います

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR