生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

赤帽子山

2019年7月7日

中尾山(なこやま)高原キャンプ場から赤帽子山へ歩いてきました。
神山経由のアクセスは先日の大雨で通行止めになってるとのことで、
美馬市の穴吹川沿いからのルートにしました。

このキャンプ場は20年ほど前に剣山へ登った帰りに利用したことがあります。
当時はまだファミリーキャンプをする方が多く、結構な賑わいでしたが、
最近はどうなんだろう、、、

グラススキー場の下の登山口駐車場に車を止めて出発。
ここはトイレも休憩所もあって登山口としては最高かな?
もちろん無料。登山口の標高はすでに1070mあります。

グラススキー場の脇をひたすら歩くと植林帯へ出ます。

針葉樹の森

梅雨の中休みのような天気で、曇り空ですが雨の心配はないようです。
杉林も適度に間伐されていて、圧迫感がなくいい雰囲気の遊歩道。

苔

湿気が多いためか苔がとても元気です。

中尾山近くの展望台跡(標高1340m)からは稜線になり、
広葉樹の森の中を歩きます。

広葉樹の尾根

ヒンヤリとした木陰の中を歩くので汗もさほどでません。
マイナスイオンに包まれて?とても気持ちよく歩けます。

適度なアップダウンを繰り返すのですが、
石には細かな苔が生えており、ちょっとした下りで奥さんが滑って尻餅を。
ちょうど露出している石にお尻を打ち付けたようで、かなり痛そう。
歩行には支障がないようなのでそのまま進むことにします。

笹原道

スタートしてから1時間半で標高1500mを越えると笹原になりました。
目の前を鹿が横切って走り去りましたが、
一瞬のことで、写真を撮る時間はありません。早いなあ~

赤帽子山山頂

気持ちの良い笹原を20分ほど歩くと赤帽子山の山頂に到着。
南側の剣山方面の眺望を楽しみにしていましたが、
ガスが途切れることなく南側はほとんど何も見えないままでした…
後で剣山方面のレポートを見ると赤帽子山は雲海の中だったようです。

おやつ休憩

北側は時折、ガスが切れるんだけど…

登山口で補給したおむすびのお陰で、お腹に余裕があるので、
おやつとコーヒーだけで下山することにしました。

広葉樹の帰り道

苔むす足元に注意しながら下っていきます。
この広葉樹の尾根は本当に気持ちいい!
紅葉の季節にもう一度歩いてみたいものです。
すっかりお気に入りのスポットになってしまいました。

中尾山にも寄り道して、もともとは森林公園だった森を下りましたが、
森は荒れていて、ルートが定かでないところがたくさんあり、
GPSをたよりに正規のルートまで戻ることができました。
中尾山からは展望台跡まで引き返すのがよいようです。

グラススキー場

グラススキー場まで帰って来ると、数人が楽しそうに滑っていました。

ランチタイム

登山口の休憩所でランチタイム。
大きなテーブルでゆったりと食事を楽しみました。

帰り道、汗を流そうと大桜温泉に立ち寄ると、
神山ルートが通れるようになったとの情報をいただいたので、
川井峠越えで徳島市内まで帰って来ました。
穴吹ルートより20分ぐらい早かったかなぁ。

今回のルートはこちら→
中尾山高原から赤帽子山


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

苔むす山犬嶽

2019年6月27日

平年より21日も遅れて6月26日に梅雨入り宣言された徳島です。
その翌日、葉っぱビジネスで有名な?上勝町の山犬嶽へ行ってきました。
雨予報でしたが、本降りではなさそうなので、
中腹にある苔の森を周遊して帰って来るつもりでしたが、
霧雨程度だったので、頂上まで行くことができました。

登山口近辺は道路が狭く、駐車場も無いので、
2kmほど手前の登山者用駐車場(標高約500m)に置いて、
舗装路を30分、標高差200mを歩きます。

途中には樫原の棚田のある日本の原風景を眺めながら、、、

棚田1
***** 国の重要文化的景観 *****

棚田2
***** 日本の棚田100選 *****

曇り空ですが、舗装路の上り坂は汗が噴き出てきます。

紫陽花
***** ガクアジサイが見頃 *****

登山口
***** ネットの入り口を開けて入山します *****

山道に入ると一気に涼しい空気に包まれて気持ちよく歩けます。

森のベット
***** 森のベット *****

針葉樹の森では杉を間伐した休憩所ができています。
木に寝っころがって休むと気持ちいいでしょうね。
ランチタイムにはピッタリかなぁ~

歩きやすい遊歩道をしばらく進むと苔の森に到着です。
この辺りは広葉樹の原生林と苔むす岩がゴロゴロしていて、
空気もヒヤッとしています。


苔の森

面積は定かではありませんが、
いわゆる東京ドームぐらいの広さがあるかもしれません。
しばらく苔を堪能してから山頂を目指します。


東光寺休憩所
***** 標高約900m山頂直下の東光寺休憩所 *****

突然の雨は凌ぐことができそう♪
ここから標高差約100mほど登ると山頂です。


山犬嶽山頂
***** 犬山嶽山頂997m *****

眺望はありませんが広々とした山頂で、天気が良ければ食事休憩ができそう。
さらに5分ほど西へ下って登り返すと西峰に到着。
ここからは南側の眺望がありますがガスでほとんど見えませんでした。
というか、ピークの足場がざれていて今にも崩れそうな怖いところ。
真下を覗くと100mほど垂直の崖だから足がすくみます。
そうそうに立ち去りました…


西峰
***** 西峰から一瞬だけ里が見えました *****

苔の森周辺まで引き返し、石鎚神社の鎖を登って祠にお参り。

鎖場
***** 石鎚神社の鎖場 *****

石鎚神社
***** 鎖を登ると苔むす石鎚神社の祠 *****

この辺りは巨岩が連なり、岩をくぐったりするルートになっています。

金比羅さん
***** 岩屋には金比羅さんが *****

巨岩信仰の場をたっぷり楽しんで登山口まで帰り、
樫原の棚田を見下ろせる休憩所でランチにしました。
が、駐車場までの舗装路歩きは趣きが無いかなぁ~

今回のルート詳細地図はこちら→
★犬山嶽



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

大川原高原の紫陽花

2019年6月23日

もう10日も前になりますが、徳島市と神山町の間にある
佐那河内村の大川原高原へ紫陽花を観に行ってきました。

まだ3分咲きぐらいで、7月7日のあじさい祭りに向けて、
たくさんの地元の方々が、草刈りなどの準備で忙しそうでした。

紫陽花
***** 7月7日には見ごろになりそうです *****

紫陽花と風車
***** 紫陽花と風車 *****

大川原高原一帯は、風力発電の風車がいくつも設置されており、
ビュンビュンと風切る音が響いてます。
標高が900mありますので、肌寒いぐらいの体感です。
あいにくの天気で展望がありませんが、天気が良ければ、
徳島市内や紀伊水道が箱庭のように見えるんだけど…

周辺にはハイキングコースがたくさんありますので、
近くの旭ヶ丸や高鉾山へ足を延ばしました。

どれも1000m級の山々ですが、駐車場がすでに900mですから、
標高差はほとんどないので散歩感覚で山登りができます。


大川原生活環境保全林
***** 巨岩と広葉樹と花々が癒してくれる森 *****

旭ヶ丸
***** 旭ヶ丸1020m山頂 *****

散歩感覚って言っても、山は山なので、
しっかりとした登山の装備はしておいた方が良いでしょう。
分岐が多いので地図はもちろん、
スマホのGPSアプリがあると現在地の確認ができて役に立ちます。
ちゅんごは最近、YAMAPの地図をダウンロードして持ち歩いています。
このアプリで山歩き中のデータを記録することもできますので、
公開することにより、他のメンバーの方々への情報にもなるので、
はじめて登る山の安全性が高まると思います。
ちゅんごも登山の計画を立てるときにはいつも参考にさせてもらっています。
例えば、この大川原高原周辺を歩いた記録はこちら→


大川原高原から西へと延びる稜線上には、新たな風車の建設が始まっており、
今回歩いた高鉾山本峰と南高鉾山の間には林道の拡張工事と、
稜線までアクセスする新しい道路で山の木々が無残なことになっていました。

林道工事

重機

風車の建設には大型車両の通行が不可欠ですから、
従来の林道より、大幅な自然の犠牲が強いられるようです。
エコだとされる風力発電だけど、どうなんだろう???
なんだか、モヤモヤします…



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
徳島でのんびりと暮らしながら
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

若い頃から好きな料理に加えて
最近はランニングと山歩きが趣味かなぁ

子供たちが巣立ったので
夫婦と母親の3人暮らしですが
近くに住む娘が孫を連れて
遊びに来てくれるのが楽しみです

はじめて10年たったこのブログも
50半ばを過ぎて環境は変わりましたが
ぼちぼちと綴っていきたいと思います

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR