生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

連休前半の「岳人の森」

2017年4月29日

大型連休の前半は徳島県神山町の「岳人の森」
山の自然を楽しんできました。

山岳植物園内の「囲炉裏小屋」をとっていたので、
キャンプじゃないから準備も楽です。
といっても娘夫婦も同行なので、いつもとは違う打ち合わせに
手間取りましたが・・・

岳人の森に到着してすぐに「砥石権現」へ山歩き開始。
娘たちは普段に山歩きをしていないので、
すぐに息が切れるようで、休憩してる時間の方が長いんじゃない!
って、ぐらいのスピードでしたから、いつもの倍の時間がかかりました。

カタクリの花

カマダキ山に近づくとカタクリの花がたくさん咲いています。
今年は例年よりとても多く、これも時間がかかった原因かな?

歩きたくないと駄々をこねる娘を旦那さんが引っ張って、
とりあえず山頂で記念写真を撮り、
折り返してアケボノツツジのポイントで昼食にしました。
アケボノツツジの開花はまだで、登山者もまったく見当たりません。
みなさんよく御存じのようで・・・

お休み台
***** 砥石権現近くのお休み台にて *****

往復5時間ほどかけて下山し、囲炉裏小屋へ荷物を搬入して、
山岳植物園の散策に出かけますが、
娘夫婦は足を痛めたようで、引きずるような足取りだから、
早々に夕食の準備で炭火を熾しました。
10人以上泊まれる小屋を贅沢にも4人で貸切にしていただきマス。

囲炉裏小屋としゃくなげ小屋
***** 手前が囲炉裏小屋、奥がシャクナゲ小屋 *****

車を横付けできるので楽ちん♪

囲炉裏小屋
***** 囲炉裏小屋の囲炉裏、長さ2m以上ある *****

囲炉裏小屋の隣には「シャクナゲ小屋」があり、
4人で卓球に盛り上がり、風呂をいただきました。
足は痛くても卓球はできるようで・・・

囲炉裏

夕食は色々な焼物。
炭遊びの好きな旦那さんに囲炉裏の炭のお守りをしてもらいながら、
ゆっくりと時間をかけていただきました。
鍋もする予定でしたが、お腹いっぱいになったのでパス。
ちゅんごは早々にシュラフに潜り込んで、いつものように瞬間爆睡(笑)
あとの3人はまた卓球に出かけたとか・・・


翌朝は食事の前後に山岳植物園内を散歩しました。
ちょうど「シコクカッコソウ」が満開です。

シコクカッコソウ畑
***** 絶滅危惧種シコクカッコソウの群生地 *****

カッコソウピンク カッコソウ赤

カッコソウ白
***** シコクカッコソウ色々 *****

ミツバツツジが綺麗でしたが、
シャクナゲはちらほらと咲きかけていましたが、
ピークはまだまだのようです。

ミツバツツジ
***** ミツバツツジ *****

シャクナゲ
***** シャクナゲ *****

シャクナゲが満開の時期の賑わいはないけど、
園内には色とりどりの花が咲いています。

八重山吹
***** 八重山吹 *****

ヤマシャクヤク
***** ヤマシャクヤク *****

スミレの仲間
***** 色の濃いすみれ *****

ヒメシャガの森
***** ヒメシャガはまだ *****

ヒメシャラの新緑の足元にはヒメシャガが群生してるけど、
まだつぼみも見当たりません・・・
でもこの森はいつ来ても癒されるなぁ~

しゃぶしゃぶ?
***** 朝食は昨夜食べ損ねたシャブシャブ *****

帰り際には岳人の森の観月茶屋で早い昼食。
この4人、食べることには目が無いので。

そば定食 すだち鶏天
***** 田舎そば定食とすだち鶏天 *****

わらび餅
***** いつも美味しい「わらび餅」 *****

みつる料理長、いつもご馳走様です!


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

石鎚山

もうすぐ5月も終わりだと言うのに
連休の出来事がまだアップできていません…

前半は徳島県神山町の「岳人の森」をベースに
「砥石権現」へ登山し、
岳人の森の「囲炉裏小屋」で宿泊。

後半は愛媛県にある西日本の最高峰「石鎚山」へ登山して
下山後は登り口にある温泉の駐車場で車中泊。
帰り路に香川県の「こんぴらさん」を参拝。
と、四国から出ることなく、あまりお金をかけずに近場で遊んでいました。


2017年5月3日

徳島道と松山道を乗り継いで石鎚山登山の表参道、
ロープウェイ乗り場近くの石鎚山温泉(京屋旅館)の有料駐車場に車を止めて出発。
ロープウェイは10分ほどで標高400mから1300mまで一気にワープします。
緩やかな道を25分ほど歩くと標高1400mにある石鎚神社中宮成就社へ到着。
参拝して、旅館がやってる休憩所で登山届を提出。

成就社山門

この山門をくぐり、八丁坂といわれる約1kmの緩やかな下り。
そして今度は登りになり、木製の階段が延々と続きます。
この間伐材で作られた階段がけっこうキツイ!
途中で「試しの鎖場」がありましたが、
先は長いので体力を温存して捲き道を進み「一軒茶屋」へ到着。
成就社の山門から1時間かかりました。

一軒茶屋

歩幅のちぐはぐな階段が延々と続き、
奥さんはすでにかなり疲れたようで、冷やしあめ湯を飲んで
体力回復?に努めていました。
ここからは傾斜はきつくなくて息も上がることなく「一の鎖場」に到着。
この鎖場は27mしかないので挑戦。
そんなに高度感もなくあっという間に登り切りました。

一の鎖場
***** 一の鎖場を登り切ったところ *****

この先のエコトイレのある休憩所でしばらく休み
危険だと噂の高い二の鎖、三の鎖はパスして山頂へ向かいます。

雪
***** エコトイレの裏には雪が残っていました *****

二の鎖と三の鎖をパスする捲き道はスチール製の階段がほとんど。
これを登り切るとようやく山頂に着きました。
休憩を含めロープウェイを降りてから3時間の道のりでした。

弥山山頂
***** 頂上到着 *****

でもここは本当の山頂ではなく弥山(1972m)です。
たくさんの方がお昼休憩をとっていました。

天狗岳1982
***** 弥山の目の前に切り立った天狗岳 *****

この天狗岳が石鎚山最高峰1982mです。
弥山からは10分ほどで行けるようですが、
山頂はガスに包まれて展望も望めないし、
なんせ風がとっても強くてさむ~い!
今回は天狗岳もパスして山頂小屋へ逃げ込みました。

暖かな小屋でおでんをいただきながら持参したおむすびをほおばり、
体も温まってきたところで下山開始。

金属の階段を下りながらエコトイレのところまで帰ってきたら、
体力も回復してきたので、せっかくだからと、
二の鎖場に挑戦することにしました。下ってきたのにまた登ります。

ニノ鎖場
***** 二の鎖場登り口 *****

カメラをザックに仕舞い、鎖を登り始めると、
若い女性たちが途中で登れなくなり立ち往生してたりします。
奥さんを前に行かせましたが、途中で足がかりのない岩があり、
足を滑らせてくるので後ろから登山靴を支えてあげて、
なんとか60mの岩場を登り切りました。
腕の力だけでクリアしないといけない場所があるので、
ザックを背負ってると結構な体力を消耗します。

鎖場を登る人
***** 三の鎖場を登る人 *****

三の鎖はもっと体力がいりそうなので見上げるだけにしておきました。

またロープウェイに乗って駐車場まで戻ってきたのは5時。
上り下りの長い階段で足がパンパンになってます。
旅館の食堂で食事をして日帰り温泉に入りました。
宿泊者以外の入浴は午後6時までなのでゆっくりはできませんでしたが・・・

2日分の駐車料金を払ってあるので駐車場で車中泊しました。

プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR