生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

小豆島☆お買い物ツアー②

さて次のお買い物は、タケサン記念館「一徳庵」です。

小豆島醤油加工品で有名な「タケサン」さんとは、
仕事上のパートナーとしても古いお付き合いで、お世話になっています。
社長さん自ら、商品づくりについての熱い思いを語っていただきました!

タケサン記念館

この記念館の売り場には数えきれないほどの
佃煮や醤油、つゆ、ドレッシングなどが並んでおり、
思わず、あれやこれやとたくさん買ってしまいました。
旅行でこんなにたくさん買い物したのははじめてかもしれません…

タケサン生醤油

ディップソース

恥ずかしいほど買い物したので、買ったものの画像はなしです。

またバスに乗って5分ほどで「二十四の瞳映画村」に到着。
1987年、田中裕子さん主演の映画ロケセットをメインに
映画館や原作者の壺井栄文学館があります。
大正や昭和の古き良き街並みも再現されており、
映画の世界へタイムスリップしたような錯覚に陥ってしまいました。

学校 うどん屋
***** 岬の分教場「苗羽小学校田浦分校」と麺処「蔵」 *****

駄菓子屋 マルキン醤油看板
***** 駄菓子屋とレトロな看板のある路地 *****

小降りの雨の中でしたが、ゆったりとした時間を過ごすことができました。
また今回も、良い思い出ができ、幹事さんありがとうございました。m(__)m

帰りのフェリー

池田港から小豆島を離れるときには、すっかり薄暗くなっていましたが、
帰りのフェリーの中でも子供たちは元気ではしゃぎまわっていました。
おじいさんは少しだけ疲れてしまったかな。


小豆島☆お買い物ツアー①

昨日は会社の研修旅行で、お隣香川県の小豆島へ行ってきました。
徳島から高松港まではバスで1時間半ぐらい。
朝っぱらからビールなどをいただいてると、あっという間に着きます。

高松港
***** 高松港よりフリーで約1時間  *****

前線の通過で荒れた天気が予想されていましたが、
なんとか曇りでもってくれてます。

屋島
***** 出航してすぐに源平の合戦で有名な屋島が  *****

雨は降っていませんが、海上の水分は多いようで、
屋島が見え隠れしています。

瀬戸の島々
***** 瀬戸内海の島々 *****

それでもPM2.5や黄砂の影響はなく遠くの島々まで、
墨絵のように綺麗に見えます。
瀬戸大橋からの眺めと違って、船から見る水平の景色もいいものです。

フェリーにて
***** 子供たちも嬉しそう *****

短い船旅ですが、子供たちは大はしゃぎです。
ちゅんごが子供の頃は、本州へ渡るのにフェリーは必須でしたが、
四国が橋で結ばれてからは、船に乗る機会も少なくなりました。
最近の子供はフェリーが珍しいようですね。

追うカモメ
***** 子供の投げるお菓子を求めてカモメが *****

出航して間もなくするとたくさんのカモメが追いかけてきます。
フェリーから餌をもらえるのを心得てるんですね。

ポッキー
***** 空中で器用にお菓子をキャッチします *****

海はとても凪いでいて、揺れることも無く土生港へ到着しました。
まだ11時過ぎですが、なんともうランチタイムです。

オリビアン小豆島ランチ
***** オリンピア小豆島のランチ *****

今どきの女性受けしそうな洋風ランチでした。
折角、景色の良い立地なのに遮蔽された宴会場でのランチは、ちょっと残念・・・

食事の後は10分ほどバスに乗って「道の駅小豆島オリーブ公園」へ移動です。
今回の旅行はお土産物の視察をメインにしており、
自社の商品開発のヒントを探りたいと思っています。
だから、、、買い物ばかりのツアーなんです・・・

道の駅小豆島オリーブ公園
***** 小豆島の名産オリーブでつくったものがたくさん *****

オリーブオイルはもちろん様々な加工食品が並んでいます。
もちろんコスメ商品も充実していて買い物に目移りします。
公園内は色んな施設があり、食後の散歩にもピッタリです。

さて、またバスで10分ほど移動して、
昔ながらの醤油製造を見学です。

金両醤油
***** 金両醤油 *****

国の登録文化財に指定されている醤油蔵を見学させていただきます。

醤油蔵
***** 杉桶の並ぶ屋根裏の醤油蔵 *****

中に入ると、何ともいえない醤油酵母の香りが充満しており、
醤油の呼吸や体温を感じるほどです。

金両醤油圧搾機
***** 醤油を絞る機械 *****

小麦と大豆に塩を加えてじっくりと発酵させて絞るだけ。
このシンプルだけど気の遠くなるような時間をかけた
醤油づくりにしか醸し出せない奥深い味があるのでしょうね。

またバスに乗って移動します。
長くなったので後半はまた後日。

野草でカレー

先日収穫した菜の花の消費に苦労してます・・・
あまりにたくさん採ってきたものだから、
お浸しや和え物では減っていかないので、あれやこれやと使ってます。

菜の花採集の帰りに寄った、いつもは行かない郊外のスーパーの
産直コーナーで見つけて買ってきたセロリは、2株入りで300円。
2本じゃないですよ、2株です。

葉っぱを捨てるのはもったいないので、
いつもは冷凍ストックしておき、カレーをつくるときに
フープロにかけて細かくして加えてます。

今回は大量に葉っぱがあったので、冷凍庫に入りきらないから、
そのまま家にある食材でカレーをつくりました。
奥さんが肉詰めピーマン用に買っていた合挽き肉を横取りして・・・

アブラナキーマカレー
***** アブラナとゆで卵の白隠元キーマカレー *****

カラシナキーマカレー
***** 焼カラシナと目玉焼きのミルクキーマカレー *****

アブラナはさっと茹でただけで甘みがでて美味しいのですが、
カラシナは少しクセがあるので、
オリーブ油を引いたフライパンで焼き目がつくように火を通しました。
どちらも野性味のある味で美味しくいただきました♪

セロリの茎の消費にも頑張らないと・・・

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

菜の花とスモークサーモンの押し鮨

菜の花の季節に作ってみたいものがありました。
それは押し鮨です。
ひな祭りの食材として欠かせない菜の花ですが、
娘の節句にはにぎり寿司か、おばあちゃんのちらし鮨ばかりで
押し鮨を作ったことはありませんでした。
と言うより、押し型が無かったのです。

何ヶ月か前に道の駅で木製のいい感じのを見つけて買ってたのですが、
どうも、鮨は握りばかりで登場する機会がなく、
台所の引き出しに仕舞いっぱなしになってました。

昨日の日曜日は曇り空ですが、そう寒くもなかったので、
吉野川第十堰近くの河原へ菜の花採りに出かけました。
いつもは行かない場所を散策してると、とってもいい場所を見つけたのです。

第十堰河原

第十堰畑

アブラナやカラシナの大きな株が至る所にあり、
人の背丈以上に伸びて花を咲かせています。
収穫するつぼみはちょうど採りやすい位置にあり、
探すこともなく採り放題で、収穫用の紙袋がすぐに一杯になりました!
奥さんはアブラナ、ちゅんごはカラシナを摘みました。
はじめから別けておくと、家に帰ってから楽だから。

後から来た、ふたりのおじさんも採っていたので、
きっとここは、この辺りでは知れた場所なんでしょうね。

菜の花鮨
***** 押し過ぎたのは嫌なのでふわっとネ *****

底に会社で買ってきたスモークサーモンを切れ目なく敷き、
鮨飯を軽く乗せて、その上に塩湯通ししたアブラナをたくさん置きます。
最後に胡麻入りの寿司飯を入れて、押して出来上がりです。

ところが押し板と木枠の寸法が悪く、押し板が競って落ちないのです。
なんとかチカラづくで押しましたが、疲れました…
おじいちゃんにカンナで削ってもらわないと。

スモークサーモンと菜の花の相性はバッチリで、
味の方は好評でした♪


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

菜の花料理☆いろいろ

先日の休日も天気が良く、
吉野川の第十堰近辺の河川敷へ野草摘みに出かけました。
ハコベやナズナにはまだ早い感じでしたが、
菜の花(セイヨウアブラナ)が、綺麗に咲いていました。

食べごろのつぼみもたくさんあり、
あっという間に収穫袋が一杯になりました!
でも、菜の花以外は目ぼしいものが無く、
いつもの河原へ移動して、野蒜をたくさん採りました。
実は、親しい料理人さんへ野蒜を届ける約束をしていたのです。
野蒜だけじゃ寂しいので他にもいろいろと送れればいいなと、
思っていたのですが、結局は菜の花とカラシナだけになりました。

急いで帰って荷造りして宅配便で送りましたが、
昼時はとっくに過ぎており、遅いランチはパスタにしました。

菜の花パスタ
***** 菜の花とベーコンのペペロンチーノ *****

採ってきたばかりの菜の花は、
とても柔らかく苦味もまわってないので、
さっと仕上げに加えるだけで美味しくなります♪
パスタに最高の野草かなぁ。

アオリ炒め
***** アオリイカと菜の花のバター炒め *****

夜はイカと炒め物にしました。
お客さんのお寿司屋さんで捨てられそうになっていた、
アオリイカのミミが冷蔵庫にあったのです。
大きなイカだったので一杯分でもタップリあります。
どちらもタダの食材ですが、春らしい一品になりました。

ホタルイカ酢味噌
***** 菜の花とホタルイカの酢味噌和え *****

翌日の晩酌に、奥さんが酢味噌和えを作ってくれました!
これもこの季節には必ず食べたいメニューです。

菜の花はシンプルな料理が似合います♪

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR