生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

ジンギスカン鍋のアレンジ

北海道から「松尾のジンギスカン 味付きラム肉」をいただきました。
いくつかあったので最初は説明書き通りにつくりましたが、少し甘い・・・

で、今回は味を変えてスープタップリの本当の鍋にした。

ラム肉
***** 鉄鍋で味付き肉と玉葱を煮ます *****

これに、出汁と味噌・酒粕・麺つゆでつくったスープを加え、
白菜やきのこ、もやし、ブロッコリーなどの野菜と豆腐、
サーモンや冷凍庫に眠っていた伊勢えびを入れて完成です。

鍋
***** 予想通り美味しいスープになりました♪ *****

煮過ぎたラム肉は味が抜けてしまったけど、
伊勢えびの出汁と漬けだれが野菜をとっても美味しくしてくれてます。
〆は「サリ麺」で!
北海道の方に叱られそうな変な鍋になりました。

しばらく旅にでるので、冷蔵庫のあるもので鍋にしましたが、
思いのほか美味しくできました!


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村


自宅が小料理屋

今年の春から専業主婦を楽しんでいる奥さん。
勤めていた職場がハードだったので、
何かから一気に解放されたかのように主婦業に没頭してます♪

夕方になると、ちゅんごが帰ってくるのが待ち遠しいようで、
  (なにバカ言ってんのって、誰か言いましたぁ?)
次から次へと肴を出してくれます。
毎晩、小料理屋の女将さんのところへ帰って来るようです。
変わった料理や高いものは出てきませんが、
ごく普通の家庭料理を手間ひまかけて作ってあります。

ポテサラ
***** ポテサラは、奥さんのが一番口に合います *****

さくらんぼの塩漬けは山形で買ってきたもの。
芋はキタアカリ、玉ねぎと芥子のピリッときいたのが好きです。

サーモン
***** サーモンの田舎味噌漬け(仕込みはちゅんごです) *****

本当はこの2つの肴の間にトンカツをいただきました。
毎晩結構、食べるんですよ♪
他にも何品か出してくれたのですが、酔っ払うと写真は撮りません。
手振れ補正がついてないんです。


おかげ様?で最近は呑みに出かけることが
すっかり少なくなりました・・・ 営業不足に陥りそう。

朝日爆発

眩しい朝日に向かって通勤する季節になりました!


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

空港の夕焼けと感性

30代の後半、中間管理職だったころ、
血気盛んで「俺が俺が」とシゴトして、仕事をしているつもりだった。
何をやっても誰にも負けないと思いあがっていたのかもしれない。

そんなころ会社のトップは、ある勉強の機会をくださった。
それが芳村思風先生の「感性論哲学」でした。
ひとが生きる意味と幸せな生き方を教えてくれたのです。
それから夢中で感性論を学びます。

空港の夕焼け

感じる力を、高く、深く、広くしたいと願うようになりました。
それは周りを幸せにする力だからです。



芳村思風「感性論哲学」のホームページより

「助け合って生きるための学問」

誰も、この苦しみを、気持ちを、わかってくれない。
誰も俺の事を本当にはわかってくれない。
この思いは、誰の胸にも、死ぬまで付きまとうものである。
人間は、本質的に、根元的に、
誰でも、皆、さみしいのである。孤独なのである。
しかし、また、人間は、
この誰にも理解されない心を抱えて
人と共に生きて行かなければならない存在である。
そこで、人間は、人と共に生きる為に
人に語りかけ、話し合い、理解し合えるように努力するのである。
いや、努力しなければならないのである。
なぜなら、みんな同じ人間であるからだ。
この、孤独である人間が互いに理解し合おうとし、
その為に、全人類に共通する真実を求め、
それを手がかりに助け合って生きようとする努力、
これこそが他ならぬ哲学なのである。
主義主張で対立する事が哲学なのではない。



徳島の鱧湯引き☆梅すだちソース

徳島は鱧の産地として関西では知られています。
鱧は生命力が強く、活魚車のなかった時代から、
生きたまま京都まで運ぶことができたので、
貴重な新鮮な海の幸として重宝され、京料理にとりいれられたのでしょう。

梅雨時期に雨がたくさん降って、山の栄養分が流れ込んだら
小魚が増え、それを食べた鱧が良く肥えて旬を迎えると言われます。
その鱧も盛夏に産卵を終えて一旦痩せ、またこれから美味しくなります。

徳島のスーパーには機械で骨切りした鱧が並んでいますので、
3cmほどにぶつ切りにしてさっと湯通しして冷水でしめるだけで
簡単に肴になります。
料理屋さんでいただくように活きも良くないし、
サイズの小さい雄鱧でしょうから脂肪分も旨味もそれほどでもありません。
でもそれなりに好きです♪

鱧湯引
***** 茹でたてじゃないので少し固まってますが・・・ *****

居酒屋さんなどでは市販の梅肉を添えるだけで出すところもあります。
それでは、梅の味が濃すぎて鱧の味が弱くなってしまいます。
奥さんのつくるタレは梅干しを叩いて薄い出汁醤油とオリーブ油で延ばし、
すだちの皮を刻んで混ぜ込んであります。
上品な鱧の味とマッチしてとても美味しいのです♪

もう少し水温が下がって脂がのってきたら鍋も楽しみですね。
真冬には深場へ移動するのか、見かけなくなりますので、
早めに食べとかないと!


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村


秋刀魚の骨で南蛮漬け

この秋は休みごとに秋刀魚を楽しんでます!
海が荒れてることが多くて地魚が少ないんですよね~
今日も台風19号の影響で家に引きこもってます・・・

その秋刀魚を丸ごと料理すればいいのでしょうけど、
刺身にするとどうしても食べられる残飯が出ますよね。
中骨や腹骨は唐揚げにしているのですが、
南蛮漬けにしておくと後々の肴に重宝します。

秋刀魚刺身 秋刀魚丼
***** いつか食べた刺身と丼 *****

南蛮仕込
***** 2~3日漬けておくと食べ頃です *****

秋刀魚南蛮漬け
***** 秋刀魚の骨の南蛮漬け *****

ちょっと貧乏くさいけど立派な一品になりました。
すだちと一緒にいただきマス!


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村


プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR