生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

すずき鍋

「すずき」と言えば夏が旬のイメージがありますが、
このところ市場にはたくさん並んでいます。
魚に詳しい方に言わせると、表の旬と裏の旬があるとか、
夏に美味しい魚は冬でも旨いとか…

先日、近所のスーパーにも鮮度の良い手ごろなサイズの
すずきの子、「セイゴ」が安く売ってたので買ってきました。
刺身に取りやすい部分は昆布〆にして寿司に握ったり、
薄造りで肴にしましたが、アラは鍋にしました。

にぎり アラ

アラは薄く塩を振り、10分ほど寝かせてから、
熱湯をさっとくぐらせ、冷水にとって鱗などを掃除します。

すずき鍋

野菜と豆腐と牡蠣と一緒に「魚ちり」にしました。
シンプルだけど、何とも言えないアラからの出汁が良くて、
鍋の原点のような味になりました♪
なるほど、夏のウマい魚は冬でも旨い…か。

こういう時は焼酎じゃなくて日本酒がいいですね~

西條鶴

広島の友人が年末に送ってくれた「西條鶴」旨い!


にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ


田宮の超人気焼鳥屋「番頭」

ちゅんごの住む町には田宮街道が広くなって
賑わいを見せる前から30年近く続く、焼鳥の名店があります。

家から歩いてほんの数分だから気軽に散歩気分で行けるのですが、
なんせ人気があるから座れないことを覚悟して店をのぞきます。

店

実は10分ほど前に空席の確認を電話でしたのですが、
その時には満席だから待って欲しいとのことだったのです。
だめもとで暖簾をくぐるとちょうどテーブル席が空いたばかり!

天井

運良く座ることができましたが、カウンターも座敷もテーブル席も満員です。
炭火焼の煙と店内の賑やかな装飾、元気なマスターの挨拶。
それにお客さんたちの楽しそうな笑い声で店中が活気に溢れています。
この雰囲気がたまらない!焼鳥屋はこうでなくちゃね。

晩ご飯を済ませた後だったので軽く食べるつもりが、
雰囲気につられていろいろと注文してしまいます…

たたき しそ巻
***** まずはたたきとしそ巻 *****

ネック こころ
***** ネックとこころ *****

皮 肉ピーマン
***** 皮と肉詰めピーマン *****

軟骨 手羽先
***** 軟骨と手羽先 *****

はらぺこで来た時にはしめに焼おにぎりを頼むのですが、
今夜は満腹で食べられません…

焼鳥以外にも串揚げや魚介類の焼き物などサイドメニューも豊富で、
ご飯ものやドリンクの種類も多いから、家族連れや近所の常連さんで
いつもいっぱいなんでしょうね。

我が家の子供たちも、この味で焼鳥に慣れてますから、
焼鳥と言えば「番頭」と返ってくるぐらいに脳裏にすり込まれています。

街中へ行けば焼鳥専門店は数えきれないほどありますが、
近場で安くて美味しい店があれば、皆ここで満足してしまいます。
近くに大手の焼鳥チェーンが進出してますが、
田宮で不動のナンバーワンはやっぱり「番頭」かな?


【番頭】
徳島市南田宮2丁目1-78
TEL 088-631-9408
17:00-24:00(LO23:30)
定休日:水曜日


にほんブログ村 徳島の街情報へ


すし処「たち吉」

昨夜は徳島市内中心部で毎年正月の9日から11日まで行われている
「えべっさん」と呼ばれるえびす祭りに行ってきました。
通町の事代主(ことしろぬし)神社周辺は阿波踊りに次いでの賑わいです。
最終日の昨日11日は「残りえびす」と呼ばれ、福の残りがいただけると
縁起をかつぐ参拝者で夜まで賑わっていました。
この祭りに来て初めて年が明けたような気になります。

たいやき

賑わいの様子はこちら→えべっさん

真冬の祭りなので夜ともなればけっこう寒いので、
少しだけ散歩してすぐ、夜ご飯にしました。
通町から両国橋を渡ってすぐの「すし処 たち吉」さんです。
阿波踊りなど家族を連れての食事はここをよく利用します。
気兼ねなくお腹いっぱい美味しい魚が食べられるんです♪

きんこ 刺身
***** まずは肴に「きんこ」と刺し盛り *****

きんことは赤ナマコのことで冬の徳島には欠かせない肴です!

てんぷら ねぎとろ
***** 天婦羅盛合せとまぐろづくしの寿司 *****

ちゅんごは刺身だけあれば充分なんですが、
奥さんや娘はいろいろと食べたいようだから、この店が好きなんです。

茶碗蒸し
***** 女性に人気の茶わん蒸し *****

この店の煮炊き場のベテランの職人さんがつくる茶わん蒸しは
奥さんと娘がいつも絶賛します。
この職人さんの味には絶対の信頼をおいているようなんですよね。
しめには二人とも名物の杏仁豆腐を堪能していました!

こういう敷居の高くない寿司屋さんには頑張って欲しいものです。


【すし処 たち吉】
徳島市両国橋35
088-652-3516
定休日:月曜  営業時間(11:00-24:00)

詳しい情報はこちら→あわグルメくらぶ


にほんブログ村 徳島の街情報へ


もったいない心の肴

なんというか、どうも食材を捨てるのが嫌いで…
お客様の厨房を観察していると、
食べられるものがどんどんゴミ箱に捨てられていきます。
それを見てるとなんとも違和感を持ってしまうのです。

すきとった魚の腹骨の周りにはたくさん身がついていますし、
頭からはいい出汁が取れるのに…
でもそういう処理を人件費をかけてはできないのが現実かもしれません。
また、そういう手間を理解して支持してくれる消費者も少ないのでしょうね。

自分で料理をするときは趣味の世界なので時間もたっぷりありますから、
手間隙をかけることにしています。
小魚の中骨は干物にして、白身や鮭の腹骨は薄塩をして冷凍しておくと、
イザというときの一品になりますし、
だいたいのアラはから揚げで美味いです。
バリバリと食べられないようなものは焼いて可食部だけ食べ、
残りは出汁を取って汁に使います。

マグロの血合いなどは生姜醤油に漬け込んでから胡麻油で炒めると
たまらない肴になります。

太刀骨 鮭皮

左は太刀魚の中骨、右は鮭の皮を一夜干しにしたもの。
こんな肴たちと白和えでもあれば日々の晩酌は嬉しいものです。


にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ


和風角煮カレー

正月料理で発生するもったいない食材を活用して
カレーをつくりました♪
おせち料理に飽きると無性に食べたくなりますよね~

雑煮や茶わん蒸しや出汁巻に欠かせない1番だしから出る鰹節と昆布。
鍋をするとたくさんたまる白葱の葉。
これらを細かく刻み、醤油で揉んだ豚バラ肉を
フライパンで焼いたものとじっくり煮込みます。

バラ肉

鴨の脂できつね色まで炒めた玉葱と人参を加えて、
市販のカレールーで仕上げると、

カレー

「和」テイストなカレーの完成です。

娘に言わせると「海の香り」たっぷりな
ちょっと違和感のある味だそうですが、
一晩寝かせてガラムマサラなどのスパイスをきかせると
イメージ通りの結構なコクのあるお味に仕上がりました♪

一旦、肉を取り出してさらに煮込むともっと美味しくなりそうです。
楽しみ!


にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ


プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
徳島でのんびりと暮らしながら
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

若い頃から好きな料理に加えて
最近はランニングと山歩きが趣味かなぁ

子供たちが巣立ったので
夫婦と母親の3人暮らしですが
近くに住む娘が孫を連れて
遊びに来てくれるのが楽しみです

はじめて10年たったこのブログも
50半ばを過ぎて環境は変わりましたが
ぼちぼちと綴っていきたいと思います

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR