生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

これだけは欠かせない正月の準備

今年から取組み始めた「おせち」の出荷もピークを終えて、
工場のパートさん達も今日からほとんどの人が休みに入りました。
少しだけほっとしていますが、
飲食店へ食材を供給する卸売部門は今日と明日がピークになります。
今年は景気の低迷に加えて師走選挙の影響で
街中の忘年会がぐっと減り、飲食店さんにとっては厳しい歳末となりました。
最後ぐらいは盛り上がるとうれしいのですが、さてどうなりますやら…

八宝菜
***** 昨夜のおばあちゃん料理・八宝菜 *****

このところ休みが無いので晩ご飯はおばあちゃんに頼りきりです。

家庭での迎春準備の方は、遅ればせながら年賀状も書き上がり、
後は正月料理の用意をするばかりになりました。
お酒も買っておかなくっちゃと思っていたら、
学生時代からの友人から広島の美味しそうな日本酒が届いて
自分で買った徳島の地酒「芳水」に、常備してある定番の芋焼酎「眞酒」と、
正月用のお酒もばっちり揃いました!

酒
***** 中の2本をいただきました(西条鶴と雨後の月) *****

ちょっとテンションが上がり、並べて写真撮ってしまいました…
ささやかな夢なのですが、家の中に色んな種類の酒や焼酎、
ウイスキーなどを酒屋さんのように並べてみたいと思っています。
ちっちゃい夢でしょ~ でも憧れるのです。
正月が楽しみです!のぶくんありがとう

拙ブログにお付合いいただいた諸先輩方、一年間お世話になりました。
皆さま素敵な新年をお迎えくださいませ♪


にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ


簡単美味しいクリスマスセット

昨日23日は年内最後の休みだったので
家でクリスマス会をしました。
とは言え、日中は大掃除もしなければならないので
会社で買ってきた「クリスマスセット」で簡単に…
このセットは半端な商品を従業員向けに格安で組み合わせたものです。

クリスマス料理
***** 一時間でクリスマスらしくできました! *****

手前から
鴨のローストサラダ(サラダ野菜を用意して鴨をスライスするだけ)
ラザニア(オーブンで40分焼くだけ)
ペンネのアラビアータ(付属のエビとムールをソースで温めて)
最後はカジキのクリームペンネ(このソースだけは作りました♪)

ペンネは少々時間が経っても大丈夫なのでパーティー向きですネ!

ケーキ
***** オゥ・ポアヴルで娘が買ってきてくれました *****

かなり手抜きですが、みんな大満足のクリスマスでした!


にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ


スズキの昆布〆と平清盛

冬場は深みに入るのであまり出回らないとされる「スズキ」が
スーパーに並んでいたので買ってきました。片身で280円なり
40cmクラスなので正確にはスズキでなく「セイゴ」ですね♪
ブリと同じでスズキも「ハネ→セイゴ→フッコ→スズキ」と
成長するにつれて呼び名が変わります。
地方によって違いはありますが、
たいがいどの地域でもサイズで呼び名を変えているようです。

今回は昆布で〆て薄切りでいただきました。
もっちもちで包丁をひくのに難儀するほど粘りが凄い!
身が粘るということは旨味が詰まっている証拠だと
勝手に思っているものだから造っているときからワクワクします。
いただきマス!

スズキの昆布〆
***** すだちが黄色くなってしまいました… *****

美味いです!ちびちびと焼酎の湯割が止まりません…
スズキは夏の魚のイメージですが俳句の季語では秋とか。
冬でも美味しいとなればいつが旬なのかわからなくなりました。

いよいよ明日で大河ドラマの「平清盛」が最終回ですね。
視聴率は良くないようですが各地では地域興しに活躍したのでは?
平家物語にはスズキにまつわるエピソードが書かれているようです。

「若き平清盛が船で伊勢から熊野参拝に向かう道中、
 大きなスズキが船に飛び込んできて、
 生臭物を食べてはいけない熊野詣中に拘らず、
 清盛は吉事だと喜んで食べ、家来にも食べさせ、
 その後、大出世して平家一門の栄華へと繫がった。」

平清盛の出世とスズキの出世が
当時から関連付けされていたかどうかはわかりませんが、
魚好きにはわかりやすい説話です。


にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ


居酒屋日本一のキムチ鍋☆コスパ最高!

昨夜は夫婦と娘の3人で居酒屋に。
娘の学校の創作舞踊発表会で街中へ出かけたもので…

会場のあわぎんホールから歩いて5分ほどにある「居酒屋日本一」です。
東新町商店街からひとつ眉山よりの裏道にありますが、
まだ商店街に活気があり、職場の宴会も華やかだった頃、
30年前の当時では珍しい大型居酒屋として大人気の店でした。
時代の流れに沿って雰囲気を変えてお洒落な店構えになっていますが、
メニューは当時を懐かしめるものが受け継がれています。

その中でも冬場に欠かすことなくオーダーするのがこれ!

キムチ鍋
***** 具沢山のキムチ鍋1人前 *****

一人ではまず食べきれないボリュームがあり
鶴橋から取り寄せているキムチを使って880円!
3人で食べて丁度いいぐらいです。〆には水餃子を入れてもらいます。
この鍋にはいつも満足します!

それ以外に食べるものはいつも決まっています。
普段は居酒屋へ行くと目新しいものを注文してしまいますが、
この店に来ると、季節のお薦め料理もたくさんあるのに
それには目もくれず、自分が慣れてる懐かしい味ばかりたのみます。
それをひと通りいただくと満腹になって他のものが食べられません…

例えば、

刺身 油林鶏
***** 刺身の盛合わせと油淋鶏 *****

棒餃子 串かつ
***** 鉄鍋餃子と串かつ *****

ねぎとろ巻
***** 〆に欠かせない、ねぎとろ巻 *****

何気ない居酒屋の定番料理のレベルがみな高いのです。
これが長年にわたって愛され続けている秘密かもしれません…

街中には今風の創作系居酒屋さんが乱立気味ですが、
どっしりと安定感のある居酒屋でないと落ち着かないのは
歳のせいでしょうか…?


【居酒屋日本一 本店】
徳島市南新町2-10
TEL:088-625-1849
営業時間:17:00-23:00(LO22:30)
定休日:日曜・祝日


にほんブログ村 徳島の街情報へ


サゴシの美味しい食べ方

徳島では鰆(さわら)の小さいものを「サゴシ」と呼びますが、
12月に入るとサゴシでも少し大き目のものは、
皮目に脂がのってきて美味しくなります。

瀬戸内では産卵期の春から初夏が旬だとされていますが、
紀伊水道では今のほうが断然美味しいのです。
できれば2kg以上の鰆の方が脂がノリノリで旨いのですが、
値段が一桁高くなりますからねぇ~~~

近くのスーパーでサゴシの片身が380円で並んでました。
下す前の丸太だと1.5kg位でしょうか、
腹に脂が絡んでいるようなので2枚買ってきました。

血合い骨を抜いて背腹に切り分けて、背は切り身にして、
田舎味噌を倍の味醂でのばしたものに一晩漬け込んで焼きます。
腹はごくわずかに皮目に薄塩を振り、
バーナーで皮目と血合いに焼き目をつけて刺身にします。
簡単にお店で食べるのと遜色のない肴ができました!

サゴシ焼き霜
***** 買ってきた日は外食だったので翌日いただきました *****

760円でこんなのが5人前とお弁当用の味噌漬けもできました。
思わず鼻歌まじりでお酒をついでしまうほど美味しいです!


PS:サゴシはなるべく大きく透明感のあるものを選びました。


にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ


プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR