生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

徳島市立動物園!

今日は台風2号の恵みの雨が一日中降ってたので

寝さんで~ 寝サンデー(寝させない★日曜日)

なんてしょうもないオヤジギャグがひらめくほど

寝てばかりの休日でした。

夕食時間には珍しく停電になったのでガンバって手作った

食事の内容は撮れてません。


だから、この前の水曜日に散歩してきた動物園の様子をどうぞ!

まずはバードゲージから

ツキノワテイムク

カンムリヅル

イワシャコ

ショウジョウトキ

食事タイムです。

カピパラ

キリン

いろいろいます。

トラ

シロクマ

フラミンゴ

ニホンザル

ワオキツネザル

ふれあい広場で最後です。

ペンギン

アフラック

ママとリスザル

リスザル

お気に入りはミーアキャットです。

ミーアキャット

何だかいいでしょ?

にほんブログ村 徳島の街情報へ

鮪屋が食べたいマグロ

今週入荷したメバチマグロは、見た瞬間「食べたい!」と

食欲を抑えられないほど、もちもちしてました。

年に何度か、そんな衝動にかられることがあります。

本マグロは高いので盆や正月など特別なときにしか買えませんが、

メバチならお小遣いの範囲です。

マグロの刺身は簡単なので、仕事から帰ってからでも

ぱっと肴がつくれるのでいいですねぇ~ いただきマス!

めばち刺
***** ケタで買うと色んな部位があって嬉しい *****

めばち
***** メバチの天身 *****

いいマグロの赤身は日本酒にピッタリです!

味は予想通りで、ちょっぴり酔いました・・・ ウ・マ・イ・・・

にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ

冷凍庫のお宝料理

遅ればせながら、この前の日曜日の晩ご飯です。

決算前後は、終売商品などの従業員販売企画が活発で、

「500円メガ盛りセット」「1000円テラ盛りセット」

などと称して、超お得な自社商品の特売があります。

顧客要望に応じた別注商品や原料不足で企画中止したもの

商品開発で中断したものなど、自社の冷凍庫には

ある意味での不良在庫が発生します。

それを買い過ぎて自宅の冷凍庫がいっぱいになっていたので、

冷凍庫の整理・整頓をしました。

あるもので料理をすると、どうしても肴っぽいのになってしまう・・・?

メッキアジ開き
***** 去年の秋に仕入れたメッキアジの干物 *****

仕入れるときはサイズがバラバラなので選別して、

極端に大きいのや小さいのは別規格で販売しますが、

どうしても売れ残ったのは買ってきます。(手作りを扱うと仕方ない)

いつもはそのまま焼いていただきマスが、

魚種が変わっても干物の焼き物ばかりでは家族が飽きるので、

最近お気に入りの酒蒸しにしました。

メッキアジ酒蒸
***** ポンズと葱・七味でいただきマス *****

これが結構美味いのではまってます。

お後はつまみ系とご飯系。

生しらす
***** 有償サンプルで仕入れて売らなかった生シラス *****

釜揚げのシラスはいけるけど、生は予想以下で採用されませんでした。

アイテム的には面白い商材なので新技術で凍結されたのを探して

リベンジしたい商品です。


しゃこの肉餡かけ
***** ボイルしゃこ剥き身の創作料理 *****

ボイルしたしゃこはどうも水っぽくて味がなく、

美味しいのに出会ったことがないのであまり扱いたくないのです。

反面、お客様からの要望も多く仕入れてみますが、

案の定、定番になることはなく、いつも在庫になってしまいます。

なんとか美味しくいただけないかと、

片栗をまぶして揚げて、中華風の肉きのこ餡を添えてみました。

カリッと食感を変えたしゃこに餡がマッチして、なかなか美味い!

予想以上の出来栄えの料理は嬉しくなりますねぇ~!


太刀魚寿し
***** 阿波郷土料理?太刀魚の押寿司 *****

これは自社商品で自慢の冷凍寿司なんですが、

生産効率の悪さで採算が取れず、根強いファンもいましたが、

やむなく終売となった商品です。

柚子のきいたシャリに、甘い鮪の中具、酸っぱく〆た太刀魚に

御前味噌を塗って炙ってあります。

この夜も美味しいお酒がいただけました。

復興支援の酒
***** 神山温泉で買って来た宮城の日本酒 *****

にほんブログ村 徳島の街情報へ

パワースポット?徳島神山の立岩神社

神山の「オオゲツヒメ フォーラム」の後は車で寝ました。

久し振りの車中泊で楽しい!

付近はカエルの合唱が激しく、寝られるかなと心配しましたが、

車の中にベットを作ってすぐに寝てしまったようで

目が覚めたのは朝5時でした。

このまま徳島市内の我が家に帰るのはもったいないので、

まだ行ったことのない「立岩神社」を参拝して帰ることにしました。

あまり好みではないコンビニで弁当を買って食べ(他にない)

道の駅で用を足していざ出発です!

ところが恥ずかしながら我が愛車には「ナビ」がないので

以前にゲットしていた神山町の観光案内を頼りに車を走らせます。

やっぱり、不安的中・・・ 

国道からの最初のアクセス路も見つかりません。

適当に感に任せてチャレンジした路は両側が切り立った険しい山道でした。

いくら険しくても、この先に目的地があれば、

どうってことないのですが、

全く頓珍漢なルートだったらどうしようと、焦りまくりです。

枝道を試行錯誤しながら標高を重ねると、

何んだか背筋にプルッと走ります。

その瞬間にようやく神社の案内板に遭遇しました。(ホッとした!)

立岩神社鳥居
***** つい最近、無理やり作ったような看板 *****

この辺りのスペースに車を止めて歩きます。(神社まで200m)

立岩神社参道
***** 鳥居からの参道は新緑が素敵です *****

いよいよパワースポットに到着です。

立岩神社由来
***** 拝殿前には由緒書きがあります *****

なるほどねぇ~。ちゅんごの浅はかな思い込みとはちと違いますが、

これもまた勉強になります。

立岩神社御神体
***** 拝殿を通過すると本殿と御神体 *****

大きな阿波青石の巨岩が鎮座しています。

立岩裂け目
***** 少し角度を変えると磐が裂けます *****

立岩裂け目2
***** もっとよく見ると??? *****

どんなに良く見ても裂け目の具合は変わりません・・・

まわりのあちらこちらに巨岩があって

この地一帯が尋常でないことはすぐに察知できます。

昔々、この地に降り立った岩山が切り裂け、

奈良の香具山へと飛散し、日本の原点となったと記されていますが、

それはその地の後継者の力加減でどうとでも伝えられることで、

真実は心の中の神のみぞ知ところでしょうね?


兎に角、大岩の裂け目が大地母神を象徴し、

磐戸信仰の原点となっていることは確かでしょうね。

この神秘から創造される万物に農耕の輪廻がはまり、

食物を手に入れることの偉大さを現代の我々が

大多数の周り人に周知させることはまず無理でしょうから、

素直に、この神秘的な空気に我が身を委ねて観るのみです。

神話の世界と現世の自身に崇高な接点を見出すことが、

唯一、歴史観を有する己と成れるなら今日もまたよし。

にほんブログ村 徳島の街情報へ

オオゲツヒメ フォーラムin神山

昨日は徳島市から30分ほど四国山地の山間に入った

神山町での「オオゲツヒメ フォーラム」に参加してきました。

パンフより
------------------------------------------------------------------
オオゲツヒメとは、阿波国の国神たる女神であった。

『古事記』上巻の「天照大神と須佐之男命」条「大気都比売神」項には、
「食物を大気都比売神に乞ひき。ここに大気都比売、鼻・口また尻より
種々の味物を取り出して、種々作り具へて、進る時、速須佐之男命その態を
立ち伺ひて、穢汚して奉進るとおもひて、すなわちその大気都比売神を殺しき。
かれ、殺されし神の身に生りし物は、頭に蚕生り、二つの目に稲種生り、
二つの耳に粟生り、鼻に小豆生り、陰に麦生り、尻に大豆生りき。
かれ、ここに神産巣日の御祖命、これを取らしめて種ど成りしたまひき。」
とある。

須佐之男命によって殺された大宜都比売神の死体からは、
頭より蚕、二つの目から稲の種、二つの耳から粟、鼻から小豆、
陰部から麦、尻から大豆が生じたのである。
このようにオオゲツヒメは、日本の穀物起源伝神話の代表格となる
大地母神であり、別名、大粟姫、御食津神、伊勢神宮の外宮に祀られる
豊受大神と同一神とされ、神代から現在に至る日本人の食と命を
守ってきたのです。
そのオオゲツヒメは、徳島県名西郡神山町神領の大粟山の
「上一宮大粟神社」の祭神として祀られ、
阿波国の由来となる「粟(あわ)」、粟国を拓いた忌部氏が植えた「粟」
とも深く繋がっている。
オオゲツヒメは、日本の食文化の継承や食糧の安全安心に関係する危機が
叫ばれる中、日本人の行く末を見守っているのである。
------------------------------------------------------------------

オオゲツヒメ
上一宮大粟神社に伝わるオオゲツヒメのお姿です。

粟(あわ)の穂を抱いています。

日本の食べ物の神様らしく、ふくよかなお姿です。

徳島が阿波国と呼ばれる以前は「粟国」と記されてきたのは、

オオゲツヒメの祀られる大粟山に信仰・祭祀・政治の原点が

あったからでしょうか?

縄文時代に遡る農耕の起源は、焼畑から始まっており、

稲作以前の焼畑では粟がもっとも重要な作物だったようです。

縄文時代に大陸からさまざまな文化とともに伝来した

女神信仰のルーツが見えてきます。


その当時は食物ほど大切なものはなく、

弥生時代終盤から古墳時代にかけて阿波国の忌部集団が

技術とともに諸国へその信仰を波及させていったのでしょう。

大粟神社御祓い

まずは、上一宮大粟神社で祝詞と御祓いから始まりました。

この神社の祭祀は形が決まってなく、そのときの状況に応じて

宮司が進めるのだそうです。

火や剣、太鼓・鳴り物などを駆使した全国でも珍しいものだそうです。

何度も何度も御祓いがあり、ちゅんごのような愚人でも

少しは清められたように思います。ありがとうございます。


昼は場所を神山町農村環境改善センターに移動して

今回のプロジェクトの実行委員長でもある

農家レストラン幸福家の中谷さんが作ってくれた

「大宜都比売神弁当」をいただきました。

オオゲツヒメ紙
オオゲツヒメ弁当

地元の食事にこだわった、何とも嬉しいお弁当です。

このお弁当は予約をすれば食べられます⇒090-5270-8277


午後は阿波歴史民族研究会の林博章先生による記念講演と

シンポジウムが開催されました。

詳しい内容はこちら⇒すえドンさんのブログ

夜も県外の方を交えて「農家レストラン幸福家」で交流会があり、

夜遅くまで美味しいお酒をいただきました。

オオゲツヒメプロジェクトの今後の展開が楽しみです。

新しい徳島のブランドにまで発展させられるように

ひとりでも多くの方の協力がいただけますように・・・

にほんブログ村 徳島の街情報へ
プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR