生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

三嶺からお亀岩避難小屋泊 その②

2017年7月17日

お亀岩避難小屋横に張ったテントで目覚めると、濃いガスに包まれていました。
北側の尾根を越えてどんどんと流れてきます。
きっと稜線は酷い風が吹いているんだろうなぁ。

今日はこの小屋から西へ向かって天狗塚まで登り、
牛の背を眺めて折り返す予定でしたが、
天気や体力を考えて、直に帰路に向かうことにします。

となると出発はゆっくりで良いので、のんびりと朝食を食べ、
ぼちぼちと撤収して、最後にたっぷりの水を補給し、8時前の出発となりました。
小屋のお世話をされている方がトイレ掃除をされているところへお別れのご挨拶に。
この方以外の宿泊者はすべて出発されていました。
土佐弁の豪快な方で、また一緒に呑んで山の話をじっくり聞かせて欲しい。

稜線へ出るとはやり風とガスが酷く、
帽子は飛ばされそうなのでザックに仕舞い西熊山を越えて三嶺に向かいます。
寒くはないけど水滴になってメガネが曇り、前が見にくい状態です。
ササで足元が濡れるのでレインウェアのパンツだけ履いてるけど、
靴はすぐにびしょ濡れになりました。
こんな時のためにスパッツが必要かなぁ~~

それでも西熊山を下ったころから風も収まり、ときどき薄日も射してくるようになり、
昨日通った道なので足取りも悪くないかな。
登りにしては昨日と同じぐらいなペースで三嶺まで帰ってくることができました。
でも、天候の良くない今日もここまでカメラを仕舞いっぱなしです。
コンパクトな防水のコンデジが欲しくなりました・・・

三嶺ヒュッテ
***** 昼食は誰もいない貸切状態の三嶺ヒュッテで *****

トイレを済ませてヒュッテでゆっくりと食事休憩をとりました。

三嶺山頂部の池
***** ヒュッテ側から三嶺山頂を眺める *****

さて、これから標高差1000mの長い下りが続きます。
奥さんはなんども下りで足を痛めてるので慎重に足を進めないと。
標高が低くなると、どんどん蒸し暑さが堪えるようになり、
下りなのになんども水分補給が必要になります。
お亀岩でたっぷり補給した水もあとわずかになりました。

モミの木の登山道
***** モミの林の中で一息 *****

三嶺からの下りは2時間以上かかってしまいましたが、
足を痛めることもなく無事に名頃の駐車場まで帰ってくることができ、
山泊まり初心者のちゅんごたちにとって、思い出深い行程になりました。
涼しくなったころにもう一度来てみたいなぁ

山道をくねくね1時間半ほど下り、吉野川沿いの「貞光ゆうゆう館」という
道の駅の産直でトイレ休憩し、買い物することが多いのですが、なんと気温が34℃。
道中の見ノ越では21℃だったのに・・・家に帰るの怖いぐらい・・・
案の定、帰宅すると蒸し風呂状態。
道具の片づけなどしてると汗びっしょり。
昨夜の山小屋の涼しさが早くも恋しくなりました。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

三嶺からお亀岩避難小屋泊 その①

2017年7月16日

先日の連休、梅雨も明けないのに天気がよさそうなので、
急遽、いつも剣山から眺めて綺麗な山だなぁ~と憧れていた三嶺(みうね)へ
山歩きに出かけることに。

剣山から三嶺
***** 5月に剣山から遥か彼方に見た三嶺 *****

折角の連休だから三嶺から足を延ばして稜線歩きを楽しみ、
人気のある、お亀岩の避難小屋で泊まる予定にしました。

剣山の登山口「見ノ越」からさらに25分ほど奥へ下った
三嶺の登山口「名頃(なごろ)」の駐車場へ着いたのは9時。
おむすびを2個ずつ補給してしっかり支度し、9時半ごろ出発。
頂上までは標高差が約1000mで3時間の予定です。

2時間ほどはモミやブナなどの林の尾根を登ります。
木陰ルートなので涼しいはずなのに登り始めて10分ほどで汗びっしょり。
湿度が高いので体温がどんどん上がってくる感じです。
慣れない山泊まりの荷物がずっしりとこたえてきました・・・
自然林を抜けると見事な眺望が開けてきましたが、
今度はザレて足場の悪い急登に息もキレギレ。

そんなわけで頂上へ着くまでザックからカメラを取り出す余裕もなく、
一枚も写真を撮ってません・・・

三嶺山頂
***** なんとか予定時刻に三嶺山頂1893mに到着 *****

山頂でしっかり昼食を食べる予定にしていましたが、
虫が多くて行動食のアンパンと魚肉ソーセージをなんとか詰め込んだだけ。
これからこの後ろに広がる稜線を西へと歩く予定です。

あまり澄んだ空気ではありませんが、
東の方には剣山や次郎笈まで望むことができ、
360度の眺望が楽しめました。

三嶺より剣山方面
***** 剣山や次郎笈まで見渡せます *****

カラダをしっかり休めて再出発です。

三嶺からの縦走路
***** ササ原の縦走路 *****

宿泊予定の山小屋は西熊山の向こう側にあります。
ここからいくつかの小さなピークを越えながら、
西熊山目指して歩きます。

稜線のササ原歩きは眺めが良くてとても楽しい!
ときどき鹿が現れて鹿道をかけていきます。
でも、足元が見えないほど茂ってるところが多くて、
石や段差になんども足をとられるので、ゆっくり慎重に進んでると
予定よりずいぶんと時間がかかってる感じ。

2時間かかってようやく西熊山への最後の登りにさしかかりました。
振り返ると三嶺からの稜線が優しく続いています。

三嶺から西熊山への縦走路を振り返る
***** 三嶺が遠くなってきたなぁ~もうひと踏ん張り! *****

西熊山山頂1816m
***** 西熊山山頂1816m 画像が悪いので小さく *****

西熊山のピークからは宿泊予定の小屋も見えたので、
頑張って下っていきます。

お亀岩避難小屋
***** お亀岩避難小屋到着*****

へばって休憩ばかりしてたから三嶺から3時間近くかかりました。
もう午後4時近く。
小屋を覗くとすでにたくさんの方々が宴会してます(笑)
つめてスペースをつくるから入りなさいって言われたけど、
こんなこともあろうかとテントを持参してたので小屋の際に張りました。

お亀岩避難小屋でテント お亀岩避難小屋下の水場
***** 夕食と水場 *****

ボランティアで小屋の維持をされてる親切な方がちょうどいらして、
あれやこれやと教えて下さるので、なにかと助かります。
教えの通り、水場は悪い足場を5分ほど下ったところにありました。
たっぷりの水量で冷たくとても美味しい水です。
タオルを濡らして汗びっしょりの体を拭くことができました。
あ~さっぱり!
山泊まりで水の補給ができるのはとってもありがたいです。

夕食は昼に食べ損ねた冷凍炒飯とソーセージなど。

ソーセージ
***** ポテトサラダは泊まりの女性にいただきました *****

そして写真を撮り忘れたのが「蒸しアワビ」
前日に会社の社員さんからおすそ分けでいただいたモノを
蒸して殻から外して持ってきていました。
ナイフでスライスして小屋で呑んでる方々におすそ分けすると、
「山でアワビ!」って、とっても喜んでいただきました。

お腹も膨れてバーボンの酔いもいい感じになったところで、
稜線まで歩いて夕焼けを楽しみます。

お亀岩より夕日
***** 適度な、うす雲が綺麗に染まりました *****

夕陽をズームアップ
***** 夕陽をズームアップ *****

この小屋の常連さんのグループは定期的にここで宴会をしてるそうです。
その方々から夜には薪ストーブのある部屋で炙ったウルメなどをご馳走になり、
炭火の揺らぎに癒されながら楽しい呑み会に参加させていただきました。

すっかり陽も暮れて8時ぐらいになると、
みんなで小屋の外にでて「ヒメホタル」の瞬きを眺めながら呑みました。
空を見上げると天の川と満天の星空が肴です。
無料で無人の避難小屋ですが、トイレや部屋は綺麗に清掃されているし、
薪ストーブがあって、美味しい水が飲み放題。
何と言っても、山好きの人々のコミュニケーションの素晴らしさ、
人気の小屋の理由がわかりました。

疲れとアルコールですっかり酔ってしまい9時にはシュラフに・・・
って、最近は山歩きの記録しか残せてないなぁ。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

剣山2日目☆その②一ノ森~剣山~次郎笈

2017年5月28日(快晴)

二日目の山歩きは、食材が減って軽くなったので、
多少楽になったかなぁ。

一ノ森から二ノ森へは下りの後、登りがあるので、
息を休み休み進みます。

二の森
***** 二ノ森では暑くなってきたのでジャケットを脱ぎました *****

二の森から三の森へ
***** 二ノ森を越えると見晴らしの良い稜線に *****

三の森から太郎と次郎
***** ほとんどピークのない三ノ森からは次郎と太郎が間近に *****

森林限界を超えたこの辺りは木々がほとんどなく、
素晴らしい眺望が開けてきます。
ほどなく一ノ森から1時間と少しでで剣山の頂上近くに到着しました。
って、ゆる~い山歩きなので、
さっそく「剣山山頂ヒュッテ」で大休憩(笑)

剣山山頂ヒュッテ

ヒュッテ黒板

ヒュッテおでん

まだ9時半ごろなのにおでんを食べてまったりしました。
そして山頂(1955m)で記念写真を撮って次郎笈を目指します。

剣山山頂

天気の良い日曜日なのにひと気はまばらで、
こんなに剣山をひとり占めしたことないかも?

太郎より次郎
***** 剣山から望む次郎笈(ジロウギュウ) *****

次郎への縦走路
***** この稜線が大好きなんです *****

次郎笈の山頂には11時前に到着しました。
最後の急坂はなんど歩いても息切れします。
特に今回はいつもの倍以上の荷物を背負ってるので、
けっこうきつかった・・・

次郎山頂
***** 次郎笈山頂(1930m)にて「ここで泊まってたのよ」 *****

それでも次郎笈からの360度のパノラマを目の前にすると、
疲れも吹っ飛んでいきます。

山頂から南へ少し下るとシコク笹の中に岩が点在した
休憩スポットがあり、コーヒーを入れておやつタイム。
カンカン照りでも山頂付近は爽やかな風が吹き、
時間の過ぎるのを忘れて周囲の山並みを満喫します。

次郎より太郎
***** 次郎笈からの剣山の眺め *****

この角度からの剣山は最高だなぁ。
山を下りてから昼食をとることにしてたので、
ぼちぼちと下り始めます。

剣山へ折り返しの登りを進んだところの分岐から山頂へ向かわず、
トラバース道へまわります。
だんだんと次郎笈が遠くなってきました。

二度見展望台より次郎
***** 二度見展望台付近より *****

今日は午後になっても青い空が広がり、
こんな条件の良い日和は滅多にないかもしれません・・・

ここから斜面に沿って進むと細やかな楽しみがあります。
剣神社のご神体、御塔石の根元から湧き出る
「剣山御神水(おしきみず)」です。
この湧水は病気を治す若返りの水とも呼ばれる名水百選なので、
空いたペットボトルに詰めてジジババへのお土産にしました。

そして剣神社から西島へと下り、遠回りの遊歩道を楽しみながら、
見ノ越の駐車場へ帰ってきたのは2時半ごろ。
とても思い出深い山歩きになりました。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

剣山2日目☆その①山泊まりならではのご来光

2017年5月28日

はじめての山テント泊の二日目、楽しみは何と言っても「ご来光」
日の出時間は5時ごろですので、4時半には一ノ森の山頂に立ちました。
気温は零度近くまで下がっており、
完全防備のつもりでも震えと鼻水が止まりません・・・

ご来光を待つ
***** 東の空はすでに赤く染まっています *****

予定では吉野川の河口方面から朝日が昇る予定。

一の森山頂
***** 真冬の格好 *****

隠れる朝日
***** 朝日が覗く *****

そして5時過ぎには雲間から朝日が顔を覗かせ、
一度、雲に隠れてから再登場しました!

ご来光
***** 朝日が登場 *****

眩しい!
こうしてこの朝も日が昇り、自然の営みに恵みを与えます。
その瞬間を山々とともに受け身の目線で捉えられることの素晴らしさ。
山で泊まることの醍醐味だと感じます。
運よく、晴天に恵まれたことにも感謝しないとネ。

振り返ると西の方角には剣山と次郎笈に朝日が降り注いでます。

朝日の当たる太郎と次郎
***** モルゲンロートに染まる兄弟山 *****

今日の予定は、この二つの山を稜線沿いに歩くことです。
天気も良く、いい一日になりそうです。


白骨林と朝日
***** 5時半ごろテント場に戻ると朝日が燦々と *****

テン場の朝日
***** 寒いのでテントの中で朝食にしよう *****

ゆる~い山行程なので時間はたっぷりあります。
まずはご飯を炊いて朝ごはんにとりかかります。

ご飯 親子丼調理
***** ご飯もいい感じに炊けました *****

気圧の関係で沸点が93℃ぐらいまで下がってるから、
炊きあがりの出来を心配していたのですが、まあまあの感じに炊けてます。

これまた自社商品の「親子丼の素」
鶏肉たっぷりに、昆布を贅沢に使ったタレが充填されてるので、
シメジと白葱を加え、卵でとじるとできあがり!

親子丼
***** 朝からご飯を炊いたのは正解でした! *****

山のテント泊では、器具や食器の洗浄ができないことが多いので、
パンを持参して、ソースなどを拭い取り、ウエットペーパーで仕上がるだけ。
キャンプ場と比べて不便なことが多いけど、
これまた「楽し」であります♪


調理したのと、晴れて気温が下がったからテント内は結露でビチャビチャ。
乾かしながら撤収したので、出発は8時になりました。
これも予定通り♪

一ノ森から剣山は1時間ほど。
二ノ森、三ノ森と多少のアップダウンはありますが、
気持ちの良い稜線歩きが多くて楽しい道のりです。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

剣山☆はじめての山テント泊の中華な食事と夕日

2017年5月27日

車移動のキャンプや車中泊は若いころから経験があるのですが、
昨年の夏に上高地へ出かけたときに、
大きなザックを背負って歩く人を多く見かけて。
いつか自分もテントやシュラフを担いで
山でテント泊をしたいものだと思うようになりました。

それには担げる山道具が必要なので、
従来の道具を買い換えてひとつずつ揃えて行ったのです。
テント、シュラフ、マット・・・、それらを持ち運べる大きなザック・・・
オートキャンプに使うものより小さくて軽いものばかりだけど、
機能性が高く、結構、高いんです。
二人分、揃える必要のあるモノも・・・
夜の街を徘徊する回数を減らして小遣いから資金を捻出(笑)
15kgぐらいの荷物を背負って山を登るので体力作りもしっかりと。

そして準備の整った5月の終わりに、
以前から気になっていた山のテント場へでかけてきました。
徳島県の最高峰、剣山の東隣にある「一ノ森ヒュッテ」です。

朝6時半に家を出て、剣山の登山口「見ノ越」には9時前に到着。
この日は一ノ森までの登りだけだから、ゆっくりした行動です。
いつものようにリフトを使わずに西島駅まで登ると標高1700m。
荷物の重さは少し気になる程度で、なんとか歩けました。
五月晴れって言葉がぴったりくる晴天に恵まれ、
遠くの山々まで見渡すことができます。

刀掛の松
***** 刀掛けの松で一休み *****

刀掛けの松の分岐点から行場ルートへと進路をとり、
剣山の山頂を踏むことなく一ノ森へと向かいます。

行場ルート
***** このルートには巨岩の下に小さな社がたくさん *****

剣山の北斜面にあるこのルートは、古くから修験者の地として崇められていたようで、
登山者も少なく、崩落した地形は荒々しさを醸し出しています。
しかし、深い森は神秘的な静けさに包まれており、
探検気分で「歩くことが楽しい」そんなルートです。

花畑別れ
***** 通行止めになってる花畑分岐でも一休み *****

昼には一ノ森ヒュッテに到着できたので、テントを張り、
昼食、散歩、夕食、夕焼け、ご来光、朝食とたっぷり楽しめました。
重い荷物でがっつり山歩きする自信はないので、
まずはまったりとゆるい行程で「山めし」を楽しむことがメインかな。

最近は登山のウルトラライト化が進んでいて、
フリーズドライのご飯にふりかけって食事の人もいるようですが、
ちゅんごはしっかり食事を楽しみたい派です。
それでも荷物はなるべく軽くしたいので、
ビールや調理用の水を調達できる、ヒュッテに隣接したテント場を選択。

テン場到着
***** 標高約1800m到着!ヒュッテで買ったビールで乾杯 *****

テント
***** ロケーションの良いシコク笹の林の中へ設営完了 *****

炒飯
***** ランチは冷凍炒飯 *****

最近の日帰り山めしで使ってるのがこのフライパン。
ユニフレームと言うメーカーのキャンプ用調理器具セットの一部で、
単体では販売されていません。
柄の部分が外せるのでザックに収納しやすくなってます。
それでも山用のフライパンと比べて大きくて重たいのですが、
調理のしやすさからアルミ製の分厚いコレを愛用してます。

冷凍の炒飯は各メーカーが力を入れており、
どんどん美味しくなってるような気がします。
凍ったままソフトクーラーBOXに入れて持ち運べば、
昼には程よく解けてるので使い勝手がいいし、
カットした野菜やワインなどの保冷にもなります。

食後は一ノ森周辺を散策して、早くも夕食にとりかかります。

ちゅんごの勤める会社の冷凍食品を持ち込んでみました。
山で美味しく簡単に食事をいただくなら、レトルトじゃなく、
やっぱり、調理したてを瞬間に閉じ込めた冷凍食品かなぁ~と言うことで・・・

エビチリ
***** まずはエビチリ2人前 *****

海老もソースもタップリ入ってるので、
家でカットして持ってきたブロッコーリーと白葱を加えたら出来上がり!
鶏ガラからとったスープ、もち米と麹から仕込んだチューニャン(甘酒)を使い、
有機トマトのケチャップで仕上げてあるので、
出来合いの加工食品ぽさがまったくなくていい感じ。

回鍋肉
***** 二品目は回鍋肉 *****

これも自社商品です。
油通しした豚ばら肉と手づくりのタレを合わせて商品にしてあるので、
キャベツとピーマンを加えて炒めれば出来上がり。
鍋料理や焼肉もいいけど、山でいただく中華もお酒がすすむなぁ~

って思ってたら、この日のテント場にはもう一組、
大阪からやってきた小学生の男の子とお父さんの二人連れと一緒になり、
エビチリをおすそ分けしたところ、奥さんの大好きなお返しをいただきました。

焼肉
***** 美味しそうに焼けてる「ニク」ありがとうございます! *****

焼肉も山めしの定番で美味しいなぁ。
すっかり登山してるのを忘れてキャンプ気分です。
それでも日が傾くと急激に気温が下がってきたので、
フリースとダウンを着込んでホットバーボンをいただきました。

のんびりしてると、あたりが薄暗くなっていたので、
すぐ近くの一ノ森の山頂に立って夕焼けを楽しみます。

夕日
***** 剣山系から石鎚山系まで見渡せます *****

徳島市
***** 東方にはズームで寄ると徳島市や吉野川、淡路島も *****

瀬戸内海
***** 北方には瀬戸内の島々 *****

沈む夕日
***** そして名残惜しく夕日が沈みます *****

寒さの中、1時間ほど眺めていたでしょうか、
体の芯まで冷えてきたのでシュラフに潜るとすぐ寝てしまいました・・・


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR