生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

晩秋のサザエってどう?

サザエって夏が旬のイメージがありますね。
バーベキュー食材として重宝されるからでしょうか・・・

ところが夏は産卵期なので、その前の春から初夏が肥えて美味しいと言われてます。
夏は海水温や気温が高いので水揚げから流通の過程で傷みやすいですし、
死んでしまったら肝が食べられなくなるので勿体ない・・・
肝は美味しいし、可食部の半分以上を占めてますから。

それじゃあ秋はどうなんだろう?
サザエはほぼ一年中見かけるのですが晩秋に好んで食べる方は少ないかもしれないなぁ。
そんなわけで値段も少しばかり安いような気がします。
市場だと、キロ当たり1000円もしなくて、良いサイズのものが7~8個ぐらい買えます。
そして旬の時期に負けないぐらい身が張っており、活きも抜群です。

水槽で砂抜きしてない活きの良いものは砂がみが多いので、
海水ぐらいの塩水(3~4%)で一晩置いておくと、
肝の砂が少なくなり壺焼きで丸ごと美味しく食べやすくなります。
サザエが海藻を食べるときに海藻についた砂も一緒に食べるから、
砂がみはどうしてもあるんです。

水槽で何日も保管しておいたものは砂を出していますが、
どうしても身が痩せてしまってます。
それを外観からは見分けられませんから、
セリ場の出荷箱のまま並んでる物は外れがないような気がします・・・

刺身でも壺焼きでも握りこぶしぐらいあるのが食べごたえがあって美味しいですね。

サザエ壺焼き
***** 芳ばしい香りのたまらない壺焼き *****

サザエ刺身
***** 磯の香りいっぱいの刺身 *****

サザエにはツノのあるものとないものがありますが、
徳島では、ないものが多いように思います。
潮の速いところではツノがあると言われますが、
厳密には遺伝子的な影響もあり、一概にそうとは言えないそうです。

関東ではツノのある物が好まれ高く、
関西ではツノの分だけ殻の目方が増えて損だと、
ツノのないものが好まれるようです。
見栄えを重視する関東、割を言う関西、
こんなところにも地域性があるなんて面白いですね。
兎に角、サザエは日本酒の肴に打って付けかな?


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

日本酒が旨い季節の肴

お酒はほとんど何でもいただきマスが、
メインは芋焼酎で、夏はロック、冬はお湯割り。
休日はバーボンやワインをいただくことも。

そして暑くも寒くもないこの季節は日本酒も常備します。
純米酒の常温が好みなので、季節が限られるんですよね~

そして、徳島では魚が美味しい季節でもあります。
年末の準備で市場へ出かけることが多く、
仕入れのついでに肴用の魚を買ってきたりもします。

先日も小振りのイサギが安かったので3尾だけ持ち帰り、
晩酌前に捌いて少しだけ刺身でつまみ、残りは昆布〆にしておきました。

イサギ昆布〆
***** イサギの昆布〆とちゅんご好みの肴 *****

刺身用の節に捌いて、薄塩を振り、酒で戻した鳴門の昆布で挟みます。
一晩ぐらい置いた方がぐっと旨味が乗って美味しいかな?
こういう肴だと日本酒の常温が欲しくなるのです。

丸の魚を料理するのはちゅんごの担当だから、
せっせと仕込んでおくことにします。


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

物忘れ防止なトマトのパスタ2種

テレビを見ていたら、「物忘れ一番県」として徳島が・・・
そして忘れない一番県として神奈川県が紹介されていました。

なんでも神奈川県はハイカラ(古っ!)な食材の消費が多く、
その中でも、トマト、チーズ、ワインなどには抗酸化物質が多く含まれているので、
脳の老化を抑制するのに一役かっているんだとか。
ほんとかどうかわかりませんが、
素直に信じて、そんな食材を使った季節の食事にしてみました。

産直野菜のコーナーをウリにするスーパーへ出かけると、
ちゅんごの好きな野菜がたくさん並んでいたので色々と買ってきて
夏野菜のパスタでも作ろうかと思い仕込んでいると、
なんだかラタトゥイユのようになってきたので、
湯むきしたトマトで仕上げて本当にラタトゥイユにしました。

ラタトゥイユ
***** 塩だけで仕上げるラタトゥイユ *****

軽く炒めたベーコンにこのラタトゥイユと茹で汁をソースとして加え、
パスタを馴染ませるといい感じに仕上がりました。

夏野菜とベーコンのパスタ
***** 我が家のキッチンで育ったバジルをトッピング *****

もう一つのモノ忘れ防止パスタはカッペリーニで冷製に。

湯むきしたタップリのトマトにおろしニンニク・バジル・オリーブ油、
塩と胡椒で味付けして冷蔵庫で冷やしこんでおきました。
カッペリーニを素麺のように茹でてしっかり水分を取り、
このトマトソースをかけるだけで出来上がり。

トマトの冷製カッペリーニ
***** 冷し込むと完熟トマトのジュースがタップリ *****

パルミジャーノチーズをタップリおろしていただきマス!

冒頭のうんちくをジジババに話すと、
普段はあまり飲まない赤ワインをおかわりして、
パスタもペロッと食べてくれました。
物忘れの気になるジジババにはピッタリの夕食当番になったかな?

久し振りのご飯当番ネタでした♪


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

野蒜入り豚つみれの豆乳鍋

野蒜(ノビル)はニラと分葱の中間のような野草で色々と料理しやすいから、
春に河原へ野草摘みに行ったときは必ず収穫してきます。
この春に一番美味しかった野蒜料理は豆乳の豚つみれ鍋でした。
来年のためにもつくり方を記録しておきます。

つみれ豚肉こねる
①豚ミンチ500gに塩小さじ1を加えて粘りがでるまでしっかりこねる。

ノビルフープロ
②野蒜(白葱やニラでも良い)150gと玉子をフープロにかける

つみれノビル投入
③豚肉にしっかりと練り込む

④片栗粉大さじ5、薄口醤油大さじ1を練り込む
⑤野蒜で汚れたフープロで長芋150gをペーストにして練り込む

つみれ生地完成
***** 生地の完成です *****

生地を作ってる間に、鍋にたっぷりの湯を沸かしておきます。
(いつも土鍋でやってます)
生地を一口大に握りだして茹でるとつみれの完成
この茹で汁は鍋のベースに使います。

つみれ茹で上がり

茹で汁に同量の豆乳を加え、塩と固形ブイヨンで味を調えてスープをつくり、
つみれと豆腐やキノコ・野菜を入れて3分ほど煮込みます。

豆乳鍋

煮上がったら火を止めて菜の花(アブラナ)をたっぷり加えて
蓋をして1分ほど蒸らせば出来上がり!

豆乳鍋菜の花投入 豆乳鍋出来上がり
***** 仕上げには河原で採ってきた菜の花をたっぷりと *****

豆乳のまろやかさと豚の旨味、野蒜の香りがいいバランスで、
なんだか元気が出そうな鍋です。
ジジババも喜んでたくさん食べてくれました♪


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

野草摘みも終盤

2月の後半から今月にかけて、我が家では野草料理の最盛期!
休日ごとに吉野川の河原に出かけては、
アブラナ、カラシナ、せり、ノビル、つくしなど、
どこにでもあるような野草を摘んできています。
晩酌に野草料理が登場しない日はなかったかなぁ~

菜の花畑
***** 吉野川北岸の菜の花畑 *****

とくに菜の花(アブラナ)は短時間で大量に採れるので、
半分ぐらいだけ生鮮のまま残しておいて、
残りは漬物にしています。この菜っ葉飯が美味しいんだよね!
野蒜(ノビル)もいくらでも掘れるんだけど、
後の処理が大変なので、毎回少しだけ採ってきます。
葉の青い部分は刻んで「ノビル味噌」にして日持ちさせます。

ある日の晩酌はこんなのでした。

ノビル味噌
***** ノビルと菜の花の野蒜味噌、菜の花の芥子和え、土筆の佃煮 *****

こんなふうに前菜は決まって「野草料理」なんです。
少々疲れた体を癒してくれる♪

そしてメイン料理にも野草が登場することもあるのです・・・

菜の花カレー
***** 菜の花カレー *****

菜の花ペペ
***** 菜の花とベーコンのペペロンチーノ *****

セリポトフ
***** セリのポトフ *****

もちろん、天麩羅にしたり鍋に入れたりもします。
ごく普通に野菜として使っているんですよ。
多少ある野性味に慣れると癖になり、
買ってくる野菜には物足りなさも感じるようになるかな~


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR