生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

源義経☆騎馬像

徳島市の南に隣接する小松島市に日本一大きい騎馬像があります。

高さ6.7mのブロンズ像で平成になってから造られたものですが

周知不足のせいか、訪れる人も少なく徳島でも知名度は低いようです。

旗山

八幡神社
***** 旗山の八幡神社の鳥居をくぐり階段を登ります *****

源義経騎馬像
***** 源義経騎馬像 *****

像の足元の碑文には

『源義経が1185年、一の谷合戦の後
屋島に本陣を構えた平家を討つため
摂津国渡辺を嵐の中、五隻の船に分乗して船出
普段であれば三日かかるところをわずかな時間で
阿波の勝浦(現在の小松島市)に着いた
そしてこの地(旗山)に源氏の白旗を標旗として掲げ
軍勢を立て直した後、地元新居見城を居城にしていた
近藤六親家の兵を先導役に屋島へ向かい
わずかの軍勢で背後より攻め、あわてた平家軍は海にのがれた
この奇襲戦により,戦況を有利に導いた源氏が
屋島の戦いで平家を破った』


騎馬像

現代風の作品ですが躍動感があって気に入ってます。

にほんブログ村 徳島の街情報へ

古代米栽培記録④

盆を過ぎてもちっとも涼しくなりませんが、

徳島のあちらこちらでは稲刈りが始まっています。

兼業農家が多いので特に日曜日の今日は稲刈りラッシュのようです。

そんな田園地帯を横目に小松島市和田島町で

宮城さんに栽培していただいている古代米の朝紫を見てきました。

朝紫①
朝紫②
朝紫③
朝紫④

穂が出てます!順調そうで安心...

ところが宮城さんの話によると、高温障害で出来が非常に悪いとのこと。

素人目にはしっかり結実しているように見えるんだけど...

朝紫は東北など冷涼な地方に適した品種らしいので

今年の異常な猛暑には厳しいとのことです。

なんとか来月末に予定している稲刈りイベントには

喜べる状態になっていてくれるといいのですがね!



近くで宮城さんが20種類ほどの古代米を研究用に栽培している

「瑞穂の里」も見てきました。

瑞穂の里①
瑞穂の里②
瑞穂の里③

今年も色んな古代米が育っています。

宮城さんて、本当にロマンチストですね。

この田んぼを見るたびに、宮城さんの夢や信念を感じます。

お米は日本の文化で物語であり、これからもこの国を

支えてイク、大切な資源です。



焼豚と水菜の炒飯
***** 焼豚と水菜の炒飯 *****

休日の今朝もいつもどおりに目が覚めたので、

仕事に出かける奥さんに炒飯弁当を持たせてやりました。

いつも美味しいと言ってくれます。

にほんブログ村 徳島の街情報へ

古代米栽培記録③

先月の田植えから40日経過して、梅雨も明けたので

古代米「朝紫」の田んぼを見に行ってきました。

自宅から30分ちょっとの小松島市和田島町です。

緑が濃い田んぼ
***** 周りの田んぼと比べて緑が濃い *****

田植え後40日
***** 白鷺やツバメが田んぼで遊んでいました *****

分けつ
***** 株別れもしっかりと進んでいるようで安心 *****

慣行栽培と比較
***** この田んぼだけ浮き草がびっしりと *****

浮き草
***** 小さい頃以来、久し振りにさわった浮草 *****

慣行栽培の水田には浮き草も雑草も無いのに

無農薬・有機肥料の古代米の田んぼは、子供の頃の匂いがするほど

浮き草があまりにも多いので稲の栄養を取られるんじゃないかと

心配になって宮城さんに尋ねると

「上に伸びない雑草は心配ない、真夏の日照りで地熱が上昇するのを

防止してくれるし、いいこともあるんよ!」とのこと。安心。

周りの白米と種が混ざるといけないので1ヶ月遅れで田植えしたから、

20cmぐらい成長が遅れてますが、順調なようです。

頑張って大きくなあれ!

にほんブログ村 徳島の街情報へ

古代米栽培記録②AND夏の肴

6月9日に田植えした古代米(朝紫)の田んぼの様子を見てきました。

(徳島県小松島市和田島町はチリメンジャコの産地です。)

周りの白米の稲と品種が混ざらないように稲穂のでる時期を

ずらすため、1ヶ月遅らせて田植えをしましたから、

この田んぼだけ成長が遅れてます。

戦後からずっと、有機農業を続けている宮城さんの田んぼです。

現代のJAS認定の有機とは3年間無農薬・有機肥料で栽培したら

有機農法と認められるようですが、

それとはちょっと違う信念の農業です。

古代米田んぼ
***** 田植えのときより10cmほど伸びた稲 *****

タニシの卵
***** ジャンボタニシの卵 *****

昔、食用に養殖して、まずくて売れなかった外来種のタニシが繁殖し放題。

稲の根を食べてしまう外敵の卵にしては、綺麗です。

古代米研究田
***** 少し離れたところの古代米研究用田んぼ *****

今年は20種類ほど栽培するようです。

古代蓮
***** 2000年前のハス *****

宮城さんはロマンチストで、2000年前の遺跡から

発掘された「古代蓮」も栽培しています。

花が開くには、あと何日かかかるようです。

満開の花を見たい...

冷奴
***** 今夜の肴は、夏・ヘルシー *****

帰り際に宮城さんが「胡瓜をもいで(収穫して)帰る?」

当然、「ハイ!」

この胡瓜は甘い!ビックリです。

モロミ味噌でいただくと、大好きな冷奴が霞むぐらい旨い!


人生は出逢い...。いい方に出逢えて幸せです。

にほんブログ村 徳島の街情報へ

プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR