生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

藍染め体験「藍の館」

今年の社員旅行は地域のいいところを再発見しようと、
会社から30分ぐらいの範囲内で色々と体験してきました。
車で移動しても良かったのですが雰囲気だけでも旅行っぽくしたいので
一応トイレ付きの大型バスをチャーターしました。(お酒も呑めるし)

まずは徳島市の北側に隣接する藍住町の「藍の館」です。
平安時代に始まった藍の文化が、江戸時代に木綿が普及したことにより、
藍が阿波の経済を支えていくことになります。
その当時に大藍商として隆盛を極めた「奥村家」の屋敷が現存しており、
それを貰い受けた藍住町が「藍の館」として運営しています。

産直市 藍の館

広い駐車場に隣接して産直市など今時の建物が並んでますが、
これまた現代的な藍の館から入場して資料室を抜けると、
正面に築200年以上経った奥村家の母家に面した中庭に出ます。

奥村家住宅
***** 左が母屋、右が藍蔵 *****

この東寝床と呼ばれる蔵の中で藍染め体験ができます。
染める白いハンカチやエプロンなどを用意してくれてあり、
準備するものは何もいりません。

柄を選ぶ
***** いくつかの柄の中からデザインを決めます *****

ハンカチを握る
***** ①②を選んだチームはハンカチを絞ってしわを作ります *****

浸ける
***** ふわっと軽く握ったまま藍汁へ1分弱浸けます *****

藍汁は微生物が働き易いように28℃ほどに保たれており
ほんのりと温かいのですが、発酵したアンモニア臭が鼻をつきます。
でもみんな初めての体験に真剣そのもの。
藍汁は藍を発酵させてつくった「すくも」を灰汁に溶かしてつくります。
アルカリでないと溶けないらしい。

放置する
***** 藍汁から引き上げてしばらく空気に触れさせます *****

藍が酸化することにより蒼く染まるのです。
空気に触れて酸化の進み具合で模様が決まるので需要なポイントです。
藍汁がアルカリなので急激に酸化が進むのです。
これを3回ほど繰り返して水で綺麗に洗います。

アイロン
***** アイロンかけたら乾いて出来上がり *****

それにしてもみんな、アイロン掛け上手だなぁ~
うちでやらされているのかもしれません…

仕上げ
***** おおっ~綺麗に染まってる! *****

完成
***** ちなみにちゅんごの作品 リベンジしないと… *****

わずか20分足らずで染物ができるなんて嬉しいですね~
入館料が300円と体験料は素材のサイズで違ってきますが、
このハンカチだと用意してくれて500円です。
家から近いのでまた来たいですね!

おくど
***** 奥村家の母家も見学できます おくど *****

全国から買い付けに来た商人達を接待したので、
広い調理場や宴会場、客間がたくさんありました。

遊山箱
***** 阿波の伝統工芸「遊山箱」 *****

奥村家の蔵のひとつは徳島の伝統工芸品の販売もしていました。
この「遊山箱」は女の子がお出かけするときに
お弁当や甘いものを詰めて持っていくものです。
ひとつ欲しいのだけど今回は予算オーバーのため見送り。
でも欲しいなぁ~
孫が生まれたら絶対買ってやりたいものです!

くわしくは藍住町のホームページで→ 「藍の館


にほんブログ村 徳島の街情報へ


プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR