生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

スーパームーンの月見ケ丘と眉山

スーパームーンの9日の夜は、会社の一泊研修でした。
徳島市と鳴門市の間にある松茂町の阿波おどり空港に隣接した
「月見ケ丘海浜公園」にあるコテージを利用して
夕食と朝食の2回、試行を凝らした料理を楽しんできました。

コテージ夕暮れ
***** 夕暮れとともに調理開始 *****

コテージ
***** コテージを4棟借りました *****

日中の暑さは厳しくても、日が陰るとカラッとした空気が気持ちよく、
コテージのキッチンで調理をしていると雲間から満月が顔を出してきます。
うろこ雲など薄い雲が広がっていて、くっきりとは見えませんが、
それなりに雰囲気のある月で、なかなか趣きがあります。

ぷれぜん
***** 各チームのプレゼン *****

料理が完成してお楽しみの試食と称した宴会が始まります♪
コンテストの後はデッキで満月を眺めながら夜中までお酒を・・・

月
***** これは前日の8日の中秋の名月 *****

前日の仕事の帰り道に吉野川の河口から撮ったものです。
澄んだ空気で、とても明るく輝いていて綺麗でしたよ~
たくさん呑んだのでぐっすりと寝ました…




朝日
***** 早起きして朝陽を拝みに海岸へ *****

うろこ雲穴
***** 朝陽とうろこ雲とぽっかり空いた青い空 *****

うろこ雲
***** 太陽の光を下から浴びて、うろこ雲が輝いてる *****

眉山を望む
***** 逆の南西の方角には徳島市内の眉山 *****

右下には満月が沈もうとしています。
ここから見ると本当に眉のように見えますね~

徳島新聞で以下のような記事があったのを思い出しました。


≪ 徳島市のシンボル「眉山」。その名前の由来を聞かれたとき、
「万葉集」に詠まれた和歌を連想する人は少なくないだろう。

 眉(まよ)のごと雲居に見ゆる
 阿波の山かけて漕(こ)ぐ船
 泊まり知らずも船王(ふなのおほきみ)

大意は「眉(まゆ)のように雲の果てに見える阿波の山をさして
漕ぎ行く船はさてどこで泊ることやら」 ≫

「船王」とは男性、「泊まる」とは女性のことを意味するそうです。
万葉の時代から日本人はロマンティストだったのね。
料理コンテストの模様は後日報告させていただきますm(__)m


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

イチゴ狩りに行ってきたよ!

昨日はせっかくの休日なのに嵐のような雨と風。
こんな時にも美味しく遊べるところがあります。
それはイチゴ狩り!

徳島市内の自宅から20分ほどのところの鳴門市にある
フルーツガーデン山形さんへ行ってきました!

なり
***** シーズンで料金は変わりますが今は大人1200円 *****

大粒で甘い「章姫」と香り高く濃厚な食味の「さちのか」を掛け合わせた
「紅ほっぺ」という品種です。
「ほっぺが落ちるほどコクのある味わい」ということから名付けられたそうです。

もぎ

ちょうど小さな子供の目線に生るので採りやすそうですね!
牡蠣パウダー、海藻エキスなどのオリジナル肥料で育てられていますし、
高段栽培になっているので衛生的で洗わずにそのまま食べることができます。
農薬に頼らない栽培だから小さな子供にも安心して食べさせられますよ!

いちご
***** 種まで真っ赤になったのが美味しいしるし *****

やっぱり大きいのが甘くて美味しいですね~
もとを取らなくっちゃと、いやしい思いで
ひとり3カップずつも食べてしまいました・・・
当然お腹いっぱいになりお昼ご飯は抜きにしました♪


詳しい情報はこちらから⇒フルーツガーデン山形


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

早朝の神事☆大麻比古神社

今朝は、今日明日と吉野川市で開催される
「日本麻フェスティバル」に関東から参加される方々を
バスの到着する早朝に鳴門市の大麻比古神社でお出迎えしました。

境内
***** 広い境内の中央にはご神木の大楠 *****

神木大楠
***** 樹齢千年のど迫力 *****

このクスノキは大好きで年に何度か見に来ています♪

拝殿
***** 正面奥の拝殿 *****

今朝はあいにくの雨でしたが、
しっとりと濡れた屋根や石畳が心を洗ってくれます。

拝殿内 国家独唱1 
***** 鳴門市長など150人以上が拝殿にて参拝 *****

国家独唱 キリロラさん
***** 国家を独唱しながら舞うキリロラさん *****

宮司さんの祝詞の後の国家独唱は見事でした。
このキリロラさんは髪や腕に「麻」を装飾しています。

「麻」は古来より日本文化に大きく影響を与えており、
生活では衣類の繊維として、また紙や紐としても
重要な役割を担ってきました。
古代の繊維としては最大の引っ張り強度を持っていたので、
弓や楽器の弦として、漁具のテグスや網・ロープとしても
活躍してきました。農業においても同じでしょう。

現在は国内での麻の栽培に厳しい制約がありますし、
化学繊維などの台頭によりほとんど栽培されていません。
それでも横綱のまわしは今でも麻で作られているそうです。
強さの象徴みたいです。

赤ん坊の産着を麻模様にすることがありますが、
これはすくすくと健康に育つようにとの願いですね。
(麻は数か月で3mほど成長します)

神事に使う幣なども本来は麻で作られていました。
つまり「麻」は、生活、仕事、芸能、戦、祭事など
日本人にとってもっとも重要な繊維だったのです。

現在、麻を栽培し加工する方は全国でも数えるほどらしいですが、
そのリーダーをされている栃木県鹿沼市の大森さんが
今回の「日本麻フェスティバル」のメインゲストです。

3年前に大森さんの麻畑と工房を訪問させていただきましたが、
日本の生活文化の根源ともいえる「麻」の継承にかける情熱と
太陽のようなお人柄に感銘したのです。
そして、お話を伺う中で、
阿波の忌部一族が品質の優れた麻をこの地で栽培して、
黒潮に乗り、関東までその種と栽培技術を伝播した歴史を
この大麻比古神社と吉野川市(旧麻植郡)の忌部神社に
ますます感じるようになりました。

その大森さんに朝からお会いできて
とても良い一日の始まりとなりました。



=====PS=====

じっくり見ると、この記事が1000回目でした。
三日も日記をつけたことのない自分ですがよく続いたねと
たまには自分を褒めてやりたいと思います…


にほんブログ村 徳島の街情報へ


メタボ会長来たる!

4月21日から始まった我が家の黄金週間も今日で終わりました。
って、3週間も休みがあったわけではなく、
仕事の合間に遊びが続いただけですけど…

その〆に大御所のメタボ会長が神戸から遊びに来てくれました!
本当は先月に来られる予定だったのでスタートのはずが、
体調を崩されて、おおとりとなった次第です…

昨日の夕方にホテルのロビーで待ち合わせ。
スタートは紺屋町の和処蓮菜(はすな)さんから。
先は長いので国産の白ワインとあっさり系の肴でぼちぼち始めます。

かつお 鯛白子焼き
***** 鰹の塩タタキと鳴門天然鯛の白子焼 *****

メタボさんはちゅんごがブログを始めた頃から
コメントをいただいたりしてお世話になっていました。
ブログって誰かに見ていてもらってるって実感できることが
継続する元気になりますから…

岩牡蠣 炙り鯖
***** 岩牡蠣の酢の物と炙り鯖 *****

メタボさんには、それからたくさんの寄せる試練に立ち向かいながら
いつも元気に前向きに生きてる姿に勇気をもらうことができました。
徳島はメタボさんにとって悲しい思い出のある地なので、
きっと今回も少なからず戸惑いを感じながら来ていただいたと思います。

そんな回顧の話に気をはせながら呑んでると、
仕事を終えた奥さんが合流してくれましたので、
蓮菜の大将の丁寧なお見送りで秋田町に場所を変えて
地中海料理の美味しいドレッセカンダさんまで夜の街を歩きます。

KANDA.jpg
***** ドレッセKANDA *****

狼桃トマト ピッツァ
***** 狼桃トマトとピッツァ *****

奥さんの大好きな「狼桃トマト」。この時期だけの限定メニュー。
マスターとママさんを交えて楽しい会話が続きます。
そして最近の〆に欠かせないスイーツバーRYUさんへ。

デザート
***** スイーツバーRYU *****

本当はRYUさんの前後にも呑み歩いたのですが、
あまりに長くなるので省略します…



そして一夜明けた今日は徳島県北部の鳴門市観光に。

霊山寺
***** 四国霊場一番札所霊山寺 *****

楠
***** 阿波一宮「大麻比古神社の神木 *****

大鳴門橋
***** 淡路と鳴門をつなぐ大鳴門橋 *****

渦
***** 鳴門の渦潮 *****

メタボ会長、次回は奥さんと来てくださいね!
そして、もっと時間たっぷりに…


にほんブログ村 徳島の街情報へ


ワカメの浜茹でが美味そう!

鳴門の渦潮を見に行こうと観潮船乗り場で時間待ちをしていたら、
近くの浜でなにやら湯気がたくさん立ち上っているのが見えます。
なにをしているのかと興味津々で近づいてみると、
漁師さんたちが水揚げしたばかりのワカメを茹でているところでした。

採れたてワカメ
***** 刈り取られたばかりのワカメ *****

ボイル
***** ワカメ茹でマシン! *****

ステンレス製のボイル槽にポンプで海水を引き込み、
バーナーで加熱して沸騰させています。
槽の端にはコンベアが接続されていて茹で上がったワカメが、
FRPの水槽に移動していきます。

ボイル終了
***** 30秒ぐらい茹でると綺麗な緑に *****

冷却
***** 家族単位でしょうか?たくさん茹で器があります *****

冷却用の水槽は3段になっていて最後の水槽から
取り上げたときにはすっかり冷えています。

できたてワカメ
***** 綺麗な緑ですね~ 美味しそう *****

後はミキサーで塩をまぶして鳴門ワカメの出来上がりです。

ワカメ工場の見学には何度か行ったことがありますが、
こうやって露天でもやってるんですね。
あっという間に茶色い原藻が緑に変化するのは見ていて楽しいものです。
香りもたまりません… ワサビ醤油でいただきたい。


にほんブログ村 徳島の街情報へ


プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR