生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

室戸岬2日目の海岸散策

道の駅「キラメッセ室戸」の駐車場で迎えた2日目も
この時期とは思えない素晴らしいお天気に恵まれました。

車内でサンドイッチとカップ麺の簡単な朝食をすませ、
国道55線を徳島方面へ向かい、
24番さん(最御崎寺)へ通じる山歩きの遍路道入り口にある
駐車場へ車を止めます。

この駐車場の隣には遠洋漁業などの海難事故で亡くなった人たちを
水掛地蔵としてお祀りしてありました。

水掛地蔵
***** お地蔵さんの見詰める先は太平洋 *****

水を欲しがりながら亡くなった方を思い、
水をかけてあげるのだそうです。
仕事柄、遠洋漁業の災難にはこころが痛みます…

さてここから国道下の海岸に沿った遊歩道を歩きます。

岬の岩場

岬の浜
***** 月見ヶ浜 *****

岬の海

岬の海2
***** 室戸岬の突先、灌頂ヶ浜 *****

歩きやすく整備された遊歩道ですが、浜へ下りられることろもあります。
約1600万年前の深海に降り積もった砂や泥の層が、
地殻変動で隆起し垂直近くまで傾いた地層を
タービダイトといいますが、それに触れると地球の生命力を
間近に感じることができます。
少しばかり海岸を離れて樹木の茂る方を歩いてみると、
その地層にしっかりと根を張り、たくましく生きる生命もあります。

アコウの木
***** アコウの木 *****

アコウは亜熱帯性の植物で強烈な海風に耐えられるよう、
気根(きこん)を恐ろしいほど岩に伸ばし、
まるで地層を締めつけているかのように見えます。

アコウの花のう
***** アコウの花 *****

アコウの花はイチジクと同じような隠頭花序で(小さいけど)
幹や枝から直接咲いているように見えます。
中を割ってみるとイチジクそっくりな構造になっています。

さて折り返して反対方向の北へ遊歩道を進みます。

遊歩道の雲

遊歩道のエボシ岩
***** エボシ岩 *****

遊歩道のビシャゴ岩
***** ビシャゴ岩 *****

空海も、この空と海を見つめながら、
宇宙次元の無償愛を感じたのかもしれません。
時に荒れ狂い、時に地鳴りを響かせ、
それでいて底知れぬ恵みを与えてくれる…
その偉大な自然と向き合い、人々が支え合うことが道だと。




メジロ
***** まるまると肥えたメジロ *****

遊歩道の中でも樹林地帯には野鳥がたくさんいます。
その中でも目立つのが、室戸市の鳥にも指定されているメジロ。
トベラの熟し切った実を啄んでいます。
ちゅんごもトベラの弾けた実の中を舐めてみましたが、
甘みがあります。これは栄養豊富そう!

3時間ほど室戸の海岸散策を楽しんで駐車場に戻りました。
でもまだ昼食までに時間があるので、
24番さんへの遍路道を少しばかり登ってみました。

弘法大師一夜建立岩屋や捻り岩など
纏わりスポットもあって退屈せず山歩きが楽しめましたが、
この旅の道中でどこでも見かけた「くわずいも」の見事な葉っぱ振り!
には思わず記念写真を撮ってしまったほどです。

遍路道のくわずいも
***** この地では空海ゆかりの伝説が残るクワズイモ *****

再び駐車場へ戻ると丁度昼食タイムになり、
車で近くの「シレスト室戸」へ。

シレスト鰹塩タタキ丼 シレスト、オムカレー
***** 鰹塩タタキ丼とオムカレー *****

ちゅんごは飽きることなく鰹をいただきマスが、
奥さんは躊躇することなくカレーをオーダーしました!
魚ばっかりだったものね。

この後は館内にある海洋深層水のプールでリハビリし、
お風呂に入ってくつろぎました♪
いい施設なのに空いていてもったいないなぁ~
近くなら再々来たい施設です。

帰り道も道の駅に何ヵ所も寄って肴の調達をしっかりしました。
近くて遠い室戸岬。たっぷりと楽しめました。


室戸で車中泊☆キラメッセ

室戸中を車で走り回り、車中泊のスポットに決めたのは、
道の駅「キラメッセ室戸」
決断のポイントはトイレが綺麗、眺めが素敵、
国道との間に建物があるので走行車の騒音や光が気にならない、
そして何と言っても流行ってるレストランがある!
到着したのは太陽が海原へ潜り込もうとしている頃。
昼間来た時に心配した強風も収まり、波も穏やかになっている。

車中泊の海
***** おお~いい感じ!! *****

駐車場面の水平を気にしながら車を止めました。
1列目と2列目のシートを前へ移動し、
3列目のシートを跳ね上げてスペースをつくります。
床にキャンプマットと封筒型の寝袋を敷きつめ、
今回購入した3シーズン用のダウンシュラフを広げて寝床の完成。
冷え込むとこのシュラフでは寒いと思われるので、
予備にもう一枚封筒型の寝袋を掛布団用に持参しています。

車中泊
***** いいロケーションだなぁ *****

寝床ができたのでさっそく敷地内のレストランへ。
夜もたくさんのお客さんで賑わっています♪
2階で宴会も入ってるようで、厨房もホールも大忙しのようです。
なかなか料理が来ないので、ビールを呑みほしてしまいました(笑)

鯨の郷刺身定食 鯨の郷、鯨御前
***** 刺身定食と鯨御膳 *****

いい感じで酔いも回ってきたので追加の料理を注文しようとしたら、
出来上がるまでかなり待つことになりそうなのでこれで終わり。
夜も賑わってる道の駅のレストランってある意味凄いかな。

まだ時間は早いけど車に戻り、産直などで調達した肴で呑み直し!
山用のシングルバーナーで湯を沸かし、
焼酎やバーボンの湯割りを楽しみます。
それでもすぐに眠気に襲われ寝床に潜り込んで爆睡でした。
朝方は氷点下近くまでグッと冷え込んでいたので、
トイレに行ったついでにダウンパーカーを着込み、
予備の寝袋をかけると温かい二度寝ができました。

春夏秋と用途の広い3シーズン用のダウンシュラフでは、
真冬の車中泊はどうかなと思っていましたが、
工夫次第で快適に寝られるものですね。

①シートの上は凹凸があるので避け、フラットな床に寝床をつくる
②サーマレストの折り畳みテントマットを敷く
③寒さ対策用の封筒型寝袋(とっても年代物)を開いて布団代わりに使う
④しっかり着込んで寝る

それに寝床のスペースを確保できる自作のテーブルがとても活躍しました。
夜に呑むときや朝食時は調理台兼テーブルとして、
就寝時には荷物置き場として使うと大活躍です。
今回は画像を取り忘れたのでまたの機会に紹介します。

それでは寝床を撤収して室戸岬の二日目に出発!

室戸岬めぐりの旅に行ってきました!

今月はじめの連休に高知県の室戸岬へ車中泊の旅へ行ってきました。
学生時代にバイクで訪れて以来ですから、
もう35年振りぐらいになるなぁ~
同じ四国内でも香川や愛媛は仕事や遊びで出かけることが多いのですが、
高知はどうも機会が少なく、大人になってから2回行っただけです。
それも高知市方面ですから、室戸岬とはまったく縁がありませんでした…

そして南国ともいえど、零度近くまで外気温の下がる車内で、
快適に睡眠をとることができるか、
新しく買った寝袋の検証をしてみたかったことも旅の目的のひとつです。
って、これをやりたいがための旅かも?

初日の朝早く徳島を発ち、途中の道の駅などで休憩を取りながら、
3時間ほどで室戸岬の見える夫婦岩に到着です。
けっこう遠いんだよなぁ~
3時間あれば徳島から京都や松山まで行ける時代なのに…

鹿岡の夫婦岩
***** 鹿丘の夫婦岩 *****

ひとつの巨大な岩が風化や波に削られて夫婦になったらしい。
伊勢の夫婦岩よりずっと大きくて迫力があるかな?

鹿岡より室戸岬
***** 夫婦岩から見る室戸岬 *****

長崎で育った奥さんは太平洋に馴染みが薄く、
雄大に広がる水平線にワクワクしているようです。

ここから数分、車を走らせると、
弘法大師さまが自らを「空海」と名乗るきっかけとなる
修業をされたとされる「御厨人窟」(みくろど)に。

みくろ洞

以前は洞窟の中まで入ることができたようですが、
岩崩れの危険があり入れなくなっていました。
洞窟の中から「空と海」を眺めることを楽しみにしてたので残念。
1200年前と比べて海岸線が5mほど隆起しているし、
間に国道も走ってるから、入れても眺められたかどうか…

この後、岬の突先の海岸を散策したりしながら、岬をぐるっと回って
西側の室戸新港に併設された道の駅「とろむ」で昼食にします。
やっぱり高知に来たらカツオでしょ。

道の駅とろむの鰹タタキ丼セット 道の駅とろむの刺身定食
***** 鰹タタキ丼セットと刺身定食 *****

岬の東側はそうでもなかったんだけど、
西側のこの辺りは凄い西風が吹き荒れ、とっても寒い!
で、奥さんは温かいうどんとセットになった鰹丼。
ちゅんごは地元の天然ブリと飛び魚の刺身定食。
飛び魚が新鮮でとても甘い旨味があって、
車じゃなかったら日本酒をいただきたいところです。
最近の道の駅は食事も美味しくなってるなぁ。

ここから高知市方面へ15分ほど走ったところにも道の駅があります。
「キラメッセ室戸」
産直で買い物をしてレストランを偵察してみると、
並んで待ってるお客さんがいっぱい!
連休ということもあるんでしょうけど、とても人気のようです。
まあさっき食べたばかりだから中に入るのは我慢して、
岬の方へ戻り、室戸スカイライン経由で灯台へ向かいます。

車は四国霊場24番最御崎寺(ほつみさきじ)の駐車場へ。
灯台への道のりは歩きになりますので、先にお寺へお参りします。

24番お願い地蔵さん
***** 参道には1体100円のお願い地蔵さん *****

24番最御崎寺
***** 四国霊場24番札所「最御崎寺」 *****

ルートを間違え裏道から入ってしまって失礼しましたが、
なんとも歴史の風格を感じる立派なお寺です。
真冬なのにお遍路さんもたくさんいらっしゃいました。

このお寺から岬の方へ少し下ると室戸岬灯台にでます。

室戸岬灯台
***** 日本最大級のレンズを持つ灯台 *****

明治32年に初点灯され、約49km先まで光が届くそうです。
長きにわたり海の男たちを見守って来たことでしょう。
でも、海面から約150mの位置にありますので、
建物自体の高さは無く、中へ入ることもできません…
ちょっと残念。

室戸岬灯台より
***** 灯台からの眺め *****

岬の突先の岩礁や大海原を間近に眺めることができました!
今度は車で岬の海岸線まで戻り、
中岡慎太郎像とその上の展望台からの眺めです。

中岡慎太郎像
***** 幕末の志士 陸援隊隊長 中岡慎太郎像 *****

展望台より突先
***** 像の裏から少し階段を上ると展望台が *****

この旅は室戸岬だけなので、時間はたっぷりあります。
この後またスカイラインを通って山頂の展望台へと向かいました。

スカイライン展望台より
***** 津呂山のある展望台より *****

展望台から北側の室戸岬の付け根の方向を見ると
左の海が高知県側、右側の海の先が徳島県。
今日は室戸岬の展望を巡る一日になったかな?
でもまだ日があるので、室戸市内にある四国霊場25番と26番にもお参り。

25番津照寺 26番金剛頂寺
***** 25番津照寺、26番金剛頂寺 *****

半日かけるとあちこちと回れますね。
さて半日かけて選択した車中泊のポイントで寝床を準備しよう。


奥飛騨新平湯温泉「花ごころ万喜」

この旅、3日目の宿は奥飛騨温泉郷の新平湯温泉。
安房トンネル岐阜県側の平湯から10分ほどR471を下ったところです。
想像してたより少しさびしい感じのする温泉街なので、
どんな宿なのか不安を感じながらのチェックイン。
女将さんがタンポポコーヒーで迎えてくれました。

花ごころ万喜」は奥さんが女性の感性で選んだ宿らしく、
館内の至る所に花が飾られていて、
ほっこりするおもてなしの空気に満ちていました。
部屋数は6部屋で、女将さんと旦那さん、もう一人の女性、
この日は3人で切り盛りされているようです。

部屋の花
***** 部屋に飾られていた花 *****

お部屋は広く綺麗で、旅の疲れをとるのにいい感じです!
さっそく、少し離れたところにある貸切露天風呂へ。

蔵露天風呂
***** 蔵を利用した露天風呂 *****

この中に2つの貸切露天風呂があります。

蔵露天風呂2
***** 信楽焼きの湯船 *****

木の温もりと冷やりとした風が心地よく、
思わず床に寝そべってうたた寝しそうになります。
これぞ和のおもてなしって感じかなぁ~

ゆっくりと湯をいただいた後は散歩に出かけました。

花畑
***** 至る所に花畑が *****

車で走ってると寂しい感じを受けたこの周辺。
じっくり歩いてみると地域でのおもてなしを垣間見ることができます。

紫陽花赤 紫陽花青
***** 色とりどりの紫陽花 *****

ホオノキの実 蕎麦畑
***** ホオノキの実、蕎麦畑 *****

朴葉味噌に使う葉っぱもこうして栽培してるんですね。
大きな実がなってるのをはじめてみました。
蕎麦もちょうど花が咲いていて綺麗な風景になっています。
こうして作物と文化が密接して感じられるのは、
旅客にとってとても良いことだと思います。
そう言えば、宿の料理に使う野菜もほとんどが自家栽培とか。
さっきいただいた離れの露天風呂周辺にも
様々な野菜が植えられていました。

川の方へ下っていくと、整備された親水公園があり、
砂防ダムからの流れが素敵です。

砂防ダム
***** 景観に配慮された?砂防ダム *****

コンクリート感がなくて自然体に感じます。

砂防ダムトンネル
***** イルミネーションのトンネル *****

砂防ダムの真下はトンネルになっていて、
イルミネーションが施されています。
流れ落ちてくる滝のような流れを内側から見ることができ、
水飛沫の涼感がとても気持ちいい!

さて、宿に戻って夕食の時間になりました。

献立 白真弓
***** 献立と今夜の酒「白真弓」 *****

奥さんが楽しみにしていた飛騨牛のしゃぶしゃぶがメイン。
A5という響きに表情が高揚しています。

鍋 シャブシャブ肉
***** 柔らかく甘みが強く、あっさりとした脂が旨い! *****

郷土料理
***** 女将さん作の郷土料理 *****

岩魚 焼トマトマリネ
***** 鱒の塩焼と創作料理の焼きトマトマリネ *****

ご飯や自家製の漬物も美味しかったなぁ。
板さんのいる料理旅館とは違った意味で、
とても美味しくいただきました。

朝食は野菜料理。

朝食
***** 自家製野菜をふんだんに *****

朴葉味噌
***** ご飯が進む、朴葉味噌 *****

部屋のトイレや夕食の席には、私たちの名前入りで
女将さん直筆のメッセージが筆文字で添えられており、
素敵な旅のお土産になりました。

物にあふれた今の時代。
感性に響く和の心のおもてなしが一番嬉しいかも?
女将さん、ありがとうございました!

上高地散歩 帝国ホテルでスイーツ

上高地二日目の朝、もう少し早く起きるつもりだったのに、
寝心地の良い布団だったからか寝坊してしまいました・・・
身支度を整えて窓から外を覗いてみると、
もうすっかり日が射してます。

部屋より 部屋より2
***** 「五千尺ロッジ」部屋からの眺め *****

急いで河童橋周辺へ散歩に出かけました。

梓川の朝
***** 今日も綺麗な梓川の流れ *****

河童橋の朝
***** 朝日の射す河童橋 *****

30分ほど散歩を楽しみ朝食です。
オープンと同時ぐらいに食堂へ行きましたが、
もうすでにほぼ満席になってます。
座れない時は席が空くのを待たないといけないらしい・・・
かろうじて座れました。

五千尺ロッジ朝食 飲むサラダ
***** 朝食もバイキングだけど美味しい *****

食後すぐにチェックアウト。
ちゅんごのザックに今日必要なモノを詰め込んで、
奥さんのはフロントで預かってもらいました。
連日の背負いで少々疲れてるようなので・・・

河童橋そばの宿からは、梓川右岸を下流へと足を運びます。
明治時代に日本アルプスの素晴らしさを世界に発信した、
ウォルター・ウェストンさんの碑を通過し、
小さな穂高橋と田代橋を渡り、左岸へ。

田代湿原
***** 田代湿原 *****

田代池
***** 田代池 *****

周りを高い山に囲まれているのに、
開けた空間が多いのが上高地の魅力です。
自分の立ち位置周辺と険しい山々景色がマッチングして、
独特の雰囲気が感じられます。

この辺りは、昨日の徳沢までの道とは違い、
バスツアーで来られた団体さんが、
身軽な格好でぞろぞろ歩いています。
ハイシーズンなら渋滞するんでしょうね。

ロッジから1時間半ほどで大正池に着きました。

大正池と焼岳2

大正時代に焼岳の噴火で梓川が堰き止められてできた池です。
想像していたよりずっと大きくて、池というより湖かな。

大正池と焼岳

広い河原には灼熱の光が降り注いでいますが、
木陰に入れば乾いて澄んだ風がとても気持ちいい!

大正池ホテル横でトイレをすませ、引き返します。
これから本日のお楽しみ。

帝国ホテル
***** 上高地帝国ホテル *****

ランチには時間が早いし、
朝食がバイキングだったのでお腹もあまり空いていない。
迷った挙句、ケーキセットで珈琲をいただくことに。

帝国ホテル煙突
***** ロビーラウンジのマントルピース *****

玄関を入った正面のマントルピースの横の席に案内されました。
ケーキセットから選んでると、
迷った人へのお勧めだとかで「特製ケーキ5種の盛合せ」を紹介され、
奥さんはそれを。ちゅんごはアイス珈琲だけたのみました。

帝国ホテルスイーツ
***** ケーキの盛合せセット2400円 *****

どれも上品な味で、奥さんは満足そうにいただいていました。
歴史を感じる落ち着いたラウンジには気品のある奥様方が、
優雅にティータイムを楽しんでおられます。
場違いな格好のちゅんごたちですが、
珈琲をサービスでお代わりをしてくれたので気にせず浪漫に浸ります。

ここからは、梓川左岸を河童橋まで戻り、
宿に預けてあったザックを取りに行きました。
この時、宿泊パックセットのアップルパイも受け取ります。
ホールサイズのものを2つも・・・ ひとり1個なんだって。
家と娘の分のお土産ができました♪
※このアップルパイは上高地スイーツの定番でとても美味しかったです。

上高地で昼食をとってから移動する予定でしたが、
お腹も空かないので、昼過ぎにシャトルバスに乗り込み、
沢渡駐車場に止めてあったマイカーで奥飛騨温泉へと向かいます。
結局、昼食は抜き。
温泉旅館での夕食を美味しくいただくために・・・ネ!

プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR