生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

休日の雪は楽しいなぁ

節分の翌日の日曜日。
徳島市内でも朝から雪が降り始め、
みるみるうちに道路が真っ白になり、
車には5cmほど積もりました。

急いで支度をし、歩いて眉山へ向かうと、
街のあちこちでは子供たちが嬉しそうにはしゃいでいます!
いつものように三島神社の登山口から入山して、
新雪をギュギュっと踏みしめながら山道を歩くと楽しい~
仕事の日なら渋滞や事故の心配ばかりですが、
休日なら気にすることなく雪を満喫できます♪

山頂に着くころには雪は止みましたが、
眉山の北側から東側にかけては真っ白になっています。
南側はほとんど降っていないようで学校のグランドなども、
土が見えてる感じ。
眉山のような小さい山でも気象に大きな影響を与えるんだなぁ~と感心。

眉山山頂より
***** 北東側の徳島市内から鳴門にかけては真っ白 *****

雪だるま
***** 誰かがつくった雪だるまが可愛い♪ *****

いつもの東屋まで移動して、
焼きおむすびとカップ麺でお昼ご飯にしました。
この東屋は南向きなので平地も山にも雪が見えません・・・
想像してたのとは違う景色だけど、
空気は澄んでいて四国最東端の蒲生田岬まで見えてます。

雪国にお住まいで、毎日雪と格闘されている方からみれば、
なんとも不謹慎ですが、
雪道やウインタースポーツをあまり経験したことのない私たち夫婦は、
テンション上がりっぱなしの散歩となりました。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

新春の眉山散歩

正月の行動パターンは元日に初日の出を見に行って、
おせちで呑んで、料理をしながら呑んで。
2日は忌部神社へ初詣からショッピングモールで買い物。
その夜はジジの誕生日会で呑んで。
と、運動不足になりがちなので、
3日は息子を連れ出して眉山へ散歩に出かけました。

家から眉山の展望台までは三島神社経由で約1時間。
丁度良い散歩になります。

山頂より徳島市内
***** 展望台より東側に広がる徳島市内 *****

展望台から東側の紀伊水道までの間は市街地になっています。
中央を流れるのは吉野川の支流「新町川」。

山頂より淡路島方面
***** 北東側には吉野川と淡路島 *****

画像ではわかり難いですが六甲や和歌山の山々まで
見通せるほど澄んだ空気でした。
でも気温が低く風が強く、小雪が舞ってきたので、
いつもの東屋まで移動してソーセージとカップ麺で簡単なランチにしました。
正月も3日になるとジャンクなものが食べたくなります…

帰りは春日神社へ下り「和田の屋」さんで「滝の焼餅」をいただきました。

下山
***** 下山途中の登山道 *****

キバナアマ
***** 和田の屋さん近くにはキバナアマが真っ盛り *****

運動不足解消にはほど良い散歩になったかな~


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

冬の徳島☆眉山散歩

12月も終盤にさしかかり、気持ちばかり忙しくなっています。
そんな中でもおせちの準備がひと通り目途がついたので、
久し振りに近くの「眉山」へでかけてきました。

家から歩いて15分ほどにある三島神社から登ります。
気温は3℃ぐらいで風も強いから、寒さ対策は万全にしてきましたが、
登り始めるとすぐに体が温まってきたので、
ネックウォーマーを外し、ジャケットをぬいでも胸元を汗が流れます・・・
それでも山頂駅に着いて少し休むと、急激に冷えてくるので、
またジャケットを着こみます。服装のコントロールで忙しい・・・

少し大気が霞んでいるものの、展望台からの眺めはまあまあです♪

展望台より吉野川
***** 山頂駅近くの展望台より *****

いつもランニングしている吉野川が、どっしりと横たわって見えます。
架かる橋は左から「吉野川橋」「吉野川大橋」「しらさぎ大橋」の3本が並んでいます。
画像が切れていますが右端の河口では高速道路橋の橋脚基礎工事が進んでいます。

しばらく故郷を眺めてから駐車場に隣接する東屋でコーヒーを飲み、
お花見広場へ移動しました。

お花見広場より眉山北方面
***** お花見広場のガゼボ裏より *****

ここからは吉野川下流域の徳島平野が見渡せ、
眉山と阿讃山脈に挟まれた吉野川がやはり目立ちます。
2本の橋が架かっていますが、
左が「四国三郎橋」、右がJR高徳線の鉄橋です。
この辺りは早春になると「野蒜」や「セリ」をたくさん収穫できる宝の河川敷♪

この画像で一番高く見える山が「大麻山」で、
麓には阿波一ノ宮「大麻比古神社」と四国霊場一番札所の「霊山寺」があります。
古代はこの辺りは海だったようで・・・

じっとしてると寒いので車道を西へと向かい、縦走路へと入ります。

眉山縦走路
***** 落葉して木漏れ日の多くなった縦走路 *****

眉山最高地点
***** 眉山最高地点 *****

いつきても楽しく歩けるこの縦走路は散歩にピッタリです!
眉山の最高地点で折り返し、再びお花見広場へと帰ってきました。
いい具合にお腹も空いたので予定通り、とっておきのランチを準備します。

野鳥観察東屋
***** 野鳥観察ゾーンの東屋 *****

ここからは眉山の南側、勝浦川や小松島方面が見通せます。
日当たりがよくポカポカしますが、
風が吹くと寒いので、ダウンを上下に着込んでスタンバイ♪

鴨鍋
***** できた!山めし「鴨鍋」 *****

少し前に食べた、毛蟹と牛肉の酒粕味噌鍋の汁をペットボトルに詰めてきました。
これをベースにスープをつくり、鴨鍋セットとキムチを加えて出来上がり!
寒いから鍋ならなんでも美味しく感じるのでしょうが、
複雑な旨味のコラボレーションが絶妙に美味しい♪
スープを飲み過ぎないように食べ切ったら、生餃子を投入。そして〆は「サリ麺」。
冬の山めしは鍋に限るなぁ~
ホットバーボンをちびちびといただきながら、まったりランチでした。

ツバキ

この東屋の周囲には「つばき」が咲き誇っていて、
殺風景な冬の彩りに一段と華やかでした。

家から徒歩圏内に、こんな自然が満喫できる環境に感謝です。
「とくしま」いいよ~


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

神山温泉 四季の里

あっと言う間に11月も終わりで、今年もあとわずかになりました。
今月は超忙しくて、その上ランニングの時間もしっかり取ったので、
バタバタばかりしていました・・・

そのひとつが、築20年以上経つ我が家のリフォーム。
って、そんなに大層なものではなくクロスや畳・障子の張り替えなどですが、
リビングやキッチンの家具を移動したり掃除したりと、
仕事から帰って、奥さんと二人で夜中までひーこら言いながら残業していました。

もうひとつが、ジジババを連れての温泉旅行。
二人とも足腰の具合がだんだん悪くなってきたので、
まだなんとか歩けるうちにと、
泊りがけで近場の神山温泉へ行ってきました。
徳島市内のわが家から3~40分ですから、
長時間車に乗るのがイヤなジジも大丈夫だろうと・・・

まずは温泉の近くにある「大久保の乳銀杏」の黄葉を見に。

大久保の里山風景
***** 大久保の里山風景 *****

左の大きな銀杏の木が「乳銀杏」なのですが、少し早かったようです。
右側の4本並んでいる普通の銀杏の木は黄葉真っ盛りなのに・・・
銀杏祭りの準備をされてる方がおっしゃるには
「乳銀杏」は栄養の吸収が良いから他の木より遅れて色付くのだそうです。

銀杏の黄葉
***** 4本並びの銀杏を横から撮ってみた *****

一番目の写真では小さく見える4本並びの銀杏も、
近くによると立派な木です。
いかに「乳銀杏」が大きいかわかるでしょ?
立札によると、推定樹齢500年、幹回り13m、樹高38m。

神山の観光スポットは車移動が長いので、
さっそく温泉にチェックインして大浴場にゆっくり入って
お楽しみの夕食です。

前菜など
***** 地元の食材を活かした前菜など *****

そば米スープ 蓮根饅頭
***** そば米スープと蓮根饅頭 *****

造り 陶板焼き
***** お造りと陶板焼き *****

格安の宿泊プランだったので、
食事はそんなに期待していなかったのですが、
素材も味付けのバランスもとても満足するものでした!

翌朝は奥さんと二人で軽くジョギングして、
朝風呂に入ってから朝食です。

朝食
***** 贅沢じゃないけど大きな味噌汁が特徴的 *****

具だくさんの大きな味噌汁がとっても美味しいの♪
贅沢じゃないけど「ザ・日本の朝飯」って感じで、
ひとつひとつのおかずが丁寧につくられていて満足です!

温泉の泉質をとても気に入ってるので、
日帰り入浴には数えきれないほど来てるけど、
宿泊したのははじめてなんです。
こんなにリーズナブルで美味しい料理がいただけるなら
リピート間違いないな~

ダイニング
***** こんな風景は食事を美味しくしてくれる *****


そして11月のメインイベントは娘の結婚式でした。
奥さんの実家のある長崎からもたくさん来てくれたので、
阿波おどりを見に行ったり、夜の街をご案内したり、
なんやかんやとお接待に奮闘していました。
その様子は機会があればアップしたいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

お気に入りの眉山散歩再開

昨年はじめて眉山の本当の山頂へ散歩して、
あまりにも快適なハイキングコースだったので、
それから幾度となく歩くようになりました。

たくさんある登山口のうち5か所ぐらいは、
家から歩いて20分~30分ぐらいだし、
そこから大抵の人が山頂だと思ってる
ロープウェイ山頂駅のある展望台までは30~40分ぐらいで、
休日の長めの散歩に丁度良いのです。

更に本当の山頂までは1時間弱かかるんだけど…
そこまでの縦走路はアップダウンがほとんどなく、
自然林に包まれた歩きやすい遊歩道なんです。
時には走ってトレランの真似事みたいなこともやってます。

家から歩きってことはランチタイムにお酒が呑めるってことです!
って、これが重要で、
見晴らしの良いお気に入りの東屋にクッカーを持ち込み、
パスタなどをつくってワインやバーボンを呑みながら、
休日のランチタイムをゆっくり過ごすのが幸せ。

特に桜の季節は花見にうってつけで、
トイレや水場も整備されてるから、
テントで一晩過ごしたこともあります…

だけど標高300mもない低山なので、
暑い季節はどうしても足が向きません…

涼しくなってきた先日の休みに、
そんなお気に入りの眉山散歩へ久しぶりに出かけてきました。
今回は家から一番近い三島神社の登山口のから出発。
このコースはこれまでの中で一番歩きやすいルートです。

三島神社ルート中腹展望所より
***** 中腹の展望所より吉野川を望む *****

涼しいとはいえ、少し登ると額から汗が噴き出してきますが、
息が上がることも無くロープウェイ山頂駅の展望台に着きました。
少し霞んでいましたが、いつもの散歩コースの城山や吉野川、
そして淡路島までよく見えます。

眉山山頂展望台より
***** この画像は帰り道 *****

トイレ休憩をして本当の山頂を目指します。
ここから駐車場へ下り、お花見広場を散策しながら西へ進み、
暫しの間、西部公園方面へ車道を歩くと縦走路の入り口になります。

縦走路
***** こんな遊歩道がお出迎え *****

ほとんどフラットな日陰のルートなので、
汗をかくことなく快適な散歩ができます。
そしてあっという間に本当の山頂(290m)に到着。

本当の山頂
***** 眺望は良くありませんが落ちつける山頂 *****

水分補給をして眉山公園へ引き返します。
ちょうど昼時に公園内の野鳥観察ゾーンの東屋へ到着。
やっぱり、誰もいないので今日も貸切状態(笑)

東屋より南側の展望
***** 徳島市内の南部や隣接する小松島市がよく見えます *****

東屋隣の桜の木
***** 東屋に隣接する大きな桜の木 *****

公園内には桜の木がたくさんあり、
花見の季節には賑わいますが、この東屋周辺はなぜか人が少なく、
この大きな桜の下でゆっくりと花見を満喫できるのです。

東屋ランチタイム

今回もソーセージやハムを焼いて、
パスタをつくり、バーボンのロックでまったりと過ごせました。
これから冬になるまでの暫くは楽しめそうです♪


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR