生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

砥石権現の霧氷と霜柱

2018年12月9日

徳島でも先週土曜日の朝から冷え込んできたので、
日曜のランニングは昼間にしようかなぁ~なんて思っていたのですが、
夜になってふと霧氷が見たくなり山歩き支度。

里山以外の雪山歩きは経験ないし装備もない。
車も冬用タイヤもはいていないので、
まだ雪の心配ないと思われる砥石権現(といしごんげん1370m)を選択。
この冬一番の冷え込みなので運が良ければ霧氷が見られるかな。
奥さんは怪我の影響で山歩きは無理なので、
久し振りにひとりで出かけてきました。

朝6時30分、徳島市内の自宅を出発。
1時間余りで神山町の『岳人の森』に到着し、駐車の受付を済ませて準備。
奥さんの握ってくれた「炊込みご飯のおむすび」をほおばり山歩き開始。
木々の葉が落ち、いつもとは違う道中の気温は0度。北西斜面は風が強く寒い。
登るにつれて体は温まってきましたが、手の指がしびれるほど痛い。
グローブ脱いで写真撮る気もしないほど・・・

なんども登ってる山なので迷うことなく1時間ほどで稜線まで出て、
鹿舞ダキ山(かまだきやま1330m)で小休止。
ズボンのポケットに入れてある「ハクキンカイロ」で手を温めます。
ここから標高差わずか40mの砥石権現までは15分ほどの快適な尾根歩き。

山頂が近づくにつれて木々が白くなってきました!
山頂付近だけ霧氷ができているようです。
ほどなく砥石権現山頂に到着。気温は氷点下3.8℃。
コンデジで何枚か写真を撮りますが、
手がかじかんで思うように写せません…
奥さんにラインで画像を送ろうとしましたけど電波がダメ。

砥石権現
***** 砥石権現山頂 *****

山頂から西側へ少し下ると樹氷が間近に見られました。

霧氷1

霧氷2
***** はじめてのリアル樹氷 *****

あいにくの曇天で樹氷の白さが映えませんが、
寒さに耐えながら、ワクワクしながら楽しみました!

山頂から引き返し、少し下ったところの「アケボノツツジ群生地」で休憩。
ここは南斜面なので風も和らぎ、痛いような寒さから解放されました。
本当はカップ麺でも食べて温まろうと思っていたのですが、
簡単にサンドイッチとコーヒーでエネルギー充填。
ダウンパーカーを着こんでしばらく近くの山々を眺めます。

雲早山
***** 雲早山 *****

高城山
***** 高城山 *****

どちらもピーク付近には樹氷を纏っているようです。
着込んでもジッとしてると底冷えしてくるので、そそくさと下山します。

風通しの良い尾根道にはところどころに「霜柱」が。

霜柱

霜柱を手に
***** はじめての霜柱を手に取ってみた *****

急に冷え込んだので地面の凍っていない水分が、
毛細管現象で次々と吸い上げられて凍り、成長するらしいのですが、
ここまで成長するとは驚きです。
宝石みたいに綺麗だけど、土がいっぱいついています。
ふかふかと柔らかい土壌じゃないとできないとか。

寒くても思い切って山歩きすると、いろんなことが体験できました。
やりたいことをする!これが大切なんだと改めて感じます。
でも、万が一は想定した上で…
それでも氷点下の山でテント泊する人は尊敬しちゃうなぁ~
いつかはそんな体験もしてみたいものです!


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

今年の歩行訓練は剣山

毎年、秋に会社行事で歩行訓練を実施しています。
彼是、15年ほど続いていますが、なんだか最近はマンネリ気味で、
参加するメンバーも年々少なくなってきました。

以前の歩行訓練は40~50kmの長丁場で、
大雨でも降った時には「涙のゴール」ってなこともあったのですが、
距離も短くなってきて、「訓練」とは言えないような感じに。

そこで今年の幹事さんが楽しい山歩きにしましょうとのことで、
ちゅんごの大好きな剣山へ行くことになったのです。

メンバーはこども1人を含めて11名。
車2台に分乗して7時に会社を出発し、9時半ごろ登山口の見ノ越に到着。
はじめて山歩きをするメンバーがほとんどだったので、
往復ともにリフトを利用することに。

リフト
***** 久し振りにリフトに乗りました *****

前日は、台風25号の影響で雨風ともに激しかったようですが、
曇ってはいるものの、なんとか持ちこたえそうな感じです。

西島駅からは遊歩道コースで紅葉を楽しみながらゆっくりと歩きます。
足元はそんなに悪くはないけど、初心者のグループなので慎重に。

黄葉の遊歩道
***** ほとんど勾配が無いのでみんな余裕です *****

二度見展望所で小休憩して、次郎笈との稜線に出ました。
ちょうど雲が切れて青空が迎えてくれました。

稜線
***** 少しだけ稜線歩き *****

はじめての稜線からの景色にみんなとても嬉しそうです!
この風景は写真で見るのと別物ですからね。

ここから剣山の頂上まではほんの少しだけど急勾配なので、
息を整えながらゆっくりと登ります。

次郎笈
***** 次郎笈の山容にうっとり *****

なんども写真を撮りながらワイワイと登ります。

頂上
***** 予定通り12:00前に山頂到着 *****

ヒュッテとトイレが近い東のテラスに移動して昼食に。
厚い雲が迫ってきて、一雨あるかなと心配しましたが、
なんとか降られることもなく、
スープやコーヒーを飲みながら1時間ほどゆっくりとしました。

下りは大剣神社から遊歩道コースへ戻り、西島駅まで帰ってきました。
ガスが濃くなって下りのリフトは見通しが全くなかったけど、
トラブルもなく、無事に下山することができ、よい思い出になりました。

見ノ越までのアクセスは山道が長く、車移動の方が疲れたようです。
さて、来年からの歩行訓練はどうなるのでしょう?


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

次郎笈と剣山を満喫!②

2018年9月16日

3連休の中日とあって次郎笈の山頂は多くの登山者が休憩していました。
ところが、羽アリが湧いていて食事をする気になりません。
少しばかり南へ下った笹原に岩が点在する休憩スポットに移動。
ここは羽アリがほとんどいません。
東側には剣山、西側には三嶺と、眺望も最高です。

次郎笈より三嶺方面
***** 西側の三嶺方面 *****

湧水を沸かしてカップ麺とおむすびで簡単なランチタイム。
山でいただくとインスタント物でもとても美味しく感じられます。

バーナー カップ麺
***** 20年以上使ってる古いバーナー *****

30分ほど休憩して、剣山へと向かいます。
鞍部までの下りは足場が悪いので慎重に足を進めますが、
トレランのグループが勢いよく登ってきます。凄いなぁ。
景色を楽しむ余裕はあるのだろうか?
足元にも可愛い花が可憐に咲いているのに…

シコクフウロ 黄色い花
***** シコクフウロとオトギリソウ *****

次郎笈から剣山
***** 剣山を目指して急勾配を下る *****

鞍部より剣山
***** 鞍部まで下ってきました *****

次郎笈を振り返る
***** 次郎笈を振り返り見る *****

どんどん近くなる剣山や振り返り見る次郎笈に何度も立ち止まるので、
時間はかかりますが、この風景が楽しみなのでゆっくりといきます。

たくさんの登山者が歩いていますが、皆さん撮影に余念がないようです。
さて、もうひと踏ん張り、剣山への登りを頑張ります!

剣山山頂
***** 次郎笈から1時間ほどかかって剣山到着 *****

山頂にはリフトで登ってきたと思われる軽装の人や、
小さな子供たちもたくさんいて、まあ、観光地ですね。
賑わいは大切です♪

ずっとトイレを我慢していたので、
山頂東側テラス近くのエコトイレに駆け込みました。(^_^;)

落ち着いたところで風の少ない山頂ヒュッテ前のベンチでコーヒータイム。
湧きあがる雲で眺望はありませんでしたが、
普段は食べないお菓子をいただいて下山します。

西島駅までは最短ルートの尾根道コース。

刀掛の松
***** 分岐と休憩スポットの刀掛けの松 *****

刀掛の松経由で30分もかからずリフト乗り場に到着。
ここからの下りはメインルートを外れて遊歩道で遠回りします。
距離が長いけど勾配が緩やかなので奥さんが好きな道なんです。
大木の多い樹林帯は行き交う人も少なく、
しっとりした空気が日頃の疲れを癒してくれます。

祖谷のかずら橋で有名な?祖谷川の源流地には、
冷たい水がいつもよりたくさん流れていました。

祖谷川源流の谷
***** 谷がピンと冷たい空気に包まれています *****

ここから少しばかり下るとメインルートと合流し、
リフトの下をくぐってもう一息。
先日の台風のせいでしょうか、ブナの古木が数本折れていました。

倒木
***** 大木が浮いて倒れてるので、撤去がし難そう *****

16:00駐車場まで帰ってきました。9kmの道のりでした。
高低差も距離も大したことないけど、よい疲れになったかなぁ~
帰宅後は、近所の料理屋さんで生ビールをぐいといただいて、
温泉でじっくりと足のケアをし、満足感に溢れた一日となったかな?


20189次郎笈と剣山コース


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

次郎笈と剣山を満喫!①

2018年9月16日

この連休は野暮用があって、一日だけ自由な休みが取れました。
本当は山でテント泊をしたかったのですが、
しかたなく?徳島の屋根、剣山へ日帰りの山歩きになりました・・・

朝寝坊してしまい、6:30に徳島市内の自宅を出発し、
貞光経由で登山口の見ノ越(標高約1400m)に着いたのは8:40分ごろ。
リフト乗り場の屋根付き無料駐車場は、ほぼ一杯になっていました。
カロリー補給とトイレや身支度を済ませて出発したのは9:00過ぎ。

登山口の鳥居
***** 登山口の神社へ向かう石段 *****

リフト乗り場から少し下ったところのお土産屋さんの前に登山口があります。
石段を登ると途中の鳥居が新しくなっていました。神社にお参りして出発です。
気温は20℃ですが、やはり汗が噴き出てきます。
それでも、立ち止まると朝もやの樹林帯はひんやりとしていて、
す~っと汗が引いていくのが気持ちいい!

朝もや1

朝もや2
***** 光のシャワー 標高約1600m *****

リフトに乗れば15分ほどで標高1700mの西島駅までワープできるけど、
一時間ほどかけて自分の足で登ると、こんな素敵な空気を感じることができます。
リフトからの眺めもいいんだけどね。
道脇には、リンドウやシコクブシなどが盛んに咲いていました。

リンドウ シコクブシ
***** リンドウとシコクブシ *****

10:00、西島駅でトイレ休憩を取り、剣山へ向かおうと思っていたら、
ここ数年、崩落で通行止めになっていた遊歩道ルートが解放されていました!

西島駅から遊歩道へ向かう
***** 西島の分岐点 *****

鳥居の右側が遊歩道コースで、剣山と次郎笈を結ぶ稜線へ出るルート。
鳥居をくぐると大剣神社経由で山頂へアクセスできるメインルート。
予定していた剣山から次郎笈コースを変更して、
遊歩道コースで先に次郎笈へ向かうことにしました。

このルートの途中には朽ちかけた東屋があって、
16年ほど前、子どもが小学生の時に、富士山へ登ろうと準備していた時に、
トレーニングで剣山へ登った帰り道、突然の激しいにわか雨に遭い、
たまたま見つけた東屋に救われたのです。
そんな思い出の東屋はリホーム中で休憩することはできませんでしたが、
この次、来るときには綺麗になっていそうな感じでした。(写真撮り忘れ)

崩落地
***** 10:30、大剣神社直下の崩落地 *****

ここ数年はこのルートを通ることができず、大剣神社まで迂回が必要でした。
歩きやすく綺麗に整備されています。ありがとうございます!

トラバースになっている遊歩道を進むと一気に視界が開け、
次郎笈が目の前にドンと現れました。ここが二度見展望所です。

二度見展望所より次郎笈
***** 二度見展望所より次郎笈 *****

ベンチに腰かけて行動食を食べ、11:00出発。
そしてほどなく剣山と次郎笈を結ぶ稜線にでます。

次郎笈へ向う
***** 次郎笈の雄姿 *****

気持ちよく歩ける鞍部を過ぎて、次郎笈山頂への登りとの分岐を右に取り、
次郎笈の北側を巻くトラバース道へと進みます。
登り下りと同じ道よりは景色の変化があった方が楽しいからね。

次郎笈トラバース道
***** 西側からトラバースを振り返る 奥は剣山 *****

それと昼食用の水を補給するのも目的です。
このトラバースの道中には綺麗な湧水がありそのまま飲むこともできます。

次郎笈トラバースの湧水
***** 11:30、豊富に湧いていました *****

冷たくてとても美味しい水です!

トラバースを過ぎたところで、西側から次郎笈へと登ります。
この傾斜はきつく、数分歩くと息が上がり立ち止まって呼吸を整えます。

次郎笈山頂

そして12:00山頂に到着。  (つづく)


20189次郎笈と剣山コース


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

岳人の森☆ドラム缶風呂

非常に暑い日が続いています。
徳島でも連日35℃ぐらいまで気温が上昇し、
昼間は出歩くのが億劫なほどです。
豪雨の被災地では捜索活動や復旧に大変な労力を要しているようで、
ニュースを見るたびにこころが辛くなります…

そんなこんなで、以前から計画していた山行きを変更し、
少しでも涼しそうな四国山岳植物園「岳人の森」でリセットしてきました。
標高が900mあるので徳島市内より6℃ほど気温が低く、
木陰の多いキャンプ場なら気持ちも安らぐかなと。
携帯の電波も悪く、日常の生活とは一線を隔した時間が持てました。

いつもなら近くの雲早山か砥石権現まで山歩きをするのですが、
今回はオートキャンプ場でまったりと過ごすのみ。
ここでも日向は暑いけど、気温は28℃ぐらいで木陰は涼しく、
葉から放出される水蒸気の気化熱奪取の営みを全身で感じられます。
キャンプサイトでは絶滅危惧種のレンゲショウマが花盛りで、
ノカンゾウやヒメシャラ、キレンゲショウマなど夏の花が出迎えてくれました。

テント場
***** 装備は必要最低限、シンプルキャンプ *****

道具のほとんどが普段から車に積み込んである災害備蓄品です。
テーブルは手づくりで、いつもは車の荷室で物置に、
車中泊の時には車内の食卓に、キャンプでももちろんメイングッズです♪

レンゲショウマ
***** サイト脇には森の妖精のようなレンゲショウマ *****

ノカンゾウ
***** エネルギッシュなノカンゾウ *****

夕方から仮眠し、夜中に起きて植物園の中へヒメホタル観賞に…




でも、今回の一番の思い出はコレ↓





ドラム缶風呂
***** キモ画像ですいません…、岳人の森名物、ドラム缶風呂! *****

清潔なステンレスのドラム缶に沢水を張り、マキでじっくりと温めます。
必要なモノはすべて用意してくれるので着替えだけあれば、
至福のお風呂タイムを楽しむことができるんです♪

併設の山荘にもお風呂はありますが、
奥さんの強~いご要望でドラム缶風呂を選択して大正解だったかな~
俗世の纏いが少しだけ流れたかも?
撤収後はいつものように観月茶屋で手づくりのわらび餅をいただいて帰りました。
明日からまた頑張れそうです。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR