生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

四国八十八箇所☆遍路ころがし

ずっと前から歩いてみたかった
四国八十八箇所、最初で最大の難所といわれる遍路ころがし。
吉野川市の11番藤井寺から12番焼山寺までの歩き遍路道。
アップダウンを繰り返しながら最高地点約750mの一本杉庵まで登り、
350m下って、また300m登りかえして焼山寺へという山道です。

朝一番の徳島駅発特急「剣山」で鴨島駅へ向かい、
ここからはタクシーで3kmほど走ると藤井寺に到着しました。

藤井寺
***** 本堂の右奥から遍路道がはじまっています *****

遍路ころがしスタート
***** 7:30スタート *****

ちょうど超大型連休の前半ということもあり、
たくさんのお遍路さんが歩かれていました。

青石の遍路道
***** 青石の遍路道 *****

1時間10分ほどかけて標高差約600m登り、長戸庵(ちょうどあん)へ到着。

長戸庵
***** 次の休憩所柳水庵までの丁度半分 *****

ベンチに腰かけておむすび休憩をとりました。
トイレは女性用だけありますが、山のトイレに慣れてないと驚くかも?

ここからは緩やかな勾配をアップダウンしながら、
快適な遍路道を1時間ほど進み、最後に急坂を下って、
標高約500mの柳水庵へ到着。

柳水庵
***** シャクナゲや八重桜・ヤマブキが咲いていました *****

ここにはまあまあきれいなトイレがありました。
少し下ると桜の木に囲まれた広場に地元の方々が管理されている
遍路小屋があり、コーヒーを入れて、ゆっくりとおやつタイムにしました。

遍路小屋
***** 緊急時には宿泊ができるようになっています *****

ニューカレドニアからお越しになったペアと一緒になり、
このマイナーな遍路道にも国際色が濃くなりつつあることを実感しました。
そういえば、スタートしたばかりの坂道でブラジルからの団体さんを追い越しましたし、
フランス語っぽい会話の男女も見かけました。
いろんな国から来てくれるのって嬉しいですね♪

ここは近くに道路が通ってるのでリタイアしたい時には、
タクシーを呼ぶこともできます。

遍路小屋から約1時間、標高差250mを歩くと、
このコース最高地点の一本杉庵につきました。

一本杉庵到着
***** ここまでの最後の登りもまあまあきつかった… *****

杉の大木はあちこちで見ましたが、
ここのは地面近くから大きく枝分かれしていて、
今までに見たことのない枝ぶりにしばらく見とれてしまいました。

お大師様
***** やさしい表情のお大師様が迎えてくれました *****

ここにも公衆トイレがありますので助かります。
おむすびを2個ずつ食べてエネルギー補給に努めますが、
少しばかり標高があるせいか冷えてきたのでウインドブレーカーを着込みます。

これから標高差350mを下って谷川沿いの集落まで降りるのだけど、
歩き始めてすぐ奥さんが膝が痛むとおっしゃる。
ザムストのベルト式サポーターで縛るとなんとか歩けるようです。
下りは足を痛めやすいんですよね~
ペースをかなり落として休み休み、標高400mの左右内(そうち)集落まで下ってきました。
さてここからが焼山寺までの最後の登り。標高差300mの遍路ころがしです。

へんろころがし
***** ようやく最後の遍路ころがしに取りつきます *****

こう見るとなだらかそうだけど2~3分も進めば急勾配になります。
お遍路さんたちも息を切らしながら最後の力を振り絞って歩かれてるようです。
ちゅんごたちも休み休みゆっくりと登りました。

八重桜
***** 参道に出ると色とりどりの八重桜が満開 *****

焼山寺参道
***** 車で参拝する駐車場からの参道 *****

焼山寺の御大師様
***** 最後の階段を登るとお大師様がお迎え *****

焼山寺
***** 標高約700mの焼山寺に参拝 *****

焼山寺の大杉
***** 境内には巨大な杉がたくさん *****

6時間弱かけて藤井寺から到着しました。
境内は車で来られた方もたくさん参拝されていて大賑わい。
食堂で200円うどんを食べようとしたら、
忙しすぎて不機嫌そうなおばちゃんに15分ほど待つように言われたので、
仕方なく境内のベンチでカップ麺をつくって昼食にしました。

遅めのランチ休憩も終わったので、これから標高500mほど下り、
鍋岩集落にある神山町営のバス停まで向かいます。

新緑のもみじ
***** もみじの新緑がとても爽やかです *****

杖杉庵
***** 杖杉庵でトイレ休憩 *****

杖杉庵(じょうしんあん)は四国遍路参りの発祥となった衛門三郎の逸話があり、
興味深く案内板を読みました。

衛門三郎
***** お大師様に許しを請う衛門三郎 *****

参拝の車が細い山道で対向することができなくなって大渋滞してるのを横目に、
奥さんの足を気にしながら1時間ほどかけて鍋岩集落まで下ってきました。
幸いにも痛みは酷くなることなくもうすぐバス停です。
焼山寺からは休憩を含めて1時間半ほどかかりました。

藤の花
***** 鍋岩集落の左右内谷川の藤 *****

バス停では数人のお遍路さんがバスを待っていましたが、
みなさんくたくたに疲れていて座り込んでる方がほとんどです。
休日は2本しかない神山町営バスの焼山寺ルートだから、
これを逃すと大変なことになると時間に余裕を持って到着できて
ホッと一安心。
スタートの藤井寺からは休憩を含めて8時間半、
15.9kmの道のりになりました。

16:31に乗り込み10分ほど揺られて神山の国道まで出て、
県営バスに乗り換え、徳島に帰ってきたのは夕方の6時。

なんだか達成感たっぷりの一日になりました♪


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

あずり越えから植物園でお花見

花冷えですね~
こちら徳島でもここしばらく冷たい北西の風が強く、
日射しが陰ると震えるような寒さです。
昨日今日などは最低気温が3-4℃まで下がりまるで冬に戻ったみたいです。

そんな中、この日曜日には会社行事で徳島城跡の中央公園で花見をしてきました。
ソメイヨシノはまだ3分咲きぐらいでしたが、
子どもがたくさん参加してくれて楽しい時間を過ごしてきました。

それに先立ち、先週の水曜日(3月27日)に、
奥さんと二人で山歩きを兼ねたお花見に行ってきました。

お花見だから、お酒を飲む、だから車は乗れない。
自宅から徳島駅まで歩き、バスで文化の森まで行き、
里山を1時間半ほど歩いて植物園まで移動するアクセスです。

あずり越えルートは標高200mほどのなだらかなハイキングコースで、
植物園の一番奥のさくらの森に出ます。
ここには11種類の桜が植えられているので、
春にはなんらかの桜を楽しむことができます。

一番多い蜂須賀桜はすっかり葉桜になっており、
ソメイヨシノはまだつぼみのままで咲いていません。
でも、ピンクの綺麗な陽光桜が満開でした♪

陽光桜!
***** 丁度見頃の陽光 *****

天城吉野(アマギヨシノ)と寒緋桜(カンヒザクラ)の交配種で、
ソメイヨシノより開花が早く、鮮やかなピンク色が特徴です。

陽光桜
***** 遠目にも近くでも凛とした綺麗なサクラです *****

って、はじめての桜ですが、植物園だから名前や説明書きがあるので、
しったかぶりして紹介できちゃいます…

植物園の東屋
***** 水曜日だったの空いていました *****

この園内には綺麗な東屋やトイレも整備されているので、
気持ちよく花見をすることができます。
車で行くなら、動物園の奥へ回ると駐車場があり、
そこから坂道を少し登ることになりますが、
お弁当を持ってゆっくりするのもいいんじゃないでしょうか?

今回は終わっていたけど蜂須賀桜の大木が多いので、
来年は3月前半に来てみたいと思いました。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

霧氷の高越山

この連休は予定なし。
ところが、土曜日の夜になってとても行きたくなったのが、
徳島を流れる吉野川中流域の吉野川市にある「高越山(こうえつざん)」
通称、「おこおっつぁん」と呼ばれるほど県民から愛される山です。
間近に見上げるとその山容が富士山に似て素晴らしく、
徳島市内から眺めてもウウっとしてしまうほどです。

そんな素晴らしい山に前回登ったのはもう40年以上前の小学4年生の遠足。
バイクや車で近くまで行って、少しばかり遊歩道を歩くと行けちゃうので、
麓から登るって感覚がありませんでした…

何故、急に行きたくなったかといえば、
自力で霧氷や雪に近づけるかもって感じたからです。
四国の平地に暮らしていると積雪はほとんどないし、
ましてや霧氷なんて縁遠い存在ですから。

なんて、張り切っていたのに寝坊してしまって、出発したのは8時半ごろ。
でも、徳島市内の家からは1時間もかからないので余裕?
吉野川の堤防を西へ進むこと40分あまりで山川町に到着。
コンビニでトイレを済ませ、登山口近くの道路脇に駐車して登山開始です。

薄着で出発しましたが、歩き始めて30分もすると汗びっしょり。
ジャケットを脱いで下着と薄いフリースだけで丁度い感じ。
途中の池のある広場でトイレ休憩をして2時半ほどで頂上直下の高越寺に到着。
標高900mぐらいからは登山道に雪も残っていましたが、
アイゼンが必要なほどではなく、ハイキング感覚で進めました。
って、アイゼン持ってないので、雪が多ければ引き返すつもりでした。

高越寺
***** キンと張った空気の先に高越寺 *****

ご挨拶して高越神社経由で山頂へ向かいます。

大きな杉の木
****** この辺りには巨木がたくさんあります *****

古来より神域として修験道の場となっていたにふさわしく、
神聖な空気に包まれています。
山頂付近は気温もグッと下がって目の前の木々には見事な霧氷が。

霧氷
***** 眩いばかりの霧氷 *****

高越山山頂のお大師様
***** 山頂1133m お大師様が寒そうです *****

気温は氷点下、でも風が弱いので恐怖感のある寒さではありませんが、
薄着のまま写真を撮ったり、景色を眺めてたので芯から体が冷えてきました。
そそくさと高越寺まで戻り、サーモスのお湯でカップラーメンをつくりランチに。
奥さんは上下ともにダウンを着込んで完全防備です(笑)
ここはベンチもトイレもあり、風も避けられるので、ランチには快適でした!

標高差が1000mあるので冬場は散歩感覚では来れませんが、
危険個所も無く、持久力さえあれば楽しめるコースでした。
下山後は登山口のすぐ下にある「ふいご温泉」で汗を流しさっぱりとできました!

もう少し、青空に出逢えるとベストだったかもしれないけど、
よい山歩きができたことに感謝です。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村


奥さんの近況

昨年の10月、父の訃報を受けて慌てて転んで肩を複雑骨折し、
葬儀を済ませてから骨を金属で合わせる切開手術をしてから3ヶ月。
医師から壊死の可能性が無くなったわけではないと脅されながらも、
術後の経過も順調なようで、痛いリハビリに通いながら、
ようやく日常生活に困らない程度に回復してきました!

運動不足で体力も落ちているようなので、
最近はリハビリを兼ねて里山歩きに連れ出すようにしています。

眉山中腹の見晴らし
***** 2019.1.13 眉山 *****

植物公園
***** 2019.1.23 あずり越えから植物公園 *****

正直、こんなに早く山歩きを再開できるようになるとは思っていませんでした…
今週末からは、仕事にも復帰することになりましたので、
しっかりと小遣いを稼いでくれるでしょう。
孫にもいろいろと買ってやりたいものがあるようなので♪

いつも前向きで、プラス思考なところがいいのかも知れないけど、
能天気ともいえるかな~?
まあ、そうじゃないと、ちゅんごの嫁は務まらないかもね。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

2019新年

新年、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
ちゅんごは喪中ということもあり、おとなしくしているつもりでしたが、
いろいろともじもじしてたので、日記がてらに記しておきます。

元旦は初日の出を拝みに吉野川へ、
その後、いつも通りのお節をいただいてから息子と眉山へ山歩き。
夜はみんなでにぎり寿しを食べ放題!

2日は朝からマリンピアまでランニングして、
初孫の「お食い初め」儀式を執り行いました…
何しろはじめてのことなので、右往左往しながらなんとか形だけできたかな?
午後は孫を連れ出し近くの公園でテントを張って孫のテントデビュー。

ようやく今日からのんびりとしています。

2019初日の出
***** 吉野川橋からダルマの初日の出 *****

お食い初め
***** なんとかなりました! *****

自分の子どもの時の記憶が薄れていて、
ネットで調べながらの準備でしたが、
正月に天然の鳴門鯛を手配するのが大変でした。
漁師さんも市場も休みだものね。

でもこうして穏やかな正月を迎えられて幸せばかりです。
皆さまもよい新年をお楽しみください。


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
徳島でのんびりと暮らしながら
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

若い頃から好きな料理に加えて
最近はランニングと山歩きが趣味かなぁ

子供たちが巣立ったので
夫婦と母親の3人暮らしですが
近くに住む娘が孫を連れて
遊びに来てくれるのが楽しみです

はじめて10年たったこのブログも
50半ばを過ぎて環境は変わりましたが
ぼちぼちと綴っていきたいと思います

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR