生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

とくしまマラソン2018エントリーできた!

今夜はとくしまマラソン2018のエントリー開始日でした。
この日のためにランネットに登録して、
睡魔に耐えて夜十時まで頑張っていました。
時間前にエントリー画面にアクセスするとすでに混雑画面になってます…

バーボンを片手に、「焦っても同じだ~」と
画面を見詰めていると、12分たったころに突然エントリー可の画面に。
落ち着いて必要事項を記入し無事エントリーが終了しました♪
30分以上は格闘することを覚悟してましたが、
まずはゼロ時関門を突破できたことに乾杯して眠りにつくことにします。
おやすみなさい…


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

晩秋のサザエってどう?

サザエって夏が旬のイメージがありますね。
バーベキュー食材として重宝されるからでしょうか・・・

ところが夏は産卵期なので、その前の春から初夏が肥えて美味しいと言われてます。
夏は海水温や気温が高いので水揚げから流通の過程で傷みやすいですし、
死んでしまったら肝が食べられなくなるので勿体ない・・・
肝は美味しいし、可食部の半分以上を占めてますから。

それじゃあ秋はどうなんだろう?
サザエはほぼ一年中見かけるのですが晩秋に好んで食べる方は少ないかもしれないなぁ。
そんなわけで値段も少しばかり安いような気がします。
市場だと、キロ当たり1000円もしなくて、良いサイズのものが7~8個ぐらい買えます。
そして旬の時期に負けないぐらい身が張っており、活きも抜群です。

水槽で砂抜きしてない活きの良いものは砂がみが多いので、
海水ぐらいの塩水(3~4%)で一晩置いておくと、
肝の砂が少なくなり壺焼きで丸ごと美味しく食べやすくなります。
サザエが海藻を食べるときに海藻についた砂も一緒に食べるから、
砂がみはどうしてもあるんです。

水槽で何日も保管しておいたものは砂を出していますが、
どうしても身が痩せてしまってます。
それを外観からは見分けられませんから、
セリ場の出荷箱のまま並んでる物は外れがないような気がします・・・

刺身でも壺焼きでも握りこぶしぐらいあるのが食べごたえがあって美味しいですね。

サザエ壺焼き
***** 芳ばしい香りのたまらない壺焼き *****

サザエ刺身
***** 磯の香りいっぱいの刺身 *****

サザエにはツノのあるものとないものがありますが、
徳島では、ないものが多いように思います。
潮の速いところではツノがあると言われますが、
厳密には遺伝子的な影響もあり、一概にそうとは言えないそうです。

関東ではツノのある物が好まれ高く、
関西ではツノの分だけ殻の目方が増えて損だと、
ツノのないものが好まれるようです。
見栄えを重視する関東、割を言う関西、
こんなところにも地域性があるなんて面白いですね。
兎に角、サザエは日本酒の肴に打って付けかな?


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

日本酒が旨い季節の肴

お酒はほとんど何でもいただきマスが、
メインは芋焼酎で、夏はロック、冬はお湯割り。
休日はバーボンやワインをいただくことも。

そして暑くも寒くもないこの季節は日本酒も常備します。
純米酒の常温が好みなので、季節が限られるんですよね~

そして、徳島では魚が美味しい季節でもあります。
年末の準備で市場へ出かけることが多く、
仕入れのついでに肴用の魚を買ってきたりもします。

先日も小振りのイサギが安かったので3尾だけ持ち帰り、
晩酌前に捌いて少しだけ刺身でつまみ、残りは昆布〆にしておきました。

イサギ昆布〆
***** イサギの昆布〆とちゅんご好みの肴 *****

刺身用の節に捌いて、薄塩を振り、酒で戻した鳴門の昆布で挟みます。
一晩ぐらい置いた方がぐっと旨味が乗って美味しいかな?
こういう肴だと日本酒の常温が欲しくなるのです。

丸の魚を料理するのはちゅんごの担当だから、
せっせと仕込んでおくことにします。


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

初フルマラソン挑戦への決意

2017年10月

昨春以来、痛めていた足がほぼ完治したと思われる今年の春。
恐る恐る少しずつ走りはじめて半年がたちました。
夏には5~10kmぐらい、ゆっくりめの速度でジョギングを週4・5回。
涼しくなってきた9月から、週1回ぐらいは
15~20kmまで難なく走れるようになってきました。
怪我する前の脚力と心肺機能までは戻すことができたようです。

この調子なら来年2018年3月の「とくしまマラソン」に挑戦できそうなので、
11月のエントリー前に、そろそろ計画的な練習しないといけないかなと。

目標をどうするのかによって練習メニューもかわってくるでしょうから、
最低限の目標とストレッチ目標の二つを組み入れた計画を立てることにしました。
最低限はもちろん完走。とくしまマラソンの制限時間は7時間なので、
42kmを歩かずに走り切ることができれば時間内にゴールすることができるはず。

以前は週1回ぐらいの計画性のない走り込みで頑張り過ぎて怪我したので、
多分、練習頻度が少なすぎたのだと思います。
休日以外にも軽いジョギングを時々入れて、日曜と水曜の休日には、
ゆっくりめなロング走(1km6分ペース)で完走できる脚力を養い、
10~15kmぐらいのビルドアップ走(1km6分→5分)で、
少しばかり心肺機能を高めるようにしました。
ハーフマラソン以上の距離は未経験なので、とにかく42kmを走り切れる練習がいいかなと。
この最低限の目標を目指した練習を年末まで続け、
余力を持って5時間以内に完走できる自信がついたら、
年明けからは4時間ゴールのストレッチ目標に対しての練習をすることにします。

そして今日は未体験の距離、30kmのロング走を3時間で走ることができました。
25kmぐらいから足が疲れてきましたが、
筋トレで鍛えている腹筋とお尻を意識して使う走り方で乗り切れた様に思います。
フルマラソンは30kmを超えてからが本番だと聞くので、
これから先の練習の自信になりました。

ランニングシューズもデザインと価格で選んでいたモノが、
ようやくへたってきたので、
初心者用のソールの柔らかいものに変更したのが良かったようです。

使い古したシューズ
***** 2年間使い古したシューズ *****

走りはじめた2年半前、初めて買ったシューズは、
足に合ってなくてすぐに処分。そのあと買ったのがこの2足。
ナイキのスピードライバルというシューズです。
価格は6000円ぐらいで普段履きにも使えそうなデザインだし、
何と言っても、ちゅんごの足にピッタリとフィットし、
どんどんと走る楽しみを与えてくれた感謝すべきシューズです。
ところがスポーツ用品店で相談すると、
初心者のちゅんごにはもっとソールのしっかりした、
入門用で練習した方がよいとアドバイスをいただき、
今回の練習計画に買ったのがコレ。

新調したシューズ
***** 新調したシューズ *****

左のオレンジ色はアシックスのゲル・カヤノの型落ちで9000円ぐらい。
とにかくソールが分厚くて重く、はじめは走りにくかったけど、
慣れてくると距離を延ばしても足への負担が少ないように感じます。
腰で走る感覚も身に付きやすいかな?

右はアシックスのゲル・アンフィニ2という安いシューズです。
適度に軽く、クッション性もあるので平日の軽いジョギングに使っています。

と、準備は着々と進んでいますが、
とくしまマラソンのエントリーにもれるようなことがあると、
ショックだろうなぁ~


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

天狗塚からお亀岩避難小屋テント泊②

2017年9月24日

ぐっすりと寝て4時ごろ目覚め、テントから出ると満天の星空。
ヘッドライトの明かりを頼りにお亀岩の稜線まで歩くと、
北から南まで宝石を散りばめたように空が輝いています。
写真家なら三脚を構えるんでしょうね。
ちゅんごの腕では星空を撮れないのでお見せできないのが残念です。

5時半ごろには薄明るくなってきたので朝食の準備。

ホットドック
***** ライトを当てて撮ったので残念な感じ… *****

ソーセージを焼いて家から持ってきた、かぼちゃサラダときゅうりを
レーズンとくるみ入りの食パンに無理やり挟み込んでホットドック風に。
これを2個食べるとお腹もいっぱいになりました♪

朝日
***** 小屋にも朝日が射してきます *****

朝焼けとご来光を楽しみにしていたんだけど、
天気が良い割には空が染まることも無くあっさりとした感じ。

テントを撤収し、トレラン用の小さなザックに必要最小限のモノを詰め込み、
それ以外の荷物は小屋に置いて三嶺方面へ稜線散歩に出かけます。
身軽なので足取りも軽く、30分ほどで西熊山まで到着。

西熊山より天狗塚方面
***** 西熊山山頂(1816m)より天狗塚方面 *****

西熊山の山頂はなだらかで広く、それでいて360度見晴らしがよく、
昨日歩いた牛の背方面もくっきりと見えています。
でも、これから少しずつ雲が多くなり、昨日と同じような空になってきます。

西熊山から三嶺方面
***** 東側には三嶺まで続く笹原の稜線が延びる *****

青空の下、身軽に歩く笹原はとっても気持ちの良いものです。
三嶺の綺麗な姿の右側には次郎笈も見えています。
いつかはずっと歩いて剣山まで行ってみたいものですが、
今の実力じゃ無理だろうなぁ~もっと体力つけなくちゃ。

シコクフウロ
***** 途中で見つけたシコクフウロ *****

と、快適に1時間半ほど歩いて三嶺が間近に見てるところで折り返し、
再び西熊山まで帰ってきました。
どうせなら三嶺に登ったらよかったのですが、
どんどん天気が下り坂になって来るので、
少し早めに下山して温泉にゆっくりと入りたいなぁ~とのことで。
コーヒーを飲んでいそいそとお亀岩まで帰ってきました。

お亀岩避難小屋
***** お亀岩から見る避難小屋 *****

お亀岩から避難小屋を見ていたら、ふっと思うことが・・・
そういえばお亀岩の上に登ったことないな~
高さわずか2~3m、長さが10mほどの岩だから、
よじ登ればすぐです。
そしてその上は6畳ほどのフラットな花畑になっていたのです。

登山道でもちらほらとリンドウを見つけていましたが、
ここにはたくさん咲いていました。

お花畑リンドウ

お亀岩の上 黄色い花3

黄色い花1 黄色い花2

他にも黄色い小さな花が3種類ほど群生していて、
植物を踏まないように歩くのが難しいほど咲いています。
まさしく天空の城の花園って感じ♪

暫し癒されてから山小屋に帰って簡単な昼食をとり、
大きなザックに背負いかえて帰路に発ちました。
管理人さんも昼食中だったのでごあいさつして。

お亀岩から天狗峠への登りは、下りほどではないけど、
結構疲れました。

天狗塚と牛の背
***** 天狗峠から天狗塚と牛の背 *****

やっぱり天狗塚も綺麗な山だなぁ~
今度は晴れ渡った天気の日に登ってみたい!

ここから1時間半ほど下って西山林道の登山口まで帰り、
癒しの温泉郷で汗と疲れをとってから、小島峠経由で帰りました。


天狗塚ルート2


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR