生きてることは感謝すること                                      食材に… 創ってくれた人に… すべてを育んでくれる偉大な自然に…

あずり越えから植物園でお花見

花冷えですね~
こちら徳島でもここしばらく冷たい北西の風が強く、
日射しが陰ると震えるような寒さです。
昨日今日などは最低気温が3-4℃まで下がりまるで冬に戻ったみたいです。

そんな中、この日曜日には会社行事で徳島城跡の中央公園で花見をしてきました。
ソメイヨシノはまだ3分咲きぐらいでしたが、
子どもがたくさん参加してくれて楽しい時間を過ごしてきました。

それに先立ち、先週の水曜日(3月27日)に、
奥さんと二人で山歩きを兼ねたお花見に行ってきました。

お花見だから、お酒を飲む、だから車は乗れない。
自宅から徳島駅まで歩き、バスで文化の森まで行き、
里山を1時間半ほど歩いて植物園まで移動するアクセスです。

あずり越えルートは標高200mほどのなだらかなハイキングコースで、
植物園の一番奥のさくらの森に出ます。
ここには11種類の桜が植えられているので、
春にはなんらかの桜を楽しむことができます。

一番多い蜂須賀桜はすっかり葉桜になっており、
ソメイヨシノはまだつぼみのままで咲いていません。
でも、ピンクの綺麗な陽光桜が満開でした♪

陽光桜!
***** 丁度見頃の陽光 *****

天城吉野(アマギヨシノ)と寒緋桜(カンヒザクラ)の交配種で、
ソメイヨシノより開花が早く、鮮やかなピンク色が特徴です。

陽光桜
***** 遠目にも近くでも凛とした綺麗なサクラです *****

って、はじめての桜ですが、植物園だから名前や説明書きがあるので、
しったかぶりして紹介できちゃいます…

植物園の東屋
***** 水曜日だったの空いていました *****

この園内には綺麗な東屋やトイレも整備されているので、
気持ちよく花見をすることができます。
車で行くなら、動物園の奥へ回ると駐車場があり、
そこから坂道を少し登ることになりますが、
お弁当を持ってゆっくりするのもいいんじゃないでしょうか?

今回は終わっていたけど蜂須賀桜の大木が多いので、
来年は3月前半に来てみたいと思いました。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

悪天候のフルマラソンで役に立ったモノ

突然のヒョウ交じりな雨の中、ランニング初心者のちゅんごが、
とくしまマラソンを自己タイム更新して完走できたのは、
準備にも要因があったかもしれないので記しておきます。
ベテランランナーさんたちには当たり前のことかもしれませんが、、、

初のフルマラソンとなった昨年は、
ランニングショーツのポケットに飴玉を入れてたぐらいだったのですが、
今回は練習のロング走でも使っているウエストポーチを持っていきました。

クロスランナーポーチM94g
***** モンベル クロスランナーポーチM *****

つけてるのを忘れるぐらい腰へのフィット感がとてもよく、
ランニングの衝撃で揺れることもありません。
94gと軽く、保水しない生地なので濡れて重くなることもありません。
防水性はゼロだけど… 濡れてよいものだけ入れるなら問題なし。

容量は小さめなので、500mlのペットボトルを入れるのはきついけど、
100mlのエネルギージェルなら3つは余裕で収納できます。
左右にも小さなポケットがあるので小さなものでも探し回ることもありません。

ウエストポートの中身
***** 今回の持参品 *****

メインの部分にはアミノバイタルを2つと超軽量なウインドブレーカー。
サイドポケットには、梅干しと足攣り対応のコムレケア錠剤と飴ちゃん。
梅干しも飴ちゃんもエイドでいただけますが予備です。

レース中はアミノバリューやおやつがいたる所で補給できるので、
何も持たずに走ることは可能だけど、
自分のタイミングで欲しいものを口にできるのは良かったと思います。

そしてなにより役立ったのが、撥水性のあるウインドブレーカー!

EXライトウインドジャケット
***** モンベル EXライトウインドジャケット 45g *****

レインウェアと違って防水性はありませんが、
ある程度の防風性と撥水性は機能してくれるので、
冷たい風雨から体温を奪われるのを和らげてくれたと思います。

そして、アンダーウェアの選択も正解でした。

ドライナミック
***** ミレー ドライナミック メッシュ *****

キモい画像なので小さく。

もともとは登山中の汗冷え防止に買ったものですが、
冬場のランニングに重宝しています。
汗をたっぷりかいても上に着たモンベルのジオラインシャツに
速やかに汗を吸収させ、大きなメッシュが空気層をつくるので、
肌が直接、冷たさを感じにくくなるのです。
今回も手足はとても冷えましたが、
胴体と腰回りは確実に守ってくれていたと思います。

いくらか保温性もあるので、暑い季節にはむかないかもしれませんが、
寒い季節には普段からスキンウェアとして常用したいぐらいです。
これを温泉で脱いでると不思議そうな子供の視線を感じるので、
人前では少し勇気がいるかもしれないですね。
でも、体を守るという意味では最強な下着だと思います。

足攣り対策などは筋力アップのトレーニングなど努力も必要でしょうが、
グッズで対応できるところはやっていきたいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

悪天候のとくしまマラソン2019

体調良く、とくしまマラソン本番に臨むことができ、
なんとか昨年の初マラソンの記録を更新して完走できました。
いろんな経験ができたので、次回に向けて課題を記しておきます。


スタート3時間前にご飯と納豆、味噌汁で朝食。
1時間半前にバナナとカステラを食べて、歩いて家を出発。
1時間前には会場近くの徳島中央公園で
エネルギージェルと手製のスペシャルドリンクを補給し、
トイレを済ませ、ゆっくりとスタート地点へ向かいます。
ところが曇り空で気温が全く上がってこない。さむっ!
途中で見つけた公衆トイレにさらに2回入り、
スタート前にも列から抜け出て念入りにトイレ(笑)
これでトイレ対策は万全かと思っていました。ところが…

もうひとつの不安材料は「天候」
2~3日前の天気予報では15℃ぐらいまで気温が上がりそうな晴れ一択。
が、別の天気予報機関の直前の予報では雷雨を伴う急変に注意だとか…
当初はTシャツに短パンのみを考えていましたが。
上下に長袖のアンダーを着込み、さらに汗冷え防止のインナーシャツまで装着。
もし快晴なら暑くて我慢できないほど着込んでスタートしました。
(この判断が正解でした)

とくしまマラソンは走力に応じて2つのグループに別け、
10分差でスタートを切ります。
昨年は第1ウェーブの最後方からのスタートで時間ロスが多かったので、
今年は第2ウェーブの前方からスタートできるように
タイムを自己申告していましたが、これが失敗。
遅く申告(5時間)し過ぎて第2ウェーブの中ほど後半からのスタートに。
ロスタイムは4分少々で前回より1分ほど短縮できましたが、
ゆっくりな集団に埋もれてしまい、思うように走れません。
ジグザグにかわしながら少しでも前へ出ようと無駄な動きが多すぎました。

吉野川大橋を渡り、3キロ地点の堤防上で早くも尿意!
あれだけ絞り出したのになんてことだ。
最初のトイレでは大勢並んでいたのでパスし、次のトイレまで我慢しました。
ところがそこでも行列。寒さでみなさん近くなってるようです。
漏らしそうな勢いだったので、しばらく並んで待ち、用足し。
ここで早くも想定より3分以上の遅れとなりました。
遅れを取り返そうと設定より10~20秒/㌔速いペースで中間地点まで進みます。

快調に吉野川の堤防上を西へ向いて走っていると正面に怪しい黒い雲。
ほどなく冷たい向かい風が強くなったと思ったら雨が降り出しました。
急いでウエストポーチに忍ばせておいたウインドブレーカーを着込みました。
そのとたん、ヒョウ交じりの本降りに…
丁度、折り返しで東向きに走るようになったのですが、
北側から横殴りの雨がほほを打ちます。
どんどん体温が奪われている感じで、
ウインドブレーカーを着ていなかったらどうなったことやら。
並走するランナーの中には雨対策をしてない方々も多く、
みなさん凍えながら走っていました。

寒さに耐えながらもペースを維持したまま30キロ地点を通過しました。
時々、晴れ間も見えるようになったけど、
安心してたらまた雨、の繰り返し。
この辺りから少しずつペースが落ちてきました。30キロの壁がやってきたようです。
ふくらはぎに違和感を覚えるようになり、足攣りの前兆を感じたので、
「コムレケア」をエネルギージェルで流し込みました。
このおかげか、ゴールまで足攣りすることなく走りきることができましたが、
35キロから先は思うように足運びできず、どんどんペースダウン。
歩きたい気持ちと葛藤しながら、よれよれの状態でゴールしました。

マラソン2019
***** ゴール手前でよれよれなちゅんご *****

それでも昨年の記録を10分上回るタイムで、必達目標はクリアできました。
ストレッチ目標のサブ4にはほど遠いけど…

完走賞のタオルやメダル、記録証をいただいて安心したのか、
椅子に座ったとたんにゴロンと地面に転がって倒れ、両足の激しい攣り。
こうなるともう身動きが取れません。
テントの下でしたが横殴りの雨に打たれながらしばらく待って、
スタッフにタンカで救護所まで運んでもらい、
トレーナーの方々に施術していただいて持ち直しました。

ゴール地点まで迎えに来てくれていた奥さんと娘と孫に、
毛布にくるまってベットに横たわる無様な姿を披露してしまった…

冷たい雨に打たれながらグランドに横たわっていたので、
身体の芯まで冷え切っていてブルブルと震えながら、
近くの家まで歩いて帰り、急いで風呂につかって体を温めました。

思いのほか過酷な大会でしたが、沿道で応援してくださる方々や、
ボランティアの皆様には涙がでそうなほど勇気づけられました。
横殴りの暴風雨でテントが吹き飛ばされそうな中、
ガタガタと震えながら一生懸命に声援やお接待をいただき、
走ってるランナーたちよりも寒かったかもしれません。
本当にありがとうございました。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

もうすぐ「とくしまマラソン」

2回目のフルマラソン挑戦となる、
「とくしまマラソン2019」が3月17日に迫ってきました。
準備万端といえるほどではありませんが、
この冬は故障もなく、ある程度は練習もできたので、
前回より少しだけタイムを縮められればと思っています。

この一年はランニング中の給水や栄養補給などに工夫をしてみました。
って、それまでは何も対策せずに走っていましたから、
無茶なことをしていたものです…

酷い足攣りや脱水症状も経験し、これではいけないと、
自己流ではありますが、ロング走をするときには、
スペシャルドリンクや梅干し、飴を携帯するようにしました。
まだまだ何が自分に合っているのか見出せませんが、
梅干しは持ってるだけで安心感があります。

そして、負荷のかかるトレーニング前には、
しっかりと栄養補給をするようにしています。
最近はバナナとおにぎりを食べることが多いかなぁ~

ゆったり長い時間を走るトレーニングの場合はいいけど、
スピードを意識したビルドアップ走ではお腹が痛くなってしまうことも。
2時間ぐらい前に食べればいのでしょうが、
朝練にそんな時間の余裕はありませんから。

でも、ロング走の時のスタミナは確実に向上してると思います。
2時間以上走るとその効果を実感できますね。

菜の花おにぎり 神山の小梅
***** 青菜のおにぎりと神山の小梅干し *****

吉野川の河原で収穫してきた大量の菜の花(アブラナ)を塩漬けし、
1週間ぐらいで食べきる分ずつ塩抜きして冷蔵庫に常備しています。
これを混ぜておにぎりを握ってもらいます。
中には小さな梅干しも入れて。
ご飯の糖質エネルギーと漬物の塩分が、
スタミナづくりに役立つような気がしてます。

最近はその「塩」のミネラル成分にも興味が湧いてきて、
スペシャルドリンクづくりにはギネス級に多種のミネラルを含んでいる
沖縄の海塩「ぬちまーす」を使ってみたりしています。
身体への吸収がとてもスムースな感じがしてお勧めですよ!
一般的な食塩と比べるとめちゃくちゃ高いけど、
使うのはわずか数gほどですからね~

ドラッグストアに行くと様々な栄養補給ジェルが並んでいますが、
どれを選んでいいのかわかりにくいし、
いろんなものが配合されていて、常用する気にはなれません。
大会の時にはなにかしら持っていこうと思ってますが、どれにしようか思案中。

菜の花
***** 菜の花パワーで走り切ります! *****


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村

霧氷の高越山

この連休は予定なし。
ところが、土曜日の夜になってとても行きたくなったのが、
徳島を流れる吉野川中流域の吉野川市にある「高越山(こうえつざん)」
通称、「おこおっつぁん」と呼ばれるほど県民から愛される山です。
間近に見上げるとその山容が富士山に似て素晴らしく、
徳島市内から眺めてもウウっとしてしまうほどです。

そんな素晴らしい山に前回登ったのはもう40年以上前の小学4年生の遠足。
バイクや車で近くまで行って、少しばかり遊歩道を歩くと行けちゃうので、
麓から登るって感覚がありませんでした…

何故、急に行きたくなったかといえば、
自力で霧氷や雪に近づけるかもって感じたからです。
四国の平地に暮らしていると積雪はほとんどないし、
ましてや霧氷なんて縁遠い存在ですから。

なんて、張り切っていたのに寝坊してしまって、出発したのは8時半ごろ。
でも、徳島市内の家からは1時間もかからないので余裕?
吉野川の堤防を西へ進むこと40分あまりで山川町に到着。
コンビニでトイレを済ませ、登山口近くの道路脇に駐車して登山開始です。

薄着で出発しましたが、歩き始めて30分もすると汗びっしょり。
ジャケットを脱いで下着と薄いフリースだけで丁度い感じ。
途中の池のある広場でトイレ休憩をして2時半ほどで頂上直下の高越寺に到着。
標高900mぐらいからは登山道に雪も残っていましたが、
アイゼンが必要なほどではなく、ハイキング感覚で進めました。
って、アイゼン持ってないので、雪が多ければ引き返すつもりでした。

高越寺
***** キンと張った空気の先に高越寺 *****

ご挨拶して高越神社経由で山頂へ向かいます。

大きな杉の木
****** この辺りには巨木がたくさんあります *****

古来より神域として修験道の場となっていたにふさわしく、
神聖な空気に包まれています。
山頂付近は気温もグッと下がって目の前の木々には見事な霧氷が。

霧氷
***** 眩いばかりの霧氷 *****

高越山山頂のお大師様
***** 山頂1133m お大師様が寒そうです *****

気温は氷点下、でも風が弱いので恐怖感のある寒さではありませんが、
薄着のまま写真を撮ったり、景色を眺めてたので芯から体が冷えてきました。
そそくさと高越寺まで戻り、サーモスのお湯でカップラーメンをつくりランチに。
奥さんは上下ともにダウンを着込んで完全防備です(笑)
ここはベンチもトイレもあり、風も避けられるので、ランチには快適でした!

標高差が1000mあるので冬場は散歩感覚では来れませんが、
危険個所も無く、持久力さえあれば楽しめるコースでした。
下山後は登山口のすぐ下にある「ふいご温泉」で汗を流しさっぱりとできました!

もう少し、青空に出逢えるとベストだったかもしれないけど、
よい山歩きができたことに感謝です。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島県情報へ
にほんブログ村


プロフィール

ちゅんご

Author:ちゅんご
いただきマスの言葉を
大切にしたい食いしん坊です!

休日はほとんど台所で過ごし
三世代同居で食生活中心の楽しい
田舎暮らしを満喫しています

仕事も食べることばかり
徳島の小さな冷凍食品メーカーで
「食を通して人が幸せになる
社会づくりに貢献する」を理念に
商品開発に奮闘してます

あっ、ちなみに専門はマグロです
あまり登場しませんが・・・

徳島の味
徳島あわグルメくらぶ
徳島あわグルメくらぶ
徳島の美味しいお店
にほんブログ村
参加しています
応援よろしく!
アルバム
カテゴリ
最近のお話し
コメントありがとう
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR